上司に気に入られるために、やっておくべき5つのこと

上司に気に入られるために、やっておくべき5つのこと
あなたの上司はどんな人ですか?上手く良い関係をつくることができていますか?年齢も離れていたり、価値観も違ったりして話を合わせるのに苦労する…という人もいるかもしれませんね。でも、会社において上司というものは大事な存在。嫌われたり、使い物にならないと思われるよりは気に入られた方が良い点もたくさんあります。

仕事がやりやすくなったり、ちょっとした頼みごとがしやすくなったり…そんなひとつひとつは些細なことかもしれませんが、積み重なれば大きな違い。始業時間から就業時間まで長い時間を同じ場所で過ごすわけですから、やはり良好な関係を築いておきたいもの。

ここでは、「それはそうだけど、じゃあ一体何をすれば気に入られるのかわからない」という方のために、上司に気に入られるためにやっておくべき5つのことについてお伝えします。ぜひ、あなたの上司のタイプと照らし合わせて、実践してください。



 

上司に気に入られるために、

やっておくべき5つのこと

 

挨拶はしっかりと行いましょう


これは相手が上司だからというわけではありませんが、やはり良好な人間関係に挨拶は必須。出社時と退社時、眠かったり疲れていたりして辛いときもあるかもしれませんが、その瞬間はしっかりスイッチを入れて挨拶をしましょう。

ただし、仕事の手が離せないからといって、顔を見ずに「おはようございます」と声だけ出すことは避けてください。しっかりと上司の顔を見て、+笑顔も加えることができれば最高です。

 

まずは素直に上司の意見を聞きましょう


上司からの指摘。納得いくこともあれば、あきらかにそれはちょっと上司の考えの方がおかしいのでは…?と思うこともあるはずです。しかし、だからといって「いや、それは違うと思います」と言い切るのはNG。更に上司が話している途中で言葉を遮るなんて、もっての他です。

実際には上司が間違っていることもありますが、まずは一旦その言葉を自分の中で受け止めましょう。そして、本当におかしいと思うことであれば、間を置いてもう一度上司と話をしてください。

 

言われたこと+αを考えるクセをつける


上司から頼まれたことをちゃんとやっているのにあまり上司受けが良くないと思っている人がいたとしたら、それは「+α」の部分が足りないことが原因かもしれません。上司からの指示は、簡潔なことも多いはず。でもそこに、もう少しこうしておいた方が良いかも、と思うことがあれば、積極的に行いましょう。

ただし、それはあなたの自己PRのためではありません。こんなこともできますよ!という目的で「+α」を考えてしまうと、余計なことまでやった人となってしまいます。あくまで頼まれたことに対しての「+α」である点を意識してください。

 

共感できる部分は、積極的にPR


人間は、共通点を持つ人に心を許す傾向があります。それは上司も同じこと。例えば出身地が同じだとか、好きなスポーツが同じ、趣味が同じ、ということがあるなら、積極的に話題に出しましょう。

仕事には直接関係のないことかもしれませんか、上司と部下とはいえお互い人間。気持ちよく付き合うためには、仕事の出来以外にも大切なことがあるのです。ただし、気に入られたいからと嘘を吐くのはNG。バレてしまった時に、あなたの評価は一気に下がってしまうでしょう。

 

デスク周りや服装など清潔感を意識して


社会人である以上、学生の頃のように厳しい決まりのない会社もあるかもしれませんが、やはり意識したいのは清潔感。年代や上司の好みによりどこからどこまでが清潔感があると言えるのか、判断することは難しい場合もありますが、シャツに皺がないことや、デスク周りがきちんと整理されていることなど誰が見ても安心するという姿をキープすることも大切。

掃除に時間を掛けて、本来の仕事がおそろかになってしまう…なんてことでは本末転倒ですが、ある程度は、周りから見られている「仕事中の自分の姿」を意識してください。

 

いかがでしたか。今の時代、あからさまにゴマをすったり、上司のことを褒めちぎったりする部下よりも、基本的なことをしっかりと行う部下の方が可愛がられることが多かったりします。今回、お伝えした5つの内容はどれも特別なものではありません。シンプルなことばかりですが、そのシンプルさが意外と人の心に残るもの。

また、もしあなたが上司だとしたらどんな部下を持ちたいか、一度考えてみるのも良い方法です。自分の話を聞いてくれる部下、しっかり挨拶を行う部下、清潔感がありデスク周りや書類もしっかり整理されている部下…という言葉が浮かぶのではないでしょうか。

ただし、これらのことは上司の前だけで、猫をかぶって演じてもいつかはバレてしまうもの。普段から、意識することで自然体で行うことができるはずです。ぜひこれらのことを意識し、実践して上司に気に入られる人になってください。

 

まとめ

上司に気に入られるためにやっておくべきこと

・挨拶は積極的に!挨拶をされて嫌になる人はいません。それは上司でも同じこと。
・上司の話は、素直に聞きましょう。間違っていると感じても即否定はNG!
・上司から頼まれたことに対して「+α」を考えるクセをつけましょう
・上司との趣味の一致など、共感できる部分に対しては積極的にPRしましょう
・服装や身だしなみ、デスク周りなど清潔感を意識しましょう
・上司の前でだけ気に入られようと猫をかぶるのではなく、普段からこの姿勢を身につけておきましょう