出向先で好印象な着任挨拶をする7つのポイント

出向先で好印象な着任挨拶をする7つのポイント
仕事をしていると、出向先に務める機会もあるかもしれませんよね。多くのグループ提携会社を持つ企業であれば、出向は日常茶飯事かもしれません。慣れ親しんだ職場から、別の職場へと期間限定で移動する「出向」は、人間関係の再構築などとストレスのたまる事柄でもあります。

しかし短期間とはいえ毎日一緒に仕事をする職場の人間とも、上手くやっていきたいと思うものです。そこで出向先での最初の挨拶が肝心になってくるのです。出向先での着任の挨拶について、上手に社員に受け入れられる大切なポイントを、いくつかまとめてみたので参考にしてください。

これから出向先に行くという方、第一印象を大切に、挨拶をしっかりと予習してから行きましょう。それでは、出向先で好印象な着任挨拶をする7つのポイントをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

在籍出向と転籍出向、労働者派遣、契約上の違いとは?

在籍出向と転籍出向、労働者派遣、契約上の違いとは?
会社に入ると、実はその会社の正社員だけでなく出向してきた社員や派遣契約の社員など、意外と様々な立場の人が働いていることに気づきます。求人などを見てみても、出向に関して記載のある募集要項を目にすることがあるかもしれません。

そのなかには、「在籍出向」と「転籍出向」と呼ばれているものがあり、似ているようでこの二つは契約上も違う部分が沢山あります。また、労働者派遣というのもこれらに似ている働き方の一つですが、これもまた契約上は大きな違いがあることには変わりありません。

在籍出向、転籍出向の違いを理解するとともに、労働者派遣についても触れながらそれぞれの違いについて知っておき、自分が急に当事者になった場合でも、あわてることなく職務にあった働き方を心得ておきましょう。では、在籍出向と転籍出向、労働者派遣、契約上の違いをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

失敗をチャンスに変える、7つの逆転ポイントとは?

失敗をチャンスに変える、7つの逆転ポイントとは?
仕事をしてても、人間関係でも、人に失敗は付きものですよね。むしろ、失敗の無い人生なんて、どこにも存在しないでしょう。

ただ、一度の失敗において、自分を責め続けたり、反省することができずに、何度も同じ失敗をしてしまったり、自己嫌悪から積極性を無くしてしまっては元も子もありません。人生に失敗があるからこそ、その失敗をチャンスに変える方法があるのです。

どんな人間でも、失敗はする。だけど、失敗から挽回できた者のみが、幸せを手にしているのではないでしょうか。自分のしてしまった失敗、一度しっかり見つめ直して、チャンスに変えて一気に逆転させてしまいましょう。その先に、必ず自身の成長した姿と、掴んだ幸せがみえるはずです。では、失敗をチャンスに変える逆転ポイントをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

心理カウンセラーになるために、大切な7つの資質!

心理カウンセラーになるために、大切な7つの資質!
心理カウンセラーは、悩み多い現代人にとってなくてはならない大切な存在ですよね。心理カウンセラーになるために心理学を学び、様々な分野でカウンセリング業務を行って活躍しているカウンセラーは多数います。

仕事や学業などで通常の仕事とは別に、心理カウンセリングの専門家を雇うことは、最近では増えてきています。企業専門の心理カウンセラーがいる会社もあるくらい、カウンセラーは身近な存在となってきているのです。

そこでこれから心理カウンセラーを目指す方のために、大切な資質についてお伝えします。カウンセラーと言っても仕事の内容は多岐にわたり、どの分野で活躍していくのかによっても勉強内容は変わってきますよね。しかしどの分野であっても「大切な資質」は変わりません。以下を読んで、自分にある資質かどうかを照らし合わせてみましょう。

[ →続きを読む… ]

産業カウンセラーの仕事内容と資格の取り方

産業カウンセラーの仕事内容と資格の取り方
産業カウンセラーという職業が、今とても人気があります。しかしなじみのない人にとっては、「産業カウンセラーって何をする人なの?」と疑問に思いますよね。

普通に生活している人にとって産業カウンセラーと交わることはほとんどないかもしれません。しかし仕事に悩みを抱えている人、転職を考えている人、職場の人間関係に悩んでいる人にとって、産業カウンセラーの存在はとても大きいものです。

今は安定していると思える職でも、いつ何時倒産するかわかりません。今の世の中に絶対はないのです。そこで産業カウンセラーの存在とその仕事内容を知るとともに、彼らがどのような形で社会の役に立っているのかをお伝えします。更に産業カウンセラーを目指す人のために、資格の取り方などにも触れていくので、是非参考にしてください。

[ →続きを読む… ]