好きな子をからかう。その心理を7つの視点で徹底解剖

好きな子をからかう。その心理を7つの視点で徹底解剖

男性の本能は子孫を遺すこと。好きな子をからかう行動は、男性ホルモンの成せる業によるものです。男性の心理は、好きな子の笑い顔が見たくて笑わせてみたり、いじめたり、意地悪をしたりしてしまいます。

巷では今日もまた、身も心も健全な男性が、好きな子をからかう行動にトライしています。からかう行為は、健康な男性の感情の発露で、好きな子に上手に仕掛けていけるのかは、また別の問題ですが、、、。

とは言え、男性のからかう行為が自身の才覚に負うところが大となると、真剣になってきますよね。そこで今日は好きな子をからかう。その心理を7つの視点で徹底解剖します。ではご覧ください。



 


好きな子をからかう。
その心理を7つの視点で徹底解剖

 


お付き合いのキッカケを作っていました


好きな子とのお付き合いは、幾つかのステップを踏みます。まず、アッピールして認識してもらいます。男性の心理では、からかうことの意味を知りましょう。からかう行為は、好きな子に関心を持ってもらうためです。

好きな子が居る場所でその場の雰囲気を見計らって、からかいの言葉を発します。直接好きな子に向けて言う必要はありません。あくまでもからかいの言葉を、近くにいて聞いてもうことが重要になります。

あなたのアクションに対して、好きな子のリアクションの如何で、あなたへの関心の程度を知ることができます。バカ受けすればチャンスになるので急接近しましょう。不快感を示すときには嫌われることも覚悟します。

 


戸惑いながらしていました


初デートは緊張のしまくりです。精神的にも高揚していました。好きな子の一挙一動に気持ちが奪われて、喉は乾き声も上ずっていました。しかし、デートも場数を踏んでくると落ち着きを取り戻してきました。

そして、不得手なからかう行動を始めました。男性の心理では、上手く運ぶ筈でした。ところが、口ベタで自分の思いを上手に言葉で伝えられません。その素振りはドギマギして気の毒なほどです。

女性は精一杯の気持ちをくんで手を差し伸べます。「ありがとう」と、感謝の言葉を述べるなり、「今日は素晴らしく好いお天気ね」などと言って、男性との会話に引き継がれるような気遣いを示してみます。

 


リアクションを期待していました


男性が好きな子をからかうのは、好きな子のリアクションに触れてみたいからです。多くの男性はそれを目論んで、その瞬間だけを共有して満足します。職場などでするからかう行為は、少し様子が違います。

好きな子との慣れあいを楽しむ観があります。一部の男性は戯れには興味を示しません。また、己自身がからかいのターゲットになることを嫌います。からかう行為を避けるには、無反応の仕草を見せることです。

そうすると意外な展開に戸惑って再び仕向けてはきません。からかう心理は、好きな子が見せる笑う仕草や戸惑いの仕草を楽しむものが殆どのようです。けれども、いくら面白いと思っても程々がよろしいでしょう。

 


笑わせたい一心でしていました


おとなし過ぎる好きな子とのデートは、楽しくて幸せな雰囲気が最高です。そして、時の経つのも忘れて、二人だけの世界を共有して過ごします。そこで、女性のわたしからからかう行動を起こしてみました。

少しからかって笑わせてみようと、唐突に一味捻りの利いたジョークを言ってみたのです。すると、ちょっぴり顔に困惑の縦皺を寄せていたかと思うと、間をおいてから腹を抱えて堪えきれずに笑っていました。

わたしのジョークは少し辛味がありシニカルなもので、あの子にはちょっと刺激が強すぎたようです。今までは滅多に披露してはいません。けれども、あの場の私の心理ではあの子を笑わせたい一心でしたことです。

 


分かってくれていると思っていました


二人の間に信頼関係が生まれていると、お互いの間にからかう行為の免疫が出来上がっています。そして、落ち込んでいるときや笑顔が見たいと思っているときのからかいは、何の抵抗もなく上手くいきます。

そして、冗談とも本気とも思えるからかいは、プライベートな日常では多く見られています。しかし、お互いの間の信頼関係が揺らいでいるときは注意が必要になり、からかいも時を選ぶようになります。

からかうことは時として相手の神経を逆なでして、嫌がらせになって痛烈な言葉に変貌します。からかう心理は程々に留めておいて、余りにもしつこいからかいは好きな子に嫌われてしまいます。

 


不用意な発言を楽しんでいました


あなたが時々見せる底意地の悪いからかう姿勢は、好きな子にとっては災難になります。度重なってくると、好きな子の我慢も限界になりプッツンしてしまいます。ところがそれは、あなたの強烈な個性なのです。

好きな子はあなたの冷たくあしらうシニカルな姿を愛でているのかもしれません。あなたのからかう心理は、好きな子は自分から離れていかないと軽んじての行為で、その子を困らせて密かに楽しんでいます。

好きな子は心にショックを受けています。けれども、あなたはそれを見ぬふりをします。そして、好きな子を手放すかと思うと全く違っていて、心の奥底では好きな子にぞっこん参っているシャイな男性がいます。

 


照れや気恥ずかしさを感じていました


からかう行為は、生物学的な男性の行動で、性ホルモンの影響を反映しています。こちらを向いてもらいたいときや、笑顔を見せてもらいたいという思いから、何かを発してその場のリアクションを促していきます。

優しい男性の心理では普通に見られるアクションで、照れや気恥ずかしさの気持ちも窺えます。そして、特定の男性からからかう行為を繰り返されるのは、あなたが大好きで好意を感じている証になります。

しかし、からかう行為は好きな子の気持ちを知って仕掛けなければ、単なる嫌がらせ行為となります。また、からかう行為は相手にとって余裕のないときや嫌がる人もいることを忘れないことが大切になります。

 

いかがでしたか。からかう行動は男性に多いようです。女性たちは寛容に受け入れてくれます。好きな子をからかう行為は、悪ふざけの延長線上にあって、笑わせたり喜ばせたりする無邪気なものが殆どです。

そうして、好きな子とのコミュニケーションを構築していきます。からかう行為をピュアーな行為と見ないことや苦手とする男性もいます。そうなると、女性からアタックして場を和ませることも有りかもしれません。

からかう行動は、心に余裕のある男性のお遊びなのかもしれません。さて、好きな子をからかう。その心理を7つの視点で徹底解剖を、ご一緒に見て参りました。この項があなたのお役に立つことを願っています。

 


まとめ


好きな子をからかう。その心理を7つの視点で徹底解剖

・お付き合いのキッカケを作っていました
・戸惑いながらしていました
・リアクションを期待していました
・笑わせたい一心でしていました
・分かってくれていると思っていました
・不用意な発言を楽しんでいました
・照れや気恥ずかしさを感じていました