支配欲が強い男性との上手な付き合い方!

支配欲が強い男性との上手な付き合い方!
支配欲が強い男性と上手に付き合うのは難しいと思いますよね。それでも、好きになった男性が支配欲が強かった場合、2人の仲がこじれないように関係性を上手に構築していく必要があります。支配欲が強い男性なんて嫌だと思っている人でも実際に好きな人と付き合ったら相手がそうだったというケースはありうるのです。

支配欲が強い男性が彼氏の場合、相手を怒らせないためには自分が我慢ばかりしなくてはいけいないのではないかと思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。相手が喜ぶことを自分が苦痛なく振る舞えればお互いにウィンウィンなのです。この相手が喜ぶことを自分が実践するということがミソです。

そこで、支配欲が強い男性を好きになって場合や彼氏にそうである場合に使える、上手な付き合い方のポイントを6つお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ロジカルシンキングで問題解決するまでの5つのプロセス

ロジカルシンキングで問題解決するまでの5つのプロセス
ロジカルシンキングという言葉は書籍やビジネスセミナーなどでよく聞くワードですよね。日本語に直訳すると論理的に考えることとか論理的思考力といいますが、論理的な物事の考え方というのは何となくわかるものの、いざ実践しようとすると具体的に何から始めたらいいかわかりにくいものです。

ロジカルシンキングは主に何かの問題を解決する時に実践するといい方法です。ビジネス、プライベートに関わらず、人は生きていれば何かしら問題を抱えているものです。そんな時、解決策がわからないために人は悩みます。

しかし、このロジカルシンキングを正しい手順で実践すれば、目の前にある問題を論理的に解決することができるのです。そこで、誰でもわかるようにロジカルシンキングのプロセスについて具体的に5つの手順に分けて解説します。

[ →続きを読む… ]

カウンセラー資格を取る7つのメリット!

カウンセラー資格を取る7つのメリット!
カウンセラーの資格は日本ではまだ十分に浸透していないため、なじみがありませんよね。しかし、アメリカなどの欧米諸国では、カウンセリングは著名人や精神疾患の患者だけでなく一般の社会人も利用するケースが多くあります。

失業率の上昇や非正規雇用の拡大、就業時間が長くなるなど、現代の社会人が抱えるストレスは年々大きくなっていきます。この日々抱えているストレスは自分で解決するものだと考える人が多いかもしれませんが、カウンセラーの資格を持つ専門家に相談をする方がスムーズに解決することができます。

このようなこれからの時代には欠かせない存在になっていくであろうカウンセラーの資格ですが、取得してもメリットが具体的にはわからないという人がほとんどですよね。そこで、カウンセラー資格を取得することのメリットを7つお伝えします。

[ →続きを読む… ]

うつ症状の家族に対する接し方、言葉のかけ方

うつ症状の家族に対する接し方、言葉のかけ方
うつの症状というのは、意欲が著しく減衰して何をするにも憂うつな気分になる精神的症状を言います。この精神的な症状が発展すると頭痛やめまい、吐き気などの症状がでてきたり、自殺願望に発展することもあります。うつ症状というのは、真面目な人や責任感が強い人に多く現れる傾向があります。

と言うのも、うつ症状は、理性をつかさどる脳と意欲をコントロールする心のパワーバランスが崩れてしまうことが要因になっているためです。頭ではこうしなくてはいけないと強く思う一方で心がそれに追いつかず、人間が生きる上で必要な意欲が機能しなくなってしまうのです。

家族がうつ症状になったら、接し方や言葉のかけ方に十分注意する必要がありますよね。そこで、うつ症状の家族に対する最適な接し方について6つのポイントをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

無呼吸症候群の適切な治療法と改善策とは?

無呼吸症候群の適切な治療法と改善策とは?
睡眠時無呼吸症候群に悩まされている方、多いですよね。その無呼吸症候群の治療にはいくつか方法があり、症状の重さや好みによって変わってきます。

睡眠時に起こることなので、自分ではなかなか気が付けないという難点がある病気で、気が付いて病院に行った時にはすでに症状が重くなっていたというケースもあるのです。無呼吸症候群の人は、夜中に質の良い睡眠がとれないままにずっと生活していることが多く、日中の疲れや眠気症状に注意を払えばいいのですが、「ちゃんと寝てるし」と軽視していると病状が進んでしまいます。

無呼吸症候群が重くなると、日中急に意識を失い、抗えない睡魔に襲われてしまいます。そして、車の運転中や仕事中でも突然寝てしまうのです。無呼吸症候群の人がこうして日中に意識を失い、重大な事故に発展することもありますので、早めの治療がおススメです。そこで今回は、無呼吸症候群の治療法と改善策についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]