ロジカルシンキングを使って、仕事で成果を上げる方法

ロジカルシンキングを使って、仕事で成果を上げる方法
人の性格にはいろいろありますが、あらゆるビジネスの場面で必要とされる考え方がロジカルシンキングです。どんなに人が良くても、善意で行動したとしても、仕事においては合理的で理性的な判断が求められ、理論立てて話をすることで要点を効率よく伝えることができます。

この根幹となるのがロジカルシンキングです。ロジカルに物事を進められないと、段取りが上手くいかずに無駄な作業が増えたり、相手方との意思の疎通にも関わってきますよね。

そのため、同じ場所で働く者同士、必要以上に親しくなるためのコミュニケーションをとらずとも、必要最低限のやり取りでもスムーズに仕事を進めることが可能となります。むしろ、適度な距離を保っていたほうが長く良い関係が続きます。

ロジカルシンキングを自分に定着させ、少しの努力で大きなパフォーマンスを発揮しましょう。それでは、ロジカルシンキングを使って、仕事で成果を上げる方法をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ポジティブの意味を理解して、前向きになる方法

ポジティブの意味を理解して、前向きになる方法
ポジティブシンキングをして、前向きにと頑張っているけれど、実はポジティブの意味を正しく理解していないと、いつまで経ってもクサクサと、ネガティブな自分とポジティブ風な自分との行き来になってしまい、前に進めなくなっています。

日々の暮らしで、頑張ってポジティブな言葉をたくさんつかっているのに、本当にポジティブな人と比べると、何か大きな隔たりを感じること、ありますよね。

まず、ポジティブとはどんな意味でしょうか?思いつく単語を並べてみましょう。実は、辞書で「ポジティブ」の意味を引いてみると、まず第一に「積極的なこと」、第二に「肯定的であるさま」と書かれています。自分の答えとの違いやニュアンスの違いを感じることもあるでしょう。

「ポジティブ」とはどんなことか、ここでゆっくり解説していきます。何故ポジティブになれないのか、どんな認識違いがあるかなど、一つ一つ解明して、自分なりの本当のポジティブな自分に出会いましょう。

[ →続きを読む… ]

短期間ダイエットでもリバウンドしない4つの秘訣!

短期間ダイエットでもリバウンドしない4つの秘訣!
短期間ダイエットは「すぐに痩せたい!」「簡単に痩せたい!」と願う方にとって、とても魅力的なダイエットですよね。また、「本格的なダイエットではなく、ちょっと体重を落としたり、身体を引き締めたいだけ」という方にも人気のようです。

しかし、ダイエットはゆっくり行うことが好ましいとされています。それは、急激なダイエットをするとリバウンドしやすいからです。そしてリバウンドしてしまうと、以前の体重をオーバーしてしまったり、痩せづらい身体になってしまいます。

それでは、せっかく痩せても意味がないですよね。そこで今回は短期間ダイエットでもリバウンドをしない秘訣をお伝えします。どうしても短期間ダイエットが必要な方は、ぜひ試してください。

[ →続きを読む… ]

ポジティブシンキングな人になるためのヒント!

ポジティブシンキングな人になるためのヒント!
「ネガティブなことばかり考えずポジティブシンキングしたい!」と考えることってありますよね。ネガティブを「慎重な考え」「熟慮した考え」と好意的に言われることもありますが、ネガティブはあくまでマイナス思考であり、よくありません。

生きていくうえではポジティブシンキングの方が気持ちが楽です。そしてそのことをみんなわかっています。そのため、ポジティブシンキングになりたい、ポジティブシンキングをしたいと考える方は多いのです。

しかし、思考をいきなりポジティブシンキングにすることは簡単ではありません。少しずつ考え方を改め、シフトしていかなければなりません。そこで今回はポジティブシンキングな思考、人になるためのヒントをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

睡眠時間は7〜9時間が最適とされる6つの理由

睡眠時間は7〜9時間が最適とされる6つの理由
自分の睡眠時間が最適なのはどの位なのか、知りたいですよね。日本人は睡眠時間を最適に取れていないと言われています。理由として、仕事で残業し、家で休む時間が少ないこと、夜勤などのシフト勤務で生活リズムが崩れていること、ゲームやインターネットなどで夜遅く起きていることなど、様々な原因が挙げられます。

睡眠は、私達が毎日行う行為です。心身の疲れをリセットする効果があります。なので、良質な睡眠を取ることは、とても重要なのです。

働いている人の中には、6時間取れれば良いという人もいます。しかし、睡眠時間の最適なラインは、7時間から9時間だと言われています。なぜ、睡眠時間は7〜9時間が最適なのか、今回はその理由をお伝えします。

[ →続きを読む… ]