生きた英語を勉強するには映画がおすすめ。その理由とは

生きた英語を勉強するには映画がおすすめ。その理由とは

英語が堪能な人は、人間の幅や世界が広い人物という印象があります。現代のグローバル社会で生きて行く為に、《英語》教育はあらゆる年代で必須のものになっていますが、なかなか学校教育の中での英語学習のみを実践に活かそうとすると限界の壁にぶつかる事ってないですか?

語学の習得には、外国人の異性とお付き合いするのが一番!なんて、よく耳にしますが、それにしても、まずは、片言でも理解できなければ、コミュニケーションも取れませんから、お付き合いにこぎつくことさえ困難でしょう。

では、その為の第一歩、何をしたら良いか・・・例えば、英語の歌を聴く、洋書を読む、海外ドラマや映画を観るなどが浮かぶでしょう。では、その中でも「生きた英語を勉強するには映画がおすすめ。その理由とは」、ご紹介しましょう。



 


生きた英語を勉強するには映画がおすすめ。
その理由とは

 


ネイティブが話すカジュアルな英語に触れる


学生時代、英語の勉強はしていたはずなのに、いざ海外に行ったら全く聞き取れない…。勿論、話す事も出来なかった・・・。多くの人が、そんな経験、あるでしょう。

実は、それは、学校の授業や教科書では、ネイティブなカジュアル英語を学ぶ事がほとんどと言って良い位、出来ないからです。

その様な観点から、外国映画なら「文法にこだわらないくだけた話し言葉」や「現代の流行に沿った表現」は勿論、登場人物達の会話を通して、適切なタイミングでの感嘆語、相槌まで、学校での英語教育では学べない様々な要素が含まれています。

当然、始めは聞き取れない事も多いでしょう。しかし、最初は誰でもそんなものです。

まずは、言葉を聞き取るのではなく、「英語」を意識して映画を見るのが大切なのです。その中で相槌のタイミングや英語のリズムなどニュアンスを学んでいるのだと考えてみて下さい。

 


ラブ・ストーリーやディズニー映画なら初心者向き


ラブ・ストーリーなら、とてもセリフが多いので、英語の勉強をし始めようと思う初心者にも最適です。特に、日常会話の中で使える表現も多いため、実に実践的です。

また、ディズニー映画は、子供から大人まで楽しめるという意味合いからも、簡単な英語や表現が盛り込まれているので、英語が苦手という人に最適と言えるでしょう。

ディズニー映画の特徴としては「シンプルさ」に価値があり、余計な言葉を使わず、短く、繰り返すセリフが多いので、伝わりやすい英語を学ぶという意味では、とても効果的です。

ただし、カジュアルな表現が多かったり、ネイティブ特有の表現が少ないので、英語上級者にとっては不向きと言えるかも知れませんので、他の作品をお勧めします。

 


日本人の苦手なリスニング克服にはピッタリ


外国映画から学ぶ英会話は、英語圏の国で普段当たり前に使われている様な表現や言葉、言い回しが学べてとても実践的と言えるでしょう。

日本人の苦手なListeningを克服するには最高の教材ではないでしょうか。しかも、好きな俳優さんが出て来る映画や興味深い内容の映画を見るだけなので、英語教育専門のテキストを使う学習よりも、簡単に無理なく継続出来そうだと思いませんか?

 


経済的かつ効果的、英語勉強法です


リスニング、スピーキング共に向上させてくれる欲張り学習法の一つとして、1本の映画を何回も鑑賞する方法があります。これなら、何本もの映画を購入する必要がないので、実に経済的ですね。

海外の映画やドラマには、日常生活がモチーフになっている物も多く、理解しやすく、また、カジュアルな表現が多く含まれている物も少なくありません。興味を持てる映画やドラマを選び、内容やフレーズを丸暗記してしまうぐらい何度も繰り返し見ることが効果的、かつ重要なのです。

ですから、何度見ても飽きない、自分の好きな映画、例えば、俳優さんや内容、カテゴリーが自分に合っている物を選ぶことが大切なのです。

具体的には、まずは日本語字幕で観る、次に英語字幕で観る、最後に字幕なしで観る・・・というプロセスで、最低でも3回は観るべきです。

 


発音なら映画よりドラマが優れている!?


基本的には、海外ドラマのほうが、外国映画より発音に関して言えば、ハッキリとしていて聞き取りやすいし、ネイティブにより近いリアルな言い回しだと言う声もあります。

では、そんな海外ドラマの中で、英語学習の定番として『FRIENDS 』をお勧めしてる方がとても多い様です。理由としては、ジョークが豊富だから。

外国の方とのコミュニケーションと考えた時、おそらく、日常会話の中での「つかみ」はユニークでスマートな英語の冗談を言ってみたいと思う人が多いからでしょう。

そんなアメリカンジョークか学べるのがこの作品です。単純に、見ているだけでも面白いのですが、更に、下ネタも適度なレベルで盛り込まれているので、まさに「使える!」という感じでしょうか。

 


映像と言葉で関連付けしやすい


英文法を学んでも、聞き取れないというのは生の英会話ではないせいです。映画鑑賞が外国語習得に抜群の効果を発揮するのは、生の英会話表現に触れるという意味合いが強いからです。ストーリーの中では、当然ながら、普段使える簡単な挨拶やフレーズがふんだんに散りばめられているので、即取り入れて使える表現が満載です。

また、映像で実際のシーンまで伝わるので、どんな場面でどんな言葉を使ったら良いのか、微妙なニュアンスや表現法まで学ぶ事が出来、より言葉を意識できる訳です。

そして、ストーリーと一緒に英語フレーズを記憶することができるので、テキスト等を使って、英語フレーズ単体で記憶するよりも、記憶の定着率があがると言われます。

 


英語字幕を音読すると効果抜群


画面の英語字幕を観ながらセリフにあわせて声に出していく勉強法。ここで、重要なのは、発音やイントネーション、スピードにいたるまで、ソックリそのまま真似をすることがポイントだと言います。

この音読学習で、ネイティブの音声が耳にも体にも染みつき、発音やイントネーションが矯正され、その結果、リスニング力もアップする訳です。

実際に声に出すことで、会話の中でも適切な表現が使える英語力が身に付く、まさに実践力を付ける訓練です。そして、何と言っても、楽しみながら出来るので、長期間継続して出来る学習方法と言えます。

 

いかがですか。以上が、「生きた英語を勉強するには映画がおすすめ。その理由とは」です。生きた英語、つまり、コミュニケーションとしての英語は、文法ではないと言う事がおわかりになったでしょうか。

当然、文法を理解している事も大切な事ではありますが、いざ、外国の方を目の前にして、文法を考えながらお喋りしようとしていたら、ぎこちない物になるし、また、気持ちを込めた楽しいお喋りにはならないでしょう。

逆に、外国の方が片言の日本語で話しかけてきてくれたとして、文法を完全に無視した単語の羅列でも、相手の言わんとする事を理解してあげられた経験もあるのではないでしょうか。そして、そんな一生懸命な、伝えようとする姿勢には好感が持てますよね。

ですから、その為に、文法のお勉強よりは、日常会話の中の言い回しやニュアンスを学ぶ方が英語コミュニケーション力を身につける近道となる訳です。

 


まとめ


生きた英語を勉強するには映画がおすすめ。その理由とは

・ネイティブが話すカジュアルな英語に触れる
・ラブ・ストーリーやディズニー映画なら初心者向き
・日本人の苦手なリスニング克服にはピッタリ
・経済的かつ効果的、英語勉強法です
・発音なら映画よりドラマが優れている!?
・映像と言葉で関連付けしやすい
・英語字幕を音読すると効果抜群