中学英語の文法を最短でマスターする勉強法

中学英語の文法を最短でマスターする勉強法
英語文法は、ある程度は学校で学ぶものの、中学生や高校生当時の頭にとっては少々難しく、なかなか理解できなかったという人は少なくないですよね。また、当時は英語文法をしっかりわかっていても、卒業と同時に忘れてしまったというケースもあります。

それでも、英語をマスターするためには、英語の文法は避けて通れない道です。本当に英語を流暢に話せるようになりたいのなら、まずは文法的知識をしっかりと身につけないとどうにもなりません。また、中学生レベルの基本的な文法知識があってこそ、次のレベルに進むことができるのです。

とはいえ、英語の文法といってもたくさんの種類があるので、一度に習得しようとすると大変かもしれません。そこで、そうであっても急いで覚えたいという人のために、最短で英語文法をマスターするためのコツ6つを解説しますので、一日も早くレベルアップを果たすための参考にお使いください☆



 

中学英語の文法を
最短でマスターする勉強法

 

参考書で勉強する


まずは定番、参考書を使って勉強するという方法です。ほとんどの人にとって、参考書で勉強するというのも久しぶりで、なんだか受験生に戻ったような気分になるかもしれません。当時の詰込み型勉強法を思い出し、ちょっぴり憂うつ・面倒に感じることもあるでしょう。

しかし、それでもとりあえずは文法書を開いてみないことには始まりません。最近では音声や映像による教材も出ており、それなりにメリットもありますが、文字による説明が一番詳しいのはやはり参考書です。そして英語文法の学習には文字による詳しい説明が欠かせません。

ありがたいことに、最近では英語文法の参考書とは思えないほどわかりやすく、また読みやすい書籍が多く出版されています。大型書店やオンラインショップなどでピンと来るものを探してみるのがおすすめです。

 

問題集で勉強する


参考書と同様、問題集も学生時代の勉強法を思い出させるもので、人によっては苦い思いをすることがあるかもしれません。確かに、参考書や問題集を使った勉強は単調で、そもそもの英語を勉強する意味を見いだせなかったという人は多いでしょう。

そうはいっても、問題を解くという作業を通じて正しい文法知識を身につけるという勉強法は理にかなっていますので、どんどん活用すべきです。問題に取り組んで正解したり、間違いを直したりしながら文法感覚を手に入れることは不可能ではありません。

それでも問題を解くのが単調でつまらないと感じるなら、パズル感覚で取り組むのがおすすめです。それぞれの語順がどのような順番で構成されているのかを俯瞰的に観察するようにすると、今までわかりにくいと感じていた語順も理解しやすくなります。

 

音声をとり入れる


参考書を目で読んだだけではなかなか理解しづらいなら、音声をとり入れた学習法もおすすめです。音声CDを付属した英語文法の参考書をとり入れてみましょう。

音で聞いた情報は記憶に残りやすく、また消化も簡単なので、英語学習法としては優れています。CDの音源を携帯電話や音楽プレイヤーなどにとり込み、通勤・通学時やすき間時間に聞くようにすると無理がありません。

 

単語も勉強しておく


英語習得のためには英語文法の勉強が欠かせませんが、同時に英単語へのアプローチも必要不可欠です。英語文法がわからなければ英語が話せないのは当然ですが、同じことが英単語にも言えます。事実、単語を知らない状態では会話も何も成立しないのです。

英単語の数は英語文法と比べてはるかに多いため圧倒されてしまうかもしれませんが、文法と同じように音声を活用するとスピーディーに習得することができます。音声付きの単語帳を活用しましょう。

 

映像を活用する


何よりも手っ取り早く英語文法を身につけたいなら、映像を活用するというのも手です。映像でなら文字・音声ともにすばやく理解することができるので、文法学習にあまり時間をかけられない人にはおすすめといえます。

最近ではYouTubeなどに英語文法を解説した映像が数多く投稿されていますので、どんどん活用してください。

 

「この文法で何ができるのか?」


最後に、文法をできるだけ早く身につけたい人にぜひとり入れてほしい学習姿勢があります。それは、常に「この文法で何が言えるのか」と考えながら学習していくことです。ある文法を学ぶことによりどんなことを言えるようになるのか考え巡らせながら勉強すれば、単調な勉強も楽しくなり、習熟度もアップします。

 

英語文法を手っ取り早く身につけるための学習法6つ、いかがでしたか。

まずは参考書や問題集にあたってみることが何よりも大切です。退屈に思えるかもしれませんが、最近ではイラストや色などを巧みに使った読みやすい書籍が多く出ていますので、自分に合った参考書を探しやすくなっています。

また、音声や映像をとり入れた勉強法もおすすめです。音声や映像なら情報をよりスピーディーに頭に入れることができるうえ、空いた時間に勉強することもできますよね。英語文法だけでなく、英単語の勉強にも通じる学習法です。

最後に、英語文法を勉強するときは、今学習している文法でどんなことが言えるようになるのかを常に考えるようにしてください。その文法にどんなメリットがあるのかわかればインスピレーションが湧き、勉強がつまらないという感覚もなくなります。楽しんで勉強するという姿勢こそ、最短で文法をマスターする勉強法の要なのです。

 

まとめ

英語文法を最速でマスターするには

・まずは参考書にあたる
・問題集を解いて文法感覚を身につけよう
・音声をとり入れてスピーディーに学習
・単語学習も欠かせない
・映像を活用して最速で習得
・「この文法で何ができるのか」を意識する