集中力を高めて、効率的に勉強する方法

集中力を高めて、効率的に勉強する方法
勉強しなければという気持ちはあるのに、集中力がない。この悩みを抱えている人は決して少なくありません。集中しなければと思えば思うほど、違うことがしたくなる。そういう人も多いのではないでしょうか。

しかし、集中力があるかどうかは、生まれつきのものではありません。訓練したり環境を整えたりすることで誰でも集中力を高めることは可能です。ここでは「集中力を高めて、効率的に勉強する方法」と題して、勉強に集中できないときにぜひ試していただきたい方法をお伝えします。

勉強は、どれだけ時間をかけたかが大切なわけではありません。量より質です。集中力を高め、効率的に勉強する方法を身につけておくことで、勉強以外の分野にも応用できるため、ぜひ自分に合った方法を見つけてください。



 

集中力を高めて、
効率的に勉強する方法

 

30分集中→5分休憩のリズムをつくりましょう


人間の集中力には、そもそも限界があります。気分が乗っているときには、1時間でも2時間でもできるような気になりますが、それでも質は段々低下しているもの。そして、終わった後の疲労や、次の集中力のことを考えると、一度に詰め込む方法はあまりおすすめできません。集中して行う30分はあっという間ですし、物足りない気分になるかもしれませんが、それも作戦のひとつ。

余力を残して休憩に入ることで、また次の30分をすみやかに集中することが可能です。メリハリをつける意味でも、30分集中→5分休憩のリズムをつくって勉強しましょう。

 

休憩時間は、身体を動かしましょう


勉強中に身体を動かす人はほぼいないはずです。その分、休憩中は身体を動かしましょう。休憩だからといってスマホのゲームをしたり、読書をするのは次の勉強スタートの集中力に影響を及ぼしてしまいます。身体を動かすといってもおおげさな内容は必要ありません。椅子から立ち上がり、部屋の中を歩くだけでもかまいませんし、窓を開けて深呼吸したりのびをしたりする方法でも良いでしょう。

首や肩のこりをほぐすために、軽くストレッチをするのもおすすめです。身体を動かすことで、脳が活性化するため、リフレッシュ効果も期待できます。

 

音楽を聴くのをやめましょう


音楽を聴きながら勉強したほうが集中できると考える人も多いですが、脳にとっては音楽も集中力を低下させる原因のひとつです。集中力UPの音楽などもありますが、基本的に何かの刺激に対して脳は反応を行うもの。本当にやらなければいけない勉強に向き合う集中力を、音楽を処理するために使うのはもったいないという考え方もあります。

突然無音に切り替えるのは、不安もあるかもしれませんが、音楽を聴きながら勉強していて集中力が高まらないと感じている人は、無音の環境で行ってみるのもひとつの方法といえます。

 

図書館やコワーキングスペースを利用しましょう


集中力がどうしても高まらないときは、人の目を利用するのもひとつの方法です。家で勉強するのではなく、図書館やコワーキングスペースの利用がおすすめ。カフェやファミレスで勉強するという方法もありますが、周りから楽しそうな話し声が聞こえてくる中で、1人勉強するのは余計に集中できなくなるという可能性も。

現在、図書館は持込学習が禁じられているところもありますが、そうでないところであれば集中できる絶好の環境。その他にも、コワーキングスペースなど一定の人々が作業している場を有効活用する方法もおすすめです。勉強の気分転換として、社会人からのアドバイスも貰えるかもしれません。

 

自分の中のタイムリミットをつくりましょう


「ギリギリに追い込まれたほうが本気が出る」という場合におすすめの方法は、自分の中でタイムリミットを決めること。タイマーを設定し、その時間内にここまで終えるという目標を決めます。あきらかに無理な目標では、集中力が高まるどころか、投げやりになってしまう可能性がありますから、集中して勉強すれば終わらせることができるくらいの設定にしましょう。

また、達成できたときの自分の中でのご褒美、できなかったときの罰ゲーム的な要素を自分の中で考えておくと、より集中力が高まります。一見、ここまで終える、という目標でも良いような気がするかもしれませんが、それではだらだらと机の前に座る時間が増えるだけということも。時間で区切ることで、緊張感を高めましょう。

 

いかがでしたか。ここでは「集中力を高めて、効率的に勉強する方法」と題した5つの方法をお伝えしました。

全てに共通する内容は、メリハリをつけて勉強するということ。だらだらと机の前に座っているだけで、勉強がはかどらないと気分も落ち込んでしまいます。また、どれだけ素晴らしい人であっても1日中集中して勉強することはできません。つまり、勉強するときは勉強する、休憩するときは休憩すると分けることで、勉強の効果も休憩の効果も高まるといえるでしょう。

また、人間ですから集中力がどうしても高まらない日もあるでしょう。そのときは、机から離れて「今日は勉強しない」と決めるのもひとつの方法です。誰かに強制されたものではない勉強。やらなければいけないとわかっているのであれば、少しでも集中力を高め、ぜひ効率的に学ぶことで自分の力をつけましょう。それは、きっと未来のあなたの役に立つはずです。

 

まとめ

集中力を高めて、効率的に勉強するには

・30分集中→5分休憩のリズムをつくりましょう
・休憩時間は、身体を動かしましょう
・音楽を聴くのをやめましょう
・図書館やコワーキングスペースを利用しましょう
・自分の中のタイムリミットをつくりましょう