頭の回転が速い人がいつもしている習慣とは?!

頭の回転が早い人がいつもしている習慣とは?!
「頭の回転が速い人」と聞くと、なんだか仕事も出来そうで、日常生活も上手くいってそうな、そんなイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。自分の頭の回転に自信がない、頭の回転が速い人になりたい、そう思いながらもそれは生まれつきの差だと思っていませんか?

実は、頭の回転は年齢や生まれもった素質に関係なく、速くすることができるんです。簡単に言えば、頭の回転の速さは、脳の処理能力のスピードの違いです。つまり、脳を鍛えることで、頭の回転はどんどん速くなるということ。

ここでは、頭の回転が速い人がいつもしている習慣について、お伝えします。この習慣を身につけることで、あなたの頭の回転もどんどん速くなるはず。ぜひ、参考にしてください!



 

頭の回転が速い人が
いつもしている習慣とは?!

 

食べ物で頭の回転を速めようとしない


○○を食べれば絶対に痩せる!というダイエットが存在しないように、○○を食べれば頭の回転が速くなる!ということはありません。現状、頭の回転が速い人は、何か特定の食べ物を使っているわけではない、ということを頭の片隅に入れておいてください。

疲れているときに甘いものを食べると頭の回転が速くなったからといって、甘いものが頭の回転を速くする食べ物というわけではありません。それは、通常より遅くなっていたスピードが通常モードに戻っただけのこと。

その点を踏まえ、食べ物に頼ろうとしない習慣を身につけてください。

 

ウォーキングを行う


いいアイデアが浮かばない、締め切り間近なのに仕事が進まない…誰にもあるそのような経験。そんなときは、ウォーキングがおすすめです。

ウォーキングには、体内の血流をよくする効果があり、血流がよくなることで脳にもしっかり酸素が行き渡る、つまり頭の回転も速くなる、ということに。頭の回転が速い人には、無意識のうちにこの習慣が根付いていると言われています。その中でもよく言われているのが、朝少し早起きをして、会社のひとつ前の駅で降りて歩く方法。

これなら、血流がよくなった状態で仕事に取り組めるはず。早起きが苦手、また電車通勤ではないという人は、ストレッチでもOKです。大事なことは、新鮮な空気を取り入れ、適度に身体を動かすこと。頭の回転をよくするには、適度な運動は必要不可欠です。

 

人とのコミュニケーションをとる


頭の回転=計算スピードや記憶力ではありません。もちろんそれらも、頭の回転が速くなればUPする能力ではありますが、もうひとつ頭の回転が速い人になるために、必要な分野があります。

それが「表現力」や「想像力」と呼ばれている分野。あなたの周りにいる頭の回転が速い人には、様々な分野の友人がいたりしませんか。年齢、性別問わず、また立場も関係なく、コミュニケーションをとることで自然と頭の回転を鍛えている、ということになります。

相手が何を考えてこの言葉を言っているのか、表情、仕草、声のトーンなど様々な情報から総合的に判断し、理解する。そして今度は、どうすれば相手に自分の気持ちが伝わるのか、考えながら話す。この、何気ない会話で、想像力と表現力は同時に鍛えられます。

これは、チャットやメール、LINEでは鍛えられないもの。人と過ごす時間を大切にしながら、頭の回転を鍛えてみてください。

 

頭の中だけで考えるのではなく、声に出して考える


ぶつぶつと何か独り言を言いながら考えている人の姿は、客観的に見たらなんだか少し怖い…と思ってしまうかもしれませんが、実はこの方法は、頭の回転をよくするとても効率のよい方法のひとつです。

頭の中だけで考えるよりも、声に出したり手を動かしてメモをしたほうが効率もUPするもの。声に出すことで、その自分の声を改めて耳から聞くことになりますし、文字にすることで目でも内容を確認できることになります。

頭の回転が速い人は、自然とこの習慣が身についているといえるでしょう。会社など、周りに大勢人がいる場所で独り言は恥ずかしいというのであれば、メモ書きでもかまいません。まずは、自分の考えを外に出すことから始めてみましょう。

 

規則正しい生活を行う


睡眠不足はお肌の大敵、といいますが睡眠不足は脳にも大敵。徹夜をした次の日、頭がぼんやりして何も考えられない…普段では絶対しないようなミスをしてしまった、という経験はありませんか。徹夜という極端な状態ではなくても、日々の睡眠不足や疲労蓄積は脳にもダメージを与えてしまいます。

頭の回転がいい人は、眠くなったら素直に眠る。翌朝すっきりした頭で続きを考える、という規則正しい生活習慣を身につけている人が多いもの。何時間しか寝ていない、徹夜で頑張ったというのは本人の自己満足に過ぎない場合もあります。頭の回転、脳の働きのことを思うのであれば、眠いときにはまず寝ることをおすすめします。

 

いかがでしたか。頭の回転が速い人が行っている習慣は、どんな特別なものかと思ったら、意外と普通のことだと感じた人も多いのではないでしょうか。ですが、この普通のことを毎日行うことが、意外と難しいというのも事実です。

ですが、どれも難しいことではありません。生活習慣を少し変えたり、考え方に工夫をしたり、休みの日だからと1人で過ごすことをやめ、大勢の人と出会ってみたり…どれもすぐに始められそうなことばかりです。

また、これら全てを満たさないと、頭の回転が速くならないということではありません。自分の弱い部分、それが記憶力なのか、想像力なのか、それによって必要なこともまた変わってきます。最初は違和感があったとしても、習慣になってしまえば、もう怖いものはありません。

ぜひ、今回の記事を参考にして、頭の回転が速くなるよう取り組んでくださいね。

 

まとめ

頭の回転が速い人がいつもしている習慣とは?!

・頭の回転を早くするために食べ物に頼ろうとしない
・ウォーキングやストレッチで体内の血流をよくする
・人とのコミュニケーションを大事にし、想像力や表現力を鍛える
・頭の中だけで完結せず、言葉に出したりメモをとったりする
・規則正しい生活を行う