小さな行動で、職場の人間関係を改善できた7つの成功例☆

小さな行動で、職場の人間関係を改善できた7つの成功例☆
退職理由の大半は職場の人間関係と言われる我が国の労働環境ですが、人が集団で活動する生き物である以上、人間関係は避けては通れないものです。しかし、人間関係に悩む人が多いのも事実。

「同僚と上手く会話できない」「上司とのコミュニケーションが取れない」などなど、職場の人間関係について質問すれば、大概ネガティブな回答が返ってきます。

実際、職場でのいじめやコミュニケーション不足による齟齬(そご)は増えており、ニュースでも度々耳にしますね。ゆえに、職場の人間関係に対して異様に構えている人が多いです。

確かに職場の人間関係に失敗すれば快適な生活を送ることは難しくなりますからね。慎重になるのも当然です。そこで、今回は職場の人間関係を改善するための方法についてご紹介致します。



 


小さな行動で、
職場の人間関係を改善できた7つの成功例☆

 


挨拶をしよう


職場の人間関係を改善するために取るべき最初の行動は第一に挨拶です。人間関係の基本は挨拶ですからね。子供のころにも言われたでしょう?挨拶をしなさい、と。それぐらい基本なのですよ。

実際、人間は挨拶を交わす人間に対してはネガティブな感情を抱きにくいです。少しでも会話を交わすことで『仲間』と認識するのですね。人は会話でコミュニケーションを取る生き物。当然と言えば当然です。

しかし、人間関係が上手く言っていない方はこれができていない方が多いです。それでは人間関係も上手く行かないでしょうよ。むすっと黙っている人間に誰が親近感を抱くのですか?誰も抱くはずはありませんね。

ですので、まずは毎日の挨拶、これを心掛けましょう。

 


服装には注意しよう


個性の時代と言われていますが、それは基本的な常識の上に成り立つものです。奇抜な服装や髪形、それに共感を覚える人間はいません。芸術家などのアーティストでない限り、敬遠されるのがオチです。

染髪がOKな職場だからと派手な色にしていませんか?服装が自由だからと、毎日全力でおしゃれしていませんか?残念ながら、日本は協調性を求める国です。異質な人は排除される国なのですよ。

まずは、普段の服装に注意しましょう。先輩や同僚、上司の服装を注意深く見て、合わせた服装を心掛けましょう。

 


人の意見を聞く姿勢を持とう


何を言ってもすぐに否定する人っているでしょう?「すぐに同調しない俺って賢い!」「私はあなたたちとは違うのよ」とでも思っているのかもしれませんが、これは間違いです。

逆に聞きますが、すぐに否定する人と一緒にいて楽しいですか?楽しくありませんね。それに仕事ではミスもします。その様な時に注意を素直に聞ける姿勢が無ければ必ず浮きます。

その内、誰も注意してくれなくなり、誰も話しかけても来なくなります。職場の人間関係改善のため、人の意見に耳を傾ける姿勢は必ず必要ですよ。

 


会社の行事には参加しよう


最近は仕事とプライベートを完全に分けて考える人が増えました。結果、社内行事への参加を渋ったり、欠席したりする人が増えたのですね。別に、この考え方を否定するつもりはありません。

ただ、職場の人間関係を作る意味ではマイナスです。会社は友達を作る所ではありませんが、円滑な人間関係が業務にプラスに働くのは当たり前です。

自分が困った時、苦しい時、辛い時、このような時に助けになってくれるのは、関係性を築けている同僚や先輩、上司だけです。ですので、普段から関係性を築いておくことを推奨致します。

そのために会社の行事には積極的に参加した方が得なのですよ。それに、参加してみれば案外楽しいものですよ。

 


悪口への対応を覚えよう


残念ながら、悪口はどの職場にもあります。人が集えば、合う合わないは必ずあります。ただ、悪口ほど聞いていてつまらないものはありません。しかも、職場の悪口です。

判断を誤れば、自分にも火の粉が降りかかってくる可能性もあります。ここは、上手く対応を覚えておきましょう。まずは、絶対に否定しないことです。否定された人は面白くないですからね。

次のターゲットがあなたになる確率が飛躍的に上がります。ですので、適当に相槌を打ち、繰り返して流しておきます。ただ、このままだとエスカレートして険悪な職場になりますので、もう一つ対応が必要です。

ある程度悪口を聞いたら話題を変えたり、相手を褒めたりして、嫌な雰囲気を変えていきましょう。悪口0は難しいですが、減らすことはできますので、それが良い人間関係の職場を作るコツでもあるのです。

 


意見ははっきり言おう


職場の人間関係に失敗すると、最悪いじめになる事もあります。もちろん、いじめを行う側が悪いのですが、大人の世界でそれを言っても誰も助けてくれないのが実情です。

結局、いじめを受けた側が退職する羽目になるのが世の中と言うもの。ですので、いじめ被害に遭わないようにすることも大切なのですね。何よりいじめられにくい人間になることが大切です。

そこで、重要なのが意見をはっきり言うことです。いつもおどおどして自分の意見をはっきり言わない人は、いじめの対象になりやすいです。逆に抵抗する姿勢を見せる人はいじめの対象にはなりにくいです。

また、意見をはっきり言う人は仕事の評価も上がりやすいので一石二鳥ですね。自身の意見をしっかりと持ち意見を表明すること、心掛けて行動しましょう。

 


ケンカした時は必ず謝ろう


職場の人間関係で避けて通れないのが衝突です。考え方や性格の違う人間同士が同じ屋根の下で働くのです。衝突がないと考える方が不思議です。もし、ないならば誰かが我慢している職場でしょう。

ですので、衝突がある事自体は問題ではありません。問題はその処理の方法です。衝突があった後、放置…では、いけません。それでは気まずいままです。ですので、ここは素直に謝りましょう。

こう言ったものは早めに謝った方が勝ちです。向こうも和解の機会を探っているもの。先にそのきっかけを作った方が人間的に度量を見せることになるのです。

間違っても謝ったら負け、なんて思わないように。職場の人間は敵ではありませんからね。仲間内で喧嘩した際はできる限り早く謝る事、これは人間関係を築く際の基本です。

 

いかがでしたか。少しの行動を変えるだけで職場の人間関係は良好に保てるのですね。コツさえわかれば今まで職場の人間関係に悩んでいたのが馬鹿らしくなるでしょう。

そうです。職場の人間関係など本来さほど悩むべきものではないのですよ。親友や夫婦の人間関係ほど濃いものではないのですからね。簡単で当たり前です。多くの方は難しく考えすぎなのですよ。

本項を参考に人間関係を改善すれば、職場に行く陰鬱な気持ちはなくなるでしょう。少なくとも人間関係に悩み、欝な気持ちになることはなくなります。当記事があなたの職場の人間関係の改善に役立てば幸いです。

 


まとめ


小さな行動で、職場の人間関係を改善できた7つの成功例☆

・挨拶をしよう
・服装には注意しよう
・人の意見を聞く姿勢を持とう
・会社の行事には参加しよう
・悪口への対応を覚えよう
・意見ははっきり言おう
・ケンカした時は必ず謝ろう