バカにされると頭にくる人に共通する7つの事

バカにされると頭にくる人に共通する7つの事

人は理不尽なことを要求されたり、自分にとって都合が悪いことをされたりすると、すぐに反発する姿勢を見せます。そして、その矛先は怒りや憤りになって形となって現れます。顔が引きつっていたり無口に黙り込んだり、中には大声で叫んだりします。それは普通の人の感情の発露となる行動となるものです。

けれども常のように頭に血をたぎらせているのは、どこかに問題を抱えている場合があります。ここではバカにされると直ぐに頭にくる人の行動を、少し考えてみることにしました。これは言ってみれば、私たちにも身近な問題となるものです、ぜひ参考にしてみてください。



 


バカにされると頭にくる人に共通する7つの事

 


身なりが無頓着になっています


日頃から問題視される人は、その程度にもよりますがどの職場にも見受けられます。それはあなた自身が思っていることだったり、少人数の人たちの中で噂されるようなことだったりします。集団の中でいわゆるその場の雰囲気に馴染まない服装を常にしていると、浮いた存在として認識されてしまいます。

人は毎日仕事をする場に違和感を感じてしまうものを目にすると、それがたとえ人でも服装などでも嫌なものです。そこには当然それらの対象から距離を保っておきたいと、無意識下で行動に移している筈です。

 


人の話を聞くことがヘタです


仕事の実績は自分の努力もさることながら、周囲の人たちの陰となり日向になって支えてくれた結果の集大成のようなものです。そのためには日頃から人々と円満に過ごしていくことが大切になってきます。人と話すときには黙って相手の話を聞いてから、自分の意見を述べるものです。

雑談であっても普段から話す内容を整理しておいて、不確かなことは口にしないことです。そういうことが積み重なっていくとあなたの発言は重みを持ってくるようになります。直ぐにバカにされたと頭にくる人は、今まで述べてきたことなどをないがしろにしているものです。

 


すぐにキレてしまいます


好きなスポーツを観戦したり、実際に体を動かしてみたりしても全身の血液は激しく駆け巡ります。スポーツは溜まっているストレスを発散するのには最適な手段といえます。ところが職場は言ってみれば戦場のような場に例えられます。大勢の人たちが会社の利益獲得のために、心血を注いで働いています。

戦場で矢玉が飛び交っている場にいるのと何ら変わらないのです。そこはあなたの生活の糧を稼ぐ場で、命を育んでいくところです。そのような場で直ぐに頭にくる癖を持っている人は、冷静さを欠く行為をしています。そのことを肝に銘じておくことが重要なことになります。

 


ミスを繰り返してしまいます


仕事をしているとミスをします。ミスは小さなものから、重要な要素を含んでいる大きなものまであります。ミスはつきものですが繰り返してはならないものです。このミスをどう扱うかによって、その人の仕事に対する取り組み方の姿勢が評価されていきます。

それは過ちを経験して、再び繰り返さないようにすることも同時に学んだからです。そして、ミスの後始末を付けるために周囲の人たちに自分の失敗を反省する姿勢をきちんと示して、けじめも済ませたからです。ミスは起こり易いですが犯してはいけないことなのです。

 


自分のデスクが片付けられません


記憶力が抜群によい人はいます。自分の周囲で起こっていた出来事もすらすらと答えられます。それを誰しも羨望のまなざしで見つめます。それは特技のようなものです。けれども頭の中や身の回りものがきちんと整理されていないと、そのような芸当は不可能なことなのかもしれません。

仕事でも大切な書類をさっと出せるようにしておくことは常識のようなものです。けれども直ぐにバカにされたと騒ぐ人は、自分自身も含めて整理整頓に無頓着な人かもしれません。日頃から物事を整理する習慣をつけていないと、思わぬところで失敗をしてしまうものです。

 


恥じらいもなく出社します


仕事をしている人はサラリーによって生計を成しています。そのために会社に出社することが最も重要なことになります。ミスをすることもあります。気持ちが落ち込んでしまい平静でいられない時も起こってきます。そうなると出社が辛く思えることもあります。

けれどもそういうことを人々は乗り越えてきています。バカにされたと直ぐに頭にくる人は、自分のことや周囲の思惑などには無頓着なので、何の恥じらいもなく臆せずに出社します。あなたもこの図太い神経を見習う必要は大いにあると思います。

 


心を打ち明ける友はいません


緊張した仕事から解放されて自宅に戻ってくるとほっとした気分になるものです。会社や通勤などの場で受けたストレスはかなり溜まります。そこでストレスを適度に発散させていきます。ストレスの解消法は人によってさまざまに見受けられます。

運動したりお酒を飲んだり、静かに読書したり映画を観たり、デートをしたりしてストレスを解消していきます。バカにされると頭にくる人は言ってみれば、周囲から浮いた存在になっています。そうなると自分の心の内を吐露する場は、飲み屋かブログで日頃の鬱憤を吐露するしかないのかもしれません。

 

いかがでしたか。バカにされると頭にくる人は、それなりの理由があるからに違いありません。けれども時には似たような人はどこでも見かけるもので、自分の職場にもいるかもしれません。ではどう接したらよいのでしょうか。それはあなたの心の持ちようだと思います。

まったく嫌いなタイプならできるだけ接触しないようにするでしょうし、好きなタイプなら少しは心を開いて接してみるのかもしれません。いずれにしてもあなたは直ぐにバカにされたと思って、すぐに後先も考えない思慮の足りない行動はしないでほしいと願うばかりです。

 


まとめ


バカにされると頭にくる人に共通する7つの事

・身なりが無頓着になっています
・人の話を聞くことがヘタです
・すぐにキレてしまいます
・ミスを繰り返してしまいます
・自分のデスクが片付けられません
・恥じらいもなく出社します
・心を打ち明ける友はいません