仕事の失敗を次に活かすために行っておきたい7つの事

仕事の失敗を次に活かすために行っておきたい7つの事

仕事では失敗は起こり易いものです。しかし、失敗を恐れていてはよい仕事はできません。突発的な事象やミスにヒヤリとしたり、ハッとしたりするヒヤリ・ハットは誰にでも経験することです。

そういうことが積み重なって、ミスのない完成度の高い仕事が成り立っていきます。人は時には失敗をします。そして、落ち込んでしまいます。けれどもそのままではいけません。失敗は素直に認めます。

そして、その原因を追究して改善点を見つけ出していきます。ここでは、仕事の失敗を次に活かすために行っておきたい7つの事を紹介していきますので、あなたとご一緒に見ていきたます。



 


仕事の失敗を次に活かすために
行っておきたい7つの事

 


思いっきり泣いてみましょう


長い人生の間には、どこにでも仕事上の失敗はつきものです。失敗したときは、すぐに挽回する姿勢を見せることが肝要になります。そのキーポイントは、失敗の無念さを全部吐き出すことなのです。

声を上げて泣いてもよいのです。十分に泣けたらこれ以降、失敗のことは忘れて態度に表しません。頭のなかはクリーンです。今度は身体をほぐして深呼吸します。笑顔や微笑みを忘れないことです。

相手の目線を見て臆せずに話しましょう。そうして普段の明るいあなたに素早く戻ります。あなたは二度と同じ過ちはしないでしょう。何故なら、思いっきり泣いたときに過ちの原因はすでに悟った筈だからです。

 


いつもの自分にすばやく戻りましょう


仕事に限らず何かに挑戦していくときには失敗はつきものです。失敗したらそれは謙虚に受け留めます。そして、日常の生活にすばやく戻っていきます。確かに失敗すると誰でも責任を感じるものです。

周囲の目も気になります。それは失敗した人が通過する試練なのです。黙って受け止めればよいのです。すぐに忘れることです。次の仕事が待っているからです。また戦場のような忙しさが襲ってきます。

過去の嫌な思い出を引きずっていては新しい仕事に集中できません。今はあなたの仕事ぶりを周囲の人たちは見守っています。自信を持って何時も通りに仕事をやり遂げれば、周囲も安心してくれます。

 


相談するようにしましょう


仕事で失敗したときに、自分自身を見直していくことは必要なことです。その過程で多様な人から意見を聞くことは有益なことです。その場では、素直な気持ちになって自分の思いを聞いてもらいます。

その結果、自分では思いもつかない素晴らしいアイディアが飛び出すかもしれません。また、職場の上司や同僚からのアドバイスもあります。それらは言ってみればごく当たり前の安全牌の意見になります。

あなたが飛躍するためには、あなたが考え出した独自の新しい種類のものを展開していく必要があります。利害関係のない異業種の人たちとのお付き合いは、そういう意味では貴重な情報源となっていきます。

 


問題意識を高めましょう


注意力が散漫になり、ついうっかりして失敗するケアレスミスは日常ではよく散見します。けれどもあなたは、ついうっかりと言い訳するケアレスミスは起こさないと心を引き締めて誓うことです。

小さなミスも無くそうと注意力を磨いていくことは、仕事には欠かせないことです。失敗して怒られることもあります。あなたは黙って受け止めましょう。言い訳は見苦しいものです。そして、先を見つめていきます。

失敗の具体的な原因を見つけ出す努力は欠かすことが出来ません。また、その改善点を探っていくこともあなたのためには必要なことです。そういう一連の取りくみは、あなたの意識を改革して高めていきます。

 


具体的な改善策を提示しましょう


失敗の捉え方は二通りあります。最初は、気象や運や人など自分では解決が難しいもの。次は、自分で解決できるものです。失敗の動機も二つあります。一つは、あなたが手を下したことで失敗を招いたもの。

次は、フォローを怠ったことなどです。あなたの失敗は、自分で解決できるように努力します。原因を見つけ出して紙面に列挙します。そして、解決できる具体的な方法を模索していきます。

そこで洗い出された問題点を検討していきます。例えば、技能が劣っていることが問題なら、その技能を習得できるように努力していきます。それは、あなたのスキルアップにも繋がっていきます。

 


気になるところを無くしましょう


失敗した嫌な気分は捨て去り、いつもの日常に戻りました。けれども前進するためには、失敗から何かを得ていくことが重要です。失敗した仕事は多様な働きかけが功を奏して、ほぼ完ぺきに近い状況でした。

少し強引なアプローチもありました。それは自分では少し気になっていた部分です。しかし、特別なフォローもしませんでした。その結果、先方からキャンセルの通知が舞い込みました。

失敗と成功への節目は、僅かのほころびから大きな問題に発展していきます。この場合には、あなたの不安が的中したのです。仕事では、気になるところは全力で払拭していく努力は必須なものとなります。

 


得意な人に仕事を任せましょう


得意なスキルを駆使して仕事を成すときは、快感すら覚えるものです。その一方で、スキルに合致しない仕事は、失敗すら考えられます。仕事は往々にして自分の得意分野のものではないこともあります。

あなたの得意分野のスキルを外れている仕事であれば、リスクの理由を述べて善処を促していく勇気を持つことも必要です。そこではあなたの強い決意が求められます。それはあなたの身を守る手段になります。

また、あなたの置かれた立場によっては、その対応は会社の将来に暗雲をもたらしてしまいます。自分の得意とするものでないのなら、得意とする人物に仕事を譲る勇気や決断力を発揮していきます。

 

いかがでしたか。仕事には失敗はつきものです。「失敗は成功の母」トーマス・エジソンの言葉です。失敗をした人を慰める言葉は、たった一言です。十分悔んだらすぐに気持ちをチェンジしてください。

そして、顔を上げて大きく深呼吸しましょう。それから何時もの場所に、あなたを登場させてください。もう、改まった気分になっている笑顔の人がいます。そして、以前よりも成長した心の持ち主になっています。

気持ちの切り替えがスムースにいけば、人生は豊かになります。さて、仕事の失敗を次に活かすために行っておきたい7つの事を、あなたとご一緒に見てきました。参考にしていただければ幸いです。

 


まとめ


仕事の失敗を次に活かすために行っておきたい7つの事

・思いっきり泣いてみましょう
・いつもの自分にすばやく戻りましょう
・相談するようにしましょう
・問題意識を高めましょう
・具体的な改善策を提示しましょう
・気になるところを無くしましょう
・得意な人に仕事を任せましょう