音信不通にする人の心理とは?7つの視点で徹底解剖!

音信不通にする人の心理とは?7つの視点で徹底解剖!

定期的に音信不通になる人、ある瞬間から音信不通になる人、常に音信不通気味な人…と人には色々なタイプな人がいるのですが、この音信不通にも色々なタイプの人がいます。また、この連絡がつかないと言うのは非常に困ったタイプの人でもあります。

実際、音信不通になると心配になりますからね。「何かあったのかな?」「大丈夫かな?」と思うのが普通ですし、「何か悪い事したかな?」と思うのが人でもあります。そこで、今回は音信不通になる人の心理について説明します。

現在、音信不通の友人・知人、そして恋人を抱えている人は、ぜひ参考にしてください。では、ポイントを7つにまとましたので、順に見ていきましょう。



 


音信不通にする人の心理とは?
7つの視点で徹底解剖!

 


時間感覚の違いを認識しよう


音信不通と一言で言っても、その間隔は様々です。人によっては2~3日で音信不通と感じる方もいますし、1週間、1か月経って感じる人もいます。要は人によって大きく開きがあるのが特徴なのですね。

実際、「彼氏が音信不通で…」と相談を受けて詳細を聞くと、「連絡を絶って2日しか経っていなかった」と言ったことも多いです。

人間、いつも連絡を返せる状況ばかりではありませんので、「音信不通」と言うならば最低でも2週間程度の期間は見ましょう。相手の心理の前に自分の時間に関する感覚を見つめなおしてみましょう。相手の心理の判断はそれからです。

 


相手の状況を考えよう


これは前項でも少し触れましたが、相手の状況を鑑みる必要があると言うことです。「音信不通」が心理的なものではなく、物理的な要因である場合ですね。特に、何かのトラブルに巻き込まれている可能性も否定できないと言うことです。

事実、「音信不通」だと考えていたら、「事故に遭っていた」と言った場合もあります。また、他にも「仕事でトラブルがあって、急な出張が入り連絡できなかった」と言ったこともあります。相手の心理を考えることも必要ですが、まずは相手の状況を考える習慣をつけましょう。

 


意識の方向性を理解しよう


3つ目は相手の意識の方向を理解することです。今、相手が「何に意識を向けているのか?」と言うことですね。意識があなたに向ていれば連絡はすぐに帰ってきます。しかし、そうではないならば音信不通になることもあると言うことです。

例えば、「仕事に夢中になっている」「趣味に没頭している」と言った場合ですね。向いている意識が他のものである場合、それ以外のものに目がいかないタイプの人というのはいます。

目の前のことに集中しすぎることにより、深層心理の部分で他者が目に入らないのですね。そういった相手の意識の方向も頭に入れておくと良いでしょう。

 


上手くいっていないことを理解しよう


音信不通になる人に多い理由で「上手くいっていない」と言うのがあります。人間、誰しも上手くいっていない時は誰とも連絡を取りたくないものです。長い人生、良い時ばかりではありませんからね。

音信不通になっている人はあなたが嫌で連絡を絶っているのではなく、自分自身の問題で連絡を絶っている場合が多いと言うことです。「現状打破のために音信不通になっている」そう考えれば重く受け止めることもなくなるでしょう。

 


相手のプライドを尊重しよう


上手くいっていないために音信不通になっている人間で、特にプライドの高い人間と言うのがあります。こういうタイプの人間は上手くいっていない自分をさらけ出すのを極端に嫌います。

ゆえに、どんなに親しい人間であっても連絡を絶ちます。むしろ、親しいからこそ連絡を絶つと言ってもいいでしょう。「プライドの維持」音信不通にはこういった理由もあるのですね。ですので、いたずらに連絡をせずに、相手のプライドを尊重することも考えてみると良いでしょう。

 


距離を置きたい心理を理解しよう


「音信不通、イコール相手に責任がある」と考えている人もいますが、本当にそうでしょうか?相手に責任を転嫁する前に自分自身の行動に不備が無かったかも考えてみましょう。と言うのは、音信不通になっている相手の心理も考える必要があるからなのですね。

前回会った時の行動に問題があって相手があなたへの連絡を絶っている場合もありますし、それゆえに少し距離を置きたいと考えている可能性もあります。「距離を置きたい心理」音信不通にはこういった原因の場合もあるのですね。

 


怒っている可能性を考えよう


最後は怒っている可能性ですね。あなたの行動に怒り、意図的にあなたからの連絡を拒絶しているパターンですね。音信不通となる状況にはこう言ったパターンもあります。「直接言えば良いのに…」と考える人もいるでしょう。

ですが、それはできる人の考えです。世の中には自分の考え、特に怒りの感情について積極的に伝えることができる人間ばかりではありません。結果、その気持ちを伝えるための音信不通と言う方法を取るわけです。この心理も頭に入れておくと良いでしょう。

 

いかがでしたか。音信不通になる人の心理についてはご理解頂けましたでしょうか。実に様々なパターンがあるのですね。実際、相手に問題がある場合、自分に問題がある場合、心理的な問題ではない場合、と色々なケースがあります。

少しややこしく感じる部分もあるかもしれませんが、当記事で触れた7つのポイントさえ押さえておけば問題はありません。きっと、相手の音信不通の原因を知ることができるでしょう。基本的には「待つ」が基本になります。

こちらからのアクションに対しては、効果が無い場合が多いです。ですので、とにかく待ち「相手の状況の変化を期待する」、もしくは「今後の自分の行動を改善する」このいずれかの対応になるのが基本です。さすれば、きっと良い結果を得られるでしょう。

 


まとめ


音信不通にする人の心理とは?7つの視点で徹底解剖!

・時間感覚の違いを認識しよう
・相手の状況を考えよう
・意識の方向性を理解しよう
・上手くいっていないことを理解しよう
・相手のプライドを尊重しよう
・距離を置きたい心理を理解しよう
・怒っている可能性を考えよう