同棲がうまくいくために決めておきたい二人のルール

同棲がうまくいくために決めておきたい二人のルール
結婚する前に、まずは同棲から。そう考えるカップルが増えていますが、何の決まりもなくいきなり同棲するのは少し考えもの。恋人同士であれば上手くいっていた関係が同棲した途端に破綻する可能性もゼロではありません。

それは結婚でも同じですが、やはり全く生活習慣の違う他人二人が一緒に暮らすのですから恋人時代には見えてこなかった部分もわかってしまうのが同棲。しかし、それもお互い様と、改めて同棲をひとつのスタートにして、二人の関係を築き上げていくというのも素敵なことです。そして同棲から結婚へと進むパターンは、少なくありません。

そこで、ここでは同棲生活をうまく続けるためにまず最初に決めておきたい二人のルールについてお伝えします。小さなことかもしれませんが、何事も最初が肝心。ぜひ参考にしてください。



 

同棲がうまくいくために
決めておきたい二人のルール

 

二人のお金と個人のお金を明確に決める


同棲開始後、最も多いトラブルが金銭問題。結婚しているわけではないということを頭に入れて、全てを二人のお金と考えることは避けましょう。また、毎月必ず必要なお金、家賃、光熱費、食費などは、基本的に折半がおすすめですが、二人の収入差がある場合などは話し合いで。

一番わかりやすい方法は、二人共用の口座を作り、給料日ごとに入金、家賃などの引き落としとして使うこと。そうすることで二人のお金という意識も高まりますし、二人で外食する場合などは、そこから使うという風にメリハリをつけることができます。

また、失業などの大きなトラブルの場合は別ですが「今月お金を使いすぎたからちょっと待って…」等の理由で、最初に決めた額を減らしたりする人は、結婚しても上手くいかないもの。金銭に関するルールは、これからの二人の関係にも大きく影響するものですので、慎重に決めてください。

 

スケジュールを二人で把握する


恋人時代にはあまり気にならなかった外泊や、帰宅時間も同棲となると話は別。夜ごはんを家で食べると言っていたのに、無断キャンセル。待っていた方はショックですし、それが何度も繰り返されると信頼関係もなくなってしまいます。無断外泊はしない。帰宅時間を知らせるなど、ある程度のルールを決めておくことが大切

もしこれを「束縛」と、どちらかが感じてしまうようであれば同棲は向かないかもしれません。お互いが気持ちよく生活するためには、ある程度の決まりは必要です。

また、家に誰かを招くときも相手の許可をとるなど、気遣いも忘れずに。あくまで「二人の家」である意識を持つこと。これは、家賃を多くいれている、いれていないということとは関係ありません。

 

ある程度の家事分担を決める


同棲開始にあたって、おおまかに家事分担を決めておくことも大切なポイント。同棲開始直後は、女性の方が頑張って家事をこなすけれど、段々と不満が溜まってしまう…というのも残念ながら同棲生活ではありがちです。絶対にこの家事は彼がすべき!この家事は自分!と、ガチガチにルールを決める必要はありませんが、基本的なことは決めておきましょう。

その上で、残業や体調不良などに応じて、臨機応変に。また、ここでのポイントは、相手に任せた以上あまりだめ出しはしないこと。それなら代わりにやって!ということになりかねません。家事とひとことで言っても、お互い自分が考えている「常識」は違うもの。おおまかにルールを決めて、実際に行う上で、またルール改正を行いましょう。

 

ルールは確定ではなく、どんどん変化させるものという意識を忘れずに


同棲前に決めておきたいルールですが、これらはあくまで同棲前の段階で決めたものという意識を忘れないようにしましょう。

同棲前には想像していなかったことが、きっとたくさん起こるもの。そこで、あまりルールに縛られすぎては、同棲生活自体が上手くいかなくなってしまいます。そもそも、同棲前に決めたルールは「二人で仲良く暮らしていくために」決めたもの。

ルールを守ることがメインになってしまっては本末転倒。実際に同棲を始めたら、今度は、またその状況に合わせてルールをつくりかえれば良いのです。また、そのルール決めの際は、二人の率直な本音を話し合うこと。どちらかが一方的に我慢する必要はありませんし、納得していないのに決めたルールがうまく機能するはずもありません。

最後に大切なものは、ルールではなくコミュニケーションだということを忘れないようにしてください。

 

いかがでしたか。

同棲という言葉の響きに、甘い生活やときめきを感じていた人も、同棲=生活という事実に気付いたのではないでしょうか。好きな人とずっと暮らすことができる同棲は、もちろん素敵なことですが、だからといって好きな気持ちさえあれば何もかもが上手くいくというわけではありません。愛情以外に、生活を行うために必要な問題を二人で乗り越えていく…これも同棲の醍醐味です。

また、いくらルールをしっかりと決めても、実際同棲を始めた後に、色々問題は起こるもの。しかし、それは計画不足というわけでもありませんし、愛情不足というわけでもありません。予想しないことが起きるのが、同棲のみならず人生というもの。その問題に臨機応変に対応することで、より二人の仲も深まるはず。

まずは今回お伝えした二人のルールづくりを、そして、実際に同棲生活がスタートした後は、また新たに二人で色々な話し合いを行い、絆を深めてください。きっとその先には、結婚という道筋が見えてくるはずです。

 

まとめ

同棲がうまくいくために決めておきたい二人のルール

・二人のお金と個人のお金を明確に決める
・スケジュールを二人で把握する
・ある程度の家事分担を決める
・ルールは確定ではなく、どんどん変化させるものという意識を忘れずに
・最後に大切なものは、ルールではなくコミュニケーション