失恋から次の恋に行くまでの最短距離を歩く方法

失恋から次の恋に行くまでの最短距離を歩く方法

残念ながら素敵な恋愛の行先が全てハッピーエンドとは限りません。失恋をしたばかりの頃はあまりのつらさに立ち直ることは無理だ、もう恋なんてしない、このまま泣いて過ごす日々がいつまで続くだろうとまた落ち込んでしまうこともありますね。失恋から次の恋に行くまでにどれくらいの時間がかかるのかは誰にもわかりませんし、もしかしたらその日は明日かもしれません。

恋は目に見えるものではありません。同様に失恋の痛みや深さも目に見えるものではありませんし、そのつらさは自分にしかわかりません。無理することなく失恋を乗り越え、次の恋に行くまでの最短距離を歩く方法を一緒に考えていきましょう。



 


失恋から次の恋に行くまでの
最短距離を歩く方法

 


友達に失恋をかくさないようにしょう


恥ずかしいからと言って見栄をはるのはやめましょう。失恋したことを友人に隠していては新しい出会いを自分でブロックしているようなものです。付き合っている人がいると思われたままでは、新しい出会いを紹介してもえなくなるばかりか友人同士の遊びにも誘ってもらえないかもしれません。親しい友達と遊んだり出かけることで失恋の痛手を紛らわし、慰めてもらうこともできるのにつらい自分を労わるどころか追い込んでしまいますね。

気晴らしに出かけたり、買い物をする時でも失恋したことを隠したままでは話が噛み合わないばかりか嘘をつかなくてはならなくなることもあります。しっかり慰めてもらって、新しい出会いも紹介してもらいましょう。かと言って、失恋したことを誰彼構わず言わなければならないわけではありませんし、あらぬ噂がたって傷口に塩を塗るようなことをする必要はありません。

面白おかしくあなたの失恋を言いふらすような人にわざわざ言う必要もありません。そんな人に紹介される新たな恋に焦って期待しては元も子もありません。信頼できる友達にだけ素直に助けを求めればそれで十分です。

 


新しいことにチャレンジしよう


新しく何かをスタートすることで失恋の痛手を癒すことができます。ありきたりかもしれませんが、やはり効果は抜群です。落ち込んで泣いてばかりいては、どんよりとした気持ちが表情にも出てしまいます。そんなことでは新しい出会いが訪れても、みすみす逃してしまいます。スキルアップをするのもいいですし、打ち込める趣味でもかまいません。日常生活に新しいエッセンスを取り込みましょう。

失恋の痛手が癒えない間は、漠然とジムで体を動かしてみようと思うだけではなかなか体が動きません。具体的に曜日や時間が固定されていてインストラクターがいる教室のレッスがお薦めです。時間の管理をすることで、生活にメリハリが生まれます。新しいチャンレジに慣れてきたらさらにレベルアップをして自分に磨きをかけましょう。

失恋したのは自分に何か欠点があったからだと卑下する必要はありません。もし思い当たる欠点があるのならこれを機になおせばいいのです。欠点に気づけたのなら前進あるのみですね。

 


自分を労りましょう


労わると聞くとなんだか大袈裟に感じてしましますが、ちょっと自分を甘やかしてあげればいいのです。我慢していた服を1枚買ってみるとか、お取り寄せスイーツを買ってみるなどプチ贅沢で自分を満足させてあげてください。ただし、暴飲暴食やクレジットカードを乱用するような買い物は失恋の痛手に追い討ちをかける結果となってしまいます。自暴自棄になりがちな時期なので、セーブをきかせる為にもプチ贅沢がお薦めです。

アロマキャンドルを買ったり、今まで観ていなかったDVDをレンタルするのも気分転換になります。そこから新しい発見があるかもしれません。好きなものが増えると生き生きとしてきます。新しい恋を見つけるぞと躍起になって無理につらさを押さえ込むことは逆効果です。何かに夢中になったり、何かを純粋に楽しんでいる姿はきっと新しい出会いを引き寄せてくれるはずです。

 

いかがでしたでしょうか。失恋は人生の中で大きな出来事ですし、何度も経験したいものではありません。逆境をバネにしていけるような強い自分になりましょう。明日、新たな出会いのチャンスをみつけることができるのか、もっと先になってしまうかは全てあなた次第です。ふてくされたままの自分では次の恋に行くまでの最短距離を歩くことはできません。

最短距離を目指す為に、焦って自分を安売りしてはまた失恋してしまいますよ。自分に自信を持てるようにスキルアップすれば自分を安売りしなくても次の恋まで必ずたどり着くことができます。急がば回れです。一歩一歩、焦ることなく確実に次の恋へと歩んで行きましょう。

 


まとめ


失恋から次の恋に行くまでの最短距離を歩く方法

・友達に失恋をかくさないようにしよう
・新しいことにチャレンジしよう
・自分をいたわりましょう