見つめ合う心理をうまく使い、相手を虜にする7つの方法

見つめ合う心理をうまく使い、相手を虜にする7つの方法

“一目惚れから始まった恋愛は幸せになりやすい”

学校、通勤電車の中、カフェ、社内…。ふと誰かと見つめ合って、一瞬ドキッとした経験はありませんか?

運命の神様はとてもせっかち。恋愛相手は”見つめ合った3秒間”で決まる事もあるといいます。カップルにアンケートを取った結果、一目惚れから恋愛に至ったカップルは22・1%、結婚まで発展したカップルは7・6%と、カップルの3割が一目惚れから恋愛に発展しているという結果がでました。

見つめ合う、その心理には、恋愛の要素が6割占められているというデータもあります。今回は、見つめ合う心理をうまく使い、相手を虜にする7つの方法をご紹介しましょう



 


見つめ合う心理をうまく使い、
相手を虜にする7つの方法

 


ファッッションセンスを磨こう


第一印象は、0・4秒で決まる、といいます。そしてそのパッと見の第一印象は、その人とその後長くつき合ったとしてもあまり変化しないのだとか。人間の視覚はとても鋭敏なんですね。

見つめ合う、という事は、まず相手の顔に注目しているはずですが、人は無意識にその人の全体を視覚に捉え、相手が好ましい相手かどうかを選別しています。どんなに魅力的に見つめられたとしても、相手のファッションが好みでなかったら魅力は半減してしまうでしょう。

ファッションは自分を印象付ける大切なツール。相手を虜にしたかったら、魅力をアピール出来るファッションセンスも大切です。

 


3秒以内に笑顔を作ろう


見つめ合う、そして一瞬で相手を虜にしたいなら、目があってから3秒以内に笑顔を作りましょう。外国人はよく見つめただけでぱっと笑顔を見せてくれる人が多いのに対し、日本人は無表情に目をそらす人がほとんどです。スマイル0円。出し惜しみはやめましょう。あからさまに笑う必要はありません。最初のはにかんだ笑顔が忘れられない、と言われる様な笑顔を研究して下さい。

可愛い子供や仔猫を見ると、思わず可愛い!と笑顔が自然に浮かびます。それと同じ様に、自分の好みの男性がいたら、あらす素敵!と笑顔になる習慣を作りましょう。

相手と目を合わせる前に笑顔になっていれば、好感度も◎。恋の予感が本物になる確率が高くなります。

 


2回、見つめ合おう


最初は何気なく見つめ、その後目に感情を込めてもう1度相手を見つめて下さい。相手の頬が若干持ち上がって、照れた様な表情になったらあなたの勝ちです。

見つめ合う、というアイコンタクトは、人間に限らずほ乳類はとても大切にしています。まさに“目は口程にモノを言う”ということわざ通り、見つめ合う時の目力で、相手に自分の感情を伝えているのです。

いわば「本能的な感情」を、目は饒舌に伝えてくれます。しっかり伝えるには少なくても相手と2回、目を合わせましょう。

 


サングラスを利用しよう


サングラスをかけていると、無遠慮に相手を見つめることができます。自分の目力を試したかったら、サングラスを利用してみましょう。

至近距離に気になる相手がいた場合、まずはサングラス越しに相手を見つめて下さい。人はなぜかサングラスをかけた相手から注目されるとそれだけで緊張する傾向があります。

相手をドギマギさせた後、ゆっくりとサングラスを外してもう1度相手を見つめます。90%の確率で、相手は必ずあなたを見つめるはずです。

隠されていた目線がサングラスを外して表に現れた瞬間、この数秒間はあなたをとてもかっこ良く見せてくれるはずです。じっと相手を見つめるだけで、相手はソワソワしだすかも。恥ずかしがらず、女優になったつもりで練習してみて下さいね。

 


右斜めから見つめよう


相手を見つめたい時は、相手の右斜めから見つめると効果がある、と言われています。利き腕が右の人は、無意識に左よりも右に意識を集中しているのだとか。大切な物は、利き腕側のポケットに無意識にしまうのもそのせいです。

なんとなく、右側は重要なポジションだと脳が認識しているのです。相手を見つめる時は、是非右斜めから見つめてみましょう。もちろん、相手が左利きなら左斜めから見つめて下さいね。

 


相手の空気を読もう


見つめ合う、からいいのです。じっとガン見するのはストーカー。相手の空気を読んで、視線を向けて下さい。

意味もなく見つめていれば、相手を不愉快にさせてしまいます。相手にその気がないと分かったら、やみくもに視線を送るのは止めましょう。

見つめる行為は言葉で語らない分、相手に誤解を招きやすいのです。相手の空気を読んで、視線を送って下さいね。

 


目を大きく開けよう


人は興奮したり、喜んだりすると瞳孔が開きます。目を大きく開けた方が、相手に感情を伝えやすいのです。

落としたい相手がいるのなら、相手の話を聞くときになるべく目を大きく開いて、相手の顔を見つめましょう。言葉にしなくても、目の表情が相手に恋心を伝えてくれます。

女性の場合、目を大きく見せるアイメイクをしていると、より目力が強くなります。

 

いかがですか。わずか3秒だけでもいいのです。相手と見つめ合うだけで、本能的にお互いに感じるモノがあるはずです。

ビビビッときたら、自分の直感を信じて行動してみましょう。「一目惚れから結婚に至った相手とは離婚する可能性が低い」というアメリカの調査報告もあります。

見つめ合うという行為は、お互いのフェロモンを認識する行為だともいいます。理性よりも本能で自分の理想の相手を嗅ぎ分けているそうです。

好きな人が出来ると、無意識に相手の姿を目で追ってしまいますよね。恋愛のファーストステップは見つめ合う事から、と言っても良いのではないでしょうか。

 


まとめ


見つめ合う心理をうまく使い、相手を虜にする7つの方法

.ファッッションセンスを磨こう
.3秒以内に笑顔を作ろう
.2回、見つめ合おう
.サングラスを利用しよう
.右斜めから見つめよう
.相手の空気を読もう
.目を大きく開けよう