ダイエット中モチベーションが下がる時期とその乗り越え方

ダイエット中モチベーションが下がる時期とその乗り越え方

スリムなプロポーションは誰でもが憧れるものです。お腹周りや腰の辺りに付いた脂肪や肉は、嫌が上でもスタイルを悪くしてしまいます。そこで、思い余ってダイエットを試みる気になりました。

私たちの体は、食事からエネルギーを摂ります。ダイエットは、余分にエネルギーを摂った結果、蓄積した脂肪などを減らす試みです。体の体力を維持してのダイエットですが、間違った方法では危険を伴います。

しかし、長いスパーンのダイエットを無理をせずに、徐々に体重を落としていくことを目指します。これ以降、『ダイエット中モチベーションが下がる時期とその乗り越え方』を、あなたと共に見ていきましょう。



 


ダイエット中モチベーションが下がる時期と
その乗り越え方

 


目標を1日の小さな単位に細分化しよう


ダイエットの動機付けは明白です。そして、取り組む姿勢にも真剣さが見られます。そこで、ダイエットをスタートしてみました。体重は毎日記録していきます。暫くは順調な滑り出しでした。

1週間も過ぎる頃から、続けることが難しくなってきました。ダイエットのモチベーションが下がる時期は、目標が明確でないことによる息切れです。また、周囲の人間関係の乱れでやる気が失せることもあります。

目標は、自分に達成できる範囲にします。短期・中期・長期に分けます。短期は1週間、中期は1ヶ月、長期は1ヶ年の単位にします。そして、各目標を達成する度に、達成感を味わう気持ちを高めます。

 


小さな目標を成すたびに自信を持とう


できる筈のダイエットでも、最終目標量が大き過ぎると、途中で目標達成が危うくなりモチベーションは下がってしまいます。そうなったら、直ぐにダイエットを一時ストップして、最終目標量の修正をし直します。

短期・中期・長期の目標を再度入力します。そして、心を落ち着けて再トライします。失敗は人生ではよく起こります。しかし、失敗から得られるものがあります。それは、次に活かせる情報を得ることです。

再チャレンジ後のダイエットは、再び進行させていきます。再度実施できた充実感は何ごとにも代えられません。もう、迷うことはなく、淡々とやり遂げていくことで安心感が湧き、それが自信に繋がっていきます。

 


目的達成は大げさに喜び楽しんでいこう


自分が楽しいと思えないダイエットは、いくらやっても気乗りはしないものです。やがてモチベーションは下がってきます。ダイエットは我慢して続けることです。けれども、続けるには喜びや楽しみは必要になります。

そこで、長丁場の数年間に及ぶダイエット中の、小さな1日の目標達成の成果の度に、成し遂げた喜びを大げさに味わうようにしていきます。これには、自分に言い聞かせていくことが大事なことになります。

「やれば出来るじゃないか。大した人だ、何でも出来るに違いない」。小さな達成感は、自信となり更に楽しみに変化していきます。するとモチベーションは高く維持され、気持ちもポジティブシンキングしていきます。

 


ダイエット情報を知るために勉強しよう


ダイエットのモチベーションを高い位置に維持していくためには、勉強することも必要になります。ダイエットは、体にとっては過酷な作業になります。体はエネルギー不足を呈してきて、食べ物に強い反応を示します。

いらぬ心配ごとなどが頭の中に浮かぶこともあります。また、些細な気になる事柄が引き金になってモチベーションが下がったりします。そこで、ダイエット関係の情報を取得して、役立てる勉強に取り組みます。

ダイエット情報に詳しくなり不安をなくします。そして、ネットの口コミ情報を大勢の人たちと共有するアンテナを張ります。そうすることで、ダイエットのモチベーションを高く保っていくことに役立てていきます。

 


継続させて大きな目標に近づこう


ダイエットは、目標体重や実施期間、摂取エネルギー量などを決めていきます。ダイエット中は、モチベーションを高く維持することが大切になります。短期間に急いで目標に到達するのは、失敗の元になります。

体重が元に戻ってしまう、リバウンド現象を誘発しまうからです。それを防ぐ方法は、ここで取り上げている数年をかけて徐々に体重を減らす方法が、体に無理がこない理想的なダイエット方法だと思います。

ダイエットは、1日を最小単位として連日ダイエットを続けていくもので、自分の精神力を上手くコントロールしていくことです。成功の鍵は継続にあります。淡々と続けて積み重ねると、大きな力になっていきます。

 


定期的に体をリフレッシュしよう


楽しみのダイエットでも、知らぬ間にストレスが溜まりモチベーションも下がりぎみになります。そこで、定期的にストレスを発散します。日常受けるストレスは、正しい食生活や熟睡することで解消されます。

体にストレスを与えるダイエットでは、別の種類のストレスを受けていきます。そこで、定期的にガス抜きをしていきます。これには、自分の気持ちを切り替えるテクニックが必要です。その気になることが必要です。

例えば1週間の終わりを迎えたら、「さて、1週間分の疲れを取るために、これから数時間体を休めるぞー」などと言って、軽いストレッチや散歩をしたりして、気分転換を図り全身の体を労わっていきます。

 


最終目標を日常の中に意識しよう


ダイエットの最小単位は1日です。最終目標へは、何ヶ年間も継続すると到達します。小さなことでも続けることで、大きな目的は叶えられます。日常の生活の中では、多様な雑事が発現します。

そうなると継続が困難なことも出てきます。それは想定済みとして、その日はお休みとして扱うことがポイントです。翌日に2日分を頑張ります。また、小さな1日の目標達成の喜びを忘れないことです。

更に、最終目標も忘れないようにすることが、大事なポイントになります。今現在の位置を確認することと、最終目標に到達後のご褒美を用意することで、モチベーションを高く維持していくことができます。

 

いかがでしたか。ダイエットは、モチベーションを高く維持していくことが不可欠でした。また、ダイエットの必要性や目標量、目標に到達した後のご褒美を用意するなどの心配りも、大事な要素になっていました。

ダイエットのモチベーションは、やる気や動機づけで長丁場のダイエットを継続する力になっていました。ダイエットは、最小単位の1日量をコツコツと積み重ねていくことでした。そして、その成果を実感できます。

あなた自身の体で実際に体験できるプロジェクトなのです。さて、『ダイエット中モチベーションが下がる時期とその乗り越え方』を、あなたと共に見てきました。この項があなたのお役に立つことを願っています。

 


まとめ


ダイエット中モチベーションが下がる時期とその乗り越え方

・目標を1日の小さな単位に細分化しよう
・小さな目標を成すたびに自信を持とう
・目的達成は大げさに喜び楽しんでいこう
・ダイエット情報を知るために勉強しよう
・継続させて大きな目標に近づこう
・定期的に体をリフレッシュしよう
・最終目標を日常の中に意識しよう