パワフルに生きるために、体内のエネルギーを高めるコツ!

パワフルに生きるために、体内のエネルギーを高めるコツ!
忙しい現代人ですが、忙しさに見合うパワフルさを持っている人は多くありません。皆疲弊して「疲れた」が口癖になっている人もいます。そこでパワフルに生きるために出来ることをいくつか紹介していきます。

自分自身で生活を改善し、本来持っているパワーを最大限に発揮できる体にするのです。難しくはないのですが、生活習慣を改めずに疲れやすい体を引きずっておる人が多いのも事実。惰性によって、本来持っているパワーを発揮できずにいるなんて、もったいないと思いませんか。

パワフルに生き続けるために、今までのだらしない生活を見直して、体内のエネルギーを発揮できる体を作るのです。そうすることで、日々の忙しさもパワフルに乗り切りことが出来るのです。では、パワフルに生きるために、体内のエネルギーを高めるコツをお伝えします。



 

パワフルに生きるために、
体内のエネルギーを高めるコツ!

 

朝の果物でパワーを取り入れる


朝食に果物を食べると「金」と同じ価値だというほど、朝食の果物はおすすめです。果物の持つビタミンやミネラルのパワーは体の栄養を補給し、強くします。ちなみに昼の果物は「銀」。夜の果物は「銅」の価値があると言いますよね。果物は朝に摂るほど栄養をくまなく吸収することが出来るのです。

朝に果物はとても理にかなった健康法。「果物だけじゃお腹がすく!」という人は、無加糖のヨーグルトなどをかけてみてはどうでしょうか。朝からお腹に持たれるものをあれこれ食べるよりも、すっきりと一日を始めることが出来るでしょう。

ちなみに朝食にパンとコーヒーを摂る人は多いと思うのですが、これを果物に変えることで便秘が解消するとの説もあります。小麦粉系焼き菓子やパンは、排便を促しにくいものですが、果物はダイレクトに腸の活動をよくするからです。

果物は口にしてから腸にたどり着くまでわずか15分程度。消化が早い食品だからと考えられます。お腹の調子のよくない人は、朝食に果物をとることでパワフルな内臓を手にしましょう!

 

朝から大食は厳禁である


現代人は食生活が豊かになったせいか、あさからあれこれと物を詰め込む人が多いのです。しかし数時間睡眠し、朝起きてすぐはまだ内臓の活動もよくありません。そこにあれこれと物を詰め込むことはお勧めできないのです。

朝から大食をせずに、朝は控えめに果物で腸の動きを良くし、昼に精の着くものを食べるといいでしょう。朝起きてから昼食までの間は、腸の動きが徐々に良くなり、排泄する時間帯と言われています。物を上からどんどん食べて押し込むのではなく、前日に食べたものを下へ下へと移動させる時間帯なのです。

午前中に良質な内臓活動によって排泄し、昼食にバランスの取れた食事を摂ることをおススメします。これを1か月続けることによって、自らの腸の動きの良さを実感することが出来ますよ!

 

ヨガをして老廃物を流す


現代人は添加物にまみれた生活を送っています。人間社会でこれほどにきつい添加物まみれの食生活の時代はなかったと言っていいほどに、体の中に添加物という毒はたまっています。

現代になって蔓延している癌や不妊やうつ病や生活習慣病などのやっかいな病気は、ほんの数十年前まではほとんど意識されない病気でした。現代人が病気だらけなのは、重なる添加物の摂取で体がとても弱くなっているせいなのです。

そこで病気にならずにパワフルに生きるために、体の中に溜まった毒素を吐き出すのです。毎日数分間ヨガを行うことで、老廃物の排泄を行うことが出来ます。ヨガは教室などに通わなくても、自宅で数分で行うことが出来ます。

自宅でいくつかのポーズを試してみて、自分が「気持ちいい!」と感じることの出来るポーズを毎朝おこなってください。老廃物を流すことで体内のパワフルな活力が戻ってくるはずです。

 

毎日30分の有酸素運動を取り入れる


現代人が疲れやすくなった原因の一つに、運動不足が挙げられます。運動不足によって筋力が衰え、少しの活動で疲れやすくなっているのです。パワフルに生きれないなんてもったいないと思いませんか。筋力を鍛えることでパワフルに精力的に活動することが出来るのに。

年老いて本当に筋力が衰えるまでは、活動的でいた方が人生は数倍楽しめます。体を鍛えることでパワフルに生きることが出来るなら、そうした方が良いに決まっています。方法は簡単。日に30分だけ有酸素運動をするのです

ジョギングでもウォーキングでもスイミングでもいいでしょう。移動系の運動を取り入れることで、体は鍛えられます。また、運動慣れしない人でも簡単にできるのが有酸素運動。パワフルな毎日を手に入れるために、コツコツと日々の努力を積み重ねてください。

 

食べ過ぎをやめよう


パワフルに精力的に行きたいのであれば、大食をやめるべきです。大食は健康の敵です。お腹が重くなっては身動きができませんからね。カロリーをたくさん摂ったからと言って、その後活発に動くことが出来なければ全て脂肪になります。そして脂肪の付いた体はますます動きにくくなります。

食に溢れた現代ですが、パワフルに活動的に生きるためには、小食を心がけるべきです。そして口にする少しの食品を、栄養バランスの取れた良質のものを選ぶのです。添加物の入っていないものを摂るようにすればいいでしょう。そしてできれば自炊するのです。

 

さて、パワフルに生きるために改めるべき生活習慣について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

わずかな努力で体内の、本来持っているパワーを引き出すことが出来るのです。そして体内エネルギーを高める生活を送ることで、自分の中の活力が目覚めることを実感することが出来るでしょう。

朝起きてから口にする食事を気を付けるのです。体の力は口にする食品によって決まると言っても過言ではありません。しかし現代人が口にするものの多くには、人体のパワーを奪い去る添加物が多く含まれています。そこで食品を気を付けるとともに、添加物を排出すべく有酸素運動で汗を流し、ヨガで老廃物を排出しやすくするのです。

毎日続けるとなると大変かもしれませんが、パワフルな生活を送ることで健康が板についてくると、続けずにいはいられないほどに大切なものとなってくるはずです。

 

まとめ

パワフルに生きるために、体内のエネルギーを高めるコツ!

・朝の果物でパワーを取り入れる
・朝から大食は厳禁である
・ヨガをして老廃物を流す
・毎日30分の有酸素運動を取り入れる
・食べ過ぎをやめよう