疲労回復の食事、取る時間に気をつけて効果倍増させる術♪

疲労回復の食事、取る時間に気をつけて効果倍増させる術♪

健康的なのは、ラッキーなことです。この何でもないことを守って維持していくためには、自分の体のメカニズムを知ることがキーポイントです。体は生きています。生きるためには空気や水や食物が必要です。

人は、それを三度の食事で賄います。疲労した心身は熟睡する眠りを得て、疲労回復して修復します。朝・昼・夕のどれかの食事を欠くと、トータルの栄養が不足して体に不都合なダメージが残ります。

適切な時間帯に、適量の質のよい食事を摂ることで体は維持されていきます。これ以降、「疲労回復の食事、取る時間に気をつけて効果倍増させる術♪」を、あなたとご一緒に見ていきましょう。



 


疲労回復の食事、
取る時間に気をつけて効果倍増させる術♪

 


朝食は朝日を浴びて2時間以内にしよう


国のデーターでは、活動量の少ない成人女性の場合、1400~2000kcal、男性は2200±200kcal程度の1日のエネルギーが必要といわれます。そこで、活動などで失ったエネルギーを補充していきます。

疲労回復は、食事と睡眠を摂って成し遂げられます。体を維持するには食事エネルギーは不可欠です。1日のエネルギー摂取量を10とすると、朝食3、昼食3、夕食4の割合で食事を摂るのが基準です。

そして、食事を摂っていく時間を定めていくことも、重要なポイントになってきます。朝食は、起床してから明るい朝日を浴びてから2時間以内に摂ることで、あなたの1日をスタートさせていきます。

 


朝食の時間は、7時11分前後にしよう


朝の目覚めがよいと素晴らしい一日が約束されます。食前に軽いストレッチで体をほぐします。そうすることで、体の芯から血液の循環をよくしていきます。そして、果物や酵素やヨーグルトなどを軽く摂ります。

それは消化吸収を促します。1日がスタートしても、体は朝日を浴びたり朝の食事を摂ったりすることで活動を始めていきます。疲労回復は、十分な睡眠と栄養のある食事を摂ることで成し遂げられます。

一説によれば、朝食を摂る時間の平均値は7時11分がベストだと示しています。いずれにしても各人の生活パターンに合わせた朝食時間は、あなたの健康に非常に意味を持ってきます。

 


朝からお昼までは、消化のよいものにしよう


朝は1日の始まりになります。十分に熟睡できた体は、眠っている間に傷ついた心身や昨日に受けたストレスも癒えています。しかし、体は目覚めたばかりで、体に溜まった老廃物を排泄する必要があります。

そこで、便通を促すための軽い運動をしていきます。また、消化のよいスムージーなどの凍らせた果物や野菜などを使ったシャーベットの飲み物を食前に飲むことで、排便を促していきます。

朝から昼にかけては、胃に負担が掛からないように、軽めの食事を摂ることがポイントになります。疲労回復の食事は、1日の食事からのエネルギー量の補給が重要なキーポイントになります。

 


昼食の時間は、12時38分前後にしよう


体で使うエネルギーは、食事を摂ってエネルギーに変換することで賄われます。食事を摂ることで、疲労回復も可能になっていきます。朝昼夜に1日の基準となる食事量を確保する必要があります。

昼食は、朝食と同量の3の割合を摂ります。昼食は軽めのランチを摂ることで、仕事を続けていけます。一説によれば、昼食を摂る時間の平均値は12時38分が理想的だと言われます。

しかし、各人の生活は多様で外れてしまうこともあります。昼食の時間は、自分に合った時刻にしっかり摂ることがベストです。また、朝食前の酵素やヨーグルトも体調に合わせて、昼食後にすることもあります。

 


夕食の時間は、18時14分前後にしよう


忙しかった1日の仕事も終わり、体はストレスを浴びて疲労しています。そこで、疲労回復のために食事を摂ります。夕食は、朝食や昼食の10パーセント増しの量を摂取するようにします。

疲労した体は入浴して気分をリフレッシュさせます。夕食はボリュームのあるカロリーの高いものでもOKになります。しかし、20時以降の遅い時間に夕食を食べるときは、カロリーを抑えることがポイントになります。

けれども、そういう状態が度重なると、カロリー過多に傾いていきます。そして、脂肪が付着して体重増加の一因になります。一説によれば、夕食を摂る時間の平均値は18時14分が多いようです。

 


夜の9時までは、しっかりした食事をしよう


夜間は心身も幾分リラックスしています。しかし、頭脳や体の芯はストレスに晒されて傷ついています。けれども、体は食欲も旺盛になり1日の食事から摂取するエネルギー量も、朝や昼よりも多くなります。

この時間帯は、内臓も活発な動きを示します。そこで、疲労回復の食事は、ボリューム感や質のよいものを摂るようにします。主食は、ごはんやパンや麺類を使った食事になります。

主菜は、肉や魚や大豆製品を使ったもの。副菜は、野菜やキノコや海藻類を使ったもの。乳製品は、牛乳やヨーグルト。果物は、オレンジやイチゴなどをバランスよく摂っていきます。

 


朝食前までの、夜半の食事は軽くしよう


夕食を食べ終わった後の体は、食事で摂った食物を消化吸収して、その栄養素を体に取り込んでいきます。それには体をリラックさせることが必要です。まず汚れた体を入浴して清潔にしていきます。

そして、軽いストレッチや音楽を聴き、TVを見たりします。心身が落ち着いたら、眠りに入る準備を整えていきます。部屋を暗くして入眠に入っていきます。すると体の内部では、疲労回復が図られていきます。

また、傷ついた細胞の新陳代謝も盛んにおこなわれます。この夕食後から早朝までの時間帯は、体に食事からのエネルギーを与え、心身の疲労回復や細胞再生を促していく大切な時間になります。

 

いかがでしたか。食事は、身体を健康に維持する必須なエネルギー源でした。1日に摂取するエネルギーは、女性と男性では異なります。そして、あなたの1日のエネルギー消費量は定まっている筈です。

そのエネルギー量を3度の食事で賄います。一般的には、朝食3、昼食3、夕食4の比率で食事量を摂ります。そうすることで、体に受けたストレスを解消して疲労回復を図ります。

食事を抜くダイエットは数日に留めることが肝要です。さて、「疲労回復の食事、取る時間に気をつけて効果倍増させる術♪」を、あなた共に見てきました。この項が、あなたのお役に立つことを願っています。

 


まとめ


疲労回復の食事、取る時間に気をつけて効果倍増させる術♪

・朝食は朝日を浴びて2時間以内にしよう
・朝食の時間は、7時11分前後にしよう
・朝からお昼までは、消化のよいものにしよう
・昼食の時間は、12時38分前後にしよう
・夕食の時間は、18時14分前後にしよう
・夜の9時までは、しっかりした食事をしよう
・朝食前までの、夜半の食事は軽くしよう