疲労回復のドリンクは自分で作るのが○。おすすめ7レシピ

疲労回復のドリンクは自分で作るのが○。おすすめ7レシピ

春は天候が不安定。なんだか体調や気持ちも影響を受けやすいですよね。やる気がでない。疲れが取れない…。そんな時は温泉につかってのんびりしたいものですが、そうそうバカンスもとれません。

手っ取り早く元気をチャージするなら疲労回復ドリンクがおすすめです。コンビニにも疲労回復ドリンクは売られていますから、皆さんも気軽に飲んだ事はあるでしょう。

しかし、売られているドリンクは結構値段も高く、よくみるとカロリーが高いのです。毎日飲むと体重とお財布に影響がありそう。それなら自家製で作ってみてはどうでしょうか?今回は、おすすめの疲労回復ドリンクのレシピをご紹介しましょう!



 


疲労回復のドリンクは自分で作るのが○。
おすすめ7レシピ

 


美容と目の疲れにおすすめ!ブルーベリー酵母ドリンク


*材料
ブルーベリー 100g
水 300cc
レーズン酵母エキス 30cc

瓶と蓋を煮沸消毒し、冷めたらブルーベリーを入れます。

水を注ぎ、更にレーズン酵母エキスも加える。総量は瓶の八分目位。

蓋をして丸一日窓辺などに置く。24時間経過したら一度瓶を上下させてから蓋を開け、空気に触れさせます。

時々この作業をしながら2、3日置くと完全にベリーが浮き上がりシュワシュワ発泡します。その後は冷蔵庫に入れて保管。炭酸などで割って飲むと美味しく飲めます。眼精疲労に特に効果的です。

 


疲れた胃腸に優しい人参とバナナのナチュラルドリンク


*材料
にんじん 100グラム(中サイズの約半分)
豆乳(無調整)200ml
凍らせバナナ 人参と同量
好みでハチミツ 適量

全てを適当な大きさにカットしてジューサーにかける。結構満腹感がありますから、朝ご飯代わりに飲んでも○。人参は整腸作用があるので生で食べるとより効果的です。

 


疲労をすばやく吸収!スポーツドリンク同様の蜂蜜レモンドリンク


*材料
レモン汁 大さじ3
天然塩 大さじ1
はちみつ 大さじ12

レモン汁に塩を入れ、よく溶かしてから、蜂蜜を入れます。
飲みたい時に冷蔵庫から取り出し、大さじ1程度をグラスに入れ、200mlぐらいの水などで割って飲みます。

これを作っておくとスポーツドリンクの代用が出来ます。市販のスポーツドリンクには糖分が多くカロリーも気になります。手作りして、甘さを蜂蜜を使う事で、カロリーを抑え、すばやく疲労を回復します。夏バテにも効果がありますから、暑い時期は冷蔵庫に常備しておくと良いでしょう。

 


疲労と老化防止に!アサイースムージー


*材料
アサイードリンク(甘味入り) 100g
バナナ 120g
ブラックベリー(あれば) 80g
ブルーベリー 80g
水 150g
レモン汁 少々

バナナは適当な大きさにカットします。全ての材料をジューサーでミキサーして出来上がりです。リンゴ酢を混ぜると疲労効果がアップします。材料を凍らせた場合は水を多めにすると作りやすくなります。

 


市販の物を使って手軽に健康維持。ミネラルドリンク


*材料
市販の野菜ジュース 180ml
スキムミルク・ヨーグルト 150cc
黒ゴマ黒大豆 大さじ2
アミノコラーゲン 添付スプーン1
ローズヒップ粉末 小さじ1/2

全てをかき混ぜて出来上がり。氷をまぜると粉っぽくなくて飲みやすくなります。市販のジュースを使えば野菜や果物をカットする手間もありません。手軽に疲労回復できるドリンクです。

 


栄養満点☆血糖値の上昇を押さえるアボガドドリンク


*材料
バナナ 1本
リンゴ 1/4個
アボカド 1/2個
ほうれん草または小松菜 お好みの量
豆乳 200 cc
牛乳または水 100 cc

材料を入れて、ミキサーにかけます。お好みで豆乳等の水分を加減してください。アボガドは畑のバターといわれるほど栄養価が高く、ビタミンも豊富です。子供にも安心して飲ませられますから、家族で飲んでみて下さい。

 


疲労回復+デトックスできるグリーンドリンク


*材料
小松菜 1/2把
白菜 1枚
春菊 2茎
リンゴ 1個
水or牛乳or乳酸菌飲料 20ml

野菜は洗って、キッチンペーパーで水分を拭き、3~4cmに切ります。

リンゴは皮は剥かずに小さくカットしながら芯だけ取り除きます。

水や牛乳少量を加えて、ミキサー、ハンドブレンダーなどで潰して混ぜたら出来上がりです。

1日1個のリンゴは医者要らず、と言われる程リンゴはビタミン、酵素が豊富です。自然の甘さがどんな野菜とも相性が抜群です。

小松菜、白菜、春菊の代わりにキャベツやキュウリ、レタスを使っても美味しく作れます。冷蔵庫に残った野菜でチャレンジしてみて下さい。好みで蜂蜜、オリゴ糖などを加えても良いでしょう。

生野菜はデトックス効果を高めます。疲労とダイエット、両方に期待出来るドリンクです。

 

いかがですか。疲労回復には生野菜や果物と言ったビタミンが欠かせません。中でもビタミンCが豊富な果物は美容効果もばっちりです。レモン、イチゴ、リンゴは特におすすめです。

砂糖の代わりに蜂蜜を使う事で天然甘さに仕上がります。カロリーも砂糖の3分の2程度ですから安心して使えますよね。

蜂蜜は吸収力が早いので、疲労回復に役立ちます。腐りにくい殺菌作用と、カルシウム、鉄をはじめとする27種類のミネラルと、 22種類のアミノ酸、80種類の酵素、ポリフェノールやパロチンなど 150種類を越える成分が含まれた栄養豊かな食品です。

その日の疲れはその日のうちに。ぜひこの手作りの疲労回復ドリンクのレシピを参考にして下さい。

 


まとめ


疲労回復のドリンクは自分で作るのが○。おすすめ7レシピ

.美容と目の疲れにおすすめ!ブルーベリー酵母ドリンク
.疲れた胃腸に優しい人参とバナナのナチュラルドリンク
.疲労をすばやく吸収!スポーツドリンク同様の蜂蜜レモンドリンク
.疲労と老化防止に!アサイースムージー
.市販の物を使って手軽に健康維持。ミネラルドリンク
.栄養満点☆血糖値の上昇を押さえるアボガドドリンク
.疲労回復+デトックスできるグリーンドリンク