いつも元気一杯に見える人が疲れた時にしている7つのケア

いつも元気一杯に見える人が疲れた時にしている7つのケア
激動する現代はストレスの時代と言えます。人々は多様なストレスやプレッシャーを受けて生活しています。

ほどよいストレスは体にとってはむしろ有益なものです。忙しいはずなのに、いつも元気一杯な人はあなたの周りにもいるはずです。

生活習慣のリズムは、毎日の暮らしの中に生きる喜びを与えてくれるものです。

そして、人としての生活に潤いをもたらします。そのような毎日の暮らしの中で、ストレスを溜めないことやプレッシャーに負けないようにするには、自分の生活リズムを乱さないことです。元気一杯の人が疲れた時にするケアについて、お教えします。



 


いつも元気一杯に見える人が
疲れた時にしている7つのケア

 


忙しい時こそ昼寝しよう


忙しい人は少しでも時間がほしいものです。時として頑張ってやっている仕事がはかどらないことがあります。そういう時は、どのようにあがいてもどうすることもできません。

そういう時は体は酷使されていて疲れているはずです。そうなると良いアイディアも浮かびません。そんな忙しい人に昼寝を勧めることは有益なことです。それが習慣として身につくと、昼寝後はきっと仕事UPは約束されたようなものです。

昼食後、5から30分を脳タイムの時間に充てるのです。場所や姿勢はどうでもよいのです。身体を少しの時間休ませるだけでよいのです。

 


目にも休みを与よう


目から入ってくる情報はあなたにとって非常に重要なものになります。目が疲れてくると明晰な頭脳といえども思考力を低下させたり、頭痛がしていると仕事に対する意欲までも奪ってしまいます。そうなるとPC画面とにらめっこも出来ません。

それを避けるためには、60分ごとに目を休める工夫が必要になります。目を閉じたり、遠くを眺めるようにしたり、眼球に運動を課すことも必要となります。

そして、蒸しタオルや時として冷たいタオルなどを瞼の上に当てると、目の疲れは一気に引いていくものです。

 


二日酔いは体からの警告


仕事が一段落したりすると打ち上げの飲み会などが行われることがあります。そうなると何やかやと理屈をつけて、我知らずハイになったりして深酔するかもしれません。

酒に飲まれたのは疲れていたためかも知れないし、歳のせいかも知れません。朝になって頭が痛いようであれば、それは立派な飲み過ぎで、酒を控えよという体からの警告を受けたことになります。

何はともあれ水分補給が鉄則になります。冷たい水やお茶、ビタミン類が摂れる飲み物をコップに入れて、ぐいっと一杯飲み干します。朝食は抜いてはいけません。消化のよいものを摂ります。植物性タンパク質や魚、牛乳を摂るように心がけていきます。

 


質のよい睡眠をとろう


人生の3分の1は睡眠時間に充てられています。その睡眠の取りかたが正しくないと、誰にとっても大きた問題になります。正しい睡眠は、十分に熟睡できた実感のある質の良い睡眠を、とることが出来たと実感できることです。熟睡を得るために心得ておくことがあります。

それは体をリラックスさせて眠る状態に導くことです。そのための工夫は、繰り返して続けていくことがキーポイントになります。眠るための工夫は、入浴や太陽の光を浴びることや、一日一回5分程度腹からの深呼吸を行うことや、目覚めの時間ではなくて、きちっとベットから抜け出す時間を決めて、毎日規則正しく実行する習慣をつけることが最も大切なことなのです。

 


仕事中はマメにガスを抜こう


仕事中はガス抜きをすることが大事なポイントになります。ガスが溜まるとストレスにすぐ結びついてしまうからです。ガスは短いインターバルで抜く場合と先を見越して抜いておくものがあります。

短いのものは体から訴えのある首筋の痛みや腰痛などです。先を見越したものは、あなたが抱え込んでいる仕事の一部を、他の人に任せることなのです。仕事中の息抜きは、あなたにとってとても重要な意味があります。

そのガス抜きを必要に応じてうまく利用していくのです。首や腰の痛みはすぐにでも解消しなければなりません。あなたが抱え込んでいる仕事の一部を他人に任せて身軽になり、次のステップを飛び越す必要があるからです。

 


週末はリフレッシュしよう


週末には仕事の事を一時忘れることが必要です。それは体に英気を取り戻す機会と捉えて、仕事から離れて体をいたわる習慣にするのです。仕事をする日とそうでない日を明確にさせます。

そうすると日々の暮らしにメリハリがつき、気分的に楽になって日頃のストレスも忘れることが出来ます。特別に多忙の日は例外として認めます。けれども普段は定めに従ってメリハリをつけます。

そうでない日は軽く体を動かしてリフレッシュさせます。普段あまり使わない体の筋肉をもみほぐして気分転換を試みていきます。散歩やジョギング、釣りやハイキングなども全身の疲れを取るのにはよい運動になります。

 


心の負担を軽くしよう


人は疲れてくると反応や思考力、それに注意力の低下が起こってきます。そして、仕事に対する作業量も低下してきます。そうなるとストレスやプレッシャーが重く心にのしかかってきます。

体にも疲れが溜まってきます。その兆候は、あなたの心がストレスやプレッシャーに負けないように頑張っているのですが、限界を感じているサインなのです。

それを改善する方法は、生活にメリハリをつけることで、早めに帰宅する曜日を設定したり、映画や演劇、テニスなどをやって厳しい仕事の場面から抜け出す現実逃避する時間を取り入れて、心の負担を軽くしてやる工夫をしていきます。

 

いかがでしたか。いつも元気にしている人でも疲れは感じるものです。

そいう時にするケアは、質の良い睡眠をとったり、ガス抜きをしたり、昼寝をとったりすることでストレスやプレッシャーを溜めない工夫をして対処できるものなのです。

あなたも日頃から生活にメリハリをつけて疲れを溜めないように頑張ってください。

 


まとめ


いつも元気一杯に見える人が疲れた時にしている7つのケア

・忙しい時こそ昼寝しよう
・目にも休みを与えよう
・二日酔いは体からの警告
・質のよい睡眠をとろう
・仕事中はマメにガスを抜こう
・週末はリフレッシュしよう
・心の負担を軽くしよう