復縁を促す為のメール作り。気を付けたい7つのポイント

復縁を促す為のメール作り。気を付けたい7つのポイント
いざ、「別れた恋人と復縁したい」と考えても、どのように行動を開始すれば良いのか分からない、と言った悩みをお持ちの方は多いですね。特に悩むのが最初のメールでしょう。最初の一歩をメールにする方は多いです。

手軽で、簡単に相手の反応を得られる便利なツールですからね。利用しない手はありません。しかし、いざ、復縁を望む相手にメールを送る段階になると、手が止まってしまう方が大半なのではないでしょうか。

それはある意味で正しい反応です。復縁を促すためのメール作りは非常に大切で、ここを間違えれば復縁はありえないと言っても過言ではありません。

しかし、逆に言うと、メールを上手く使えれば、復縁の可能性は一気に上がります。そこで、今回は復縁のメール作りの際の注意点をまとめました。ぜひ、ご参考になさってください。



 


復縁を促す為のメール作り。
気を付けたい7つのポイント

 


返信の催促はやめよう


まずは絶対にやってはいけない事からみていきましょう。復縁を急ぐあまり、事を急いでしまう方は多いです。しかし、拙速に動きすぎるのは失敗の元です。

復縁どころか、二度と連絡が取れない自体に陥ってしまうこともあります。ですので、注意が必要です。まず、第一にやってはいけない事は返信の催促です。メールを送ったものの、返信がないのは不安なものです。

そこで、返信を催促するわけですが、これの印象の悪さと言ったら言葉にはできません。復縁の望みはほぼ断たれると言っても過言ではありませんので、絶対にやめましょう。

 


好意の押し売りは避けよう


次に避けるべきなのは好意の押し売りです。元恋人相手に復縁を迫るのです、好意があるのはわかります。だからと言って一度別れた相手に、好意を必要以上に押し付けては避けられるのがオチです。

逆に考えましょう。一度は袂を分かった相手に執拗に迫られる姿を想像してみてください。こっちの話を意に介せずに付きまとう姿は、ストーカーか何かのように気味が悪いでしょう。

ここは押したり引いたりしながら駆け引きするのが吉です。好意の押し売りは絶対に避けましょう。相手への気持ちは、少しずつ伝えるのがベストです。

 


連続で送るのは絶対やめよう


相手の返信がない、自分の気持ちを少しでもたくさん伝えたい、気持ちは十分わかります。しかし、だからと言って、連続メールは止めましょう。

ふと、メールを見たら別れた相手から何件ものメールが来ていた…それが毎度のこととなれば、恐怖以外の何物でもないでしょう。少なくとも気味は悪いですね。恋愛とは相手がいてするものです。

ゆえに、相手を無視して行うメールは最悪の類に入るものなのです。どんなに返信が遅くても、必ず待ちましょう。それが復縁を望む者の気持ちの示し方と言うものです。

 


謝罪の言葉から送ろう


ここからは文面の内容について見ていきましょう。まずは、基本中の基本です。復縁を志し、連絡を取ることを決意したら、最初の文面は謝罪から入りましょう。色々、思う所はあるでしょう。

自分だけが悪いわけではない。相手にも非はあるはずだ。その気持ちは十二分に理解できるものではありますが、そのようなことを言っていても始まりません。復縁を迫る方が大人になりましょう。

まずは、あなたが頭を下げることで誠意を見せるのです。その上でお互いが頭を下げれば、万事うまくいくと言うものです。何事も初めに頭を下げた者が偉いですし、そうした方がスムースに進みます。

 


感謝の気持ちを伝えよう


謝罪の意を伝えた後は、感謝の気持ちを伝えましょう。感謝のメールを貰って腹が立つ人間などいません。「今までそのように思ってくれていたのか」と、感激する人の方が多いでしょう。

感謝の気持ちと言うのは改まって伝えることが無い分、こう言った機会に伝えることで効果は何倍にも発揮されるのです。相手に好印象を与えるメールとして、最大限に利用しましょう。

 


誕生日のお祝いメールを送ろう


メールを送る際、きっかけを求めている方は多いでしょう。「メールしたいけど、送る理由がない」「いきなり送って変に思われたくない」などと困っている方は多いですね。

そこで、復縁を願う期間に相手の誕生日がある場合は好都合です。誕生日のお祝いメールを送りましょう。きっかけ作りとしてはこれ以上無いものです。

特に大きな意味を持たせず、メールを送れるわけですからね。大いに利用しましょう。ここから、復縁のきっかけを作るわけですね。

 


忘れ物メールをきっかけにしよう


そうそう誕生日が復縁期間にあるものではありませんね。しかし、そのような方も心配には及びません。長く付き合っていれば、忘れ物の一つや二つはあるでしょう。

相手の部屋に置きっぱなしの物、借りっぱなしのもの…などなど。それらを返す、もしくは返してもらうメールを送ってきっかけを作るのです。

これまたさりげなく、他に大きな意味合いを持たせないのがポイントです。色々含めたくなる気持ちはわかりますが、ここは最初の一歩ですので、慎重にいきましょう。

 

いかがでしたか。復縁を促すためのメール作りのポイントはご理解いただけましたでしょうか。基本的には絶対にやってはいけないことと、送るべきことの二つです。これは必ずおさえておきましょう。

これができていなければ、復縁できるものもできませんからね。さらにテクニックとして、きっかけ作りのメールの送り方を覚えておくと良いでしょう。恋愛はいかに最初のきっかけを作るか、ですからね。

これは復縁を促す時も同じです。覚えておいて損はありません。後は相手の反応を見極めながら、慎重に言葉を選べば問題ないでしょう。きっと良い展開があなたを待っています。

 


まとめ


復縁を促す為のメール作り。気を付けたい7つのポイント

・返信の催促はやめよう
・好意の押し売りは避けよう
・連続で送るのは絶対やめよう
・謝罪の言葉から送ろう
・感謝の気持ちを伝えよう
・誕生日のお祝いメールを送ろう
・忘れ物メールをきっかけにしよう