勉強の仕方を伝授!!期末試験で成績が上がる6つの方法

勉強の仕方を伝授!!期末試験で成績が上がる6つの方法
学生にとって中間と期末の試験は大切な課題です。しかし正しい勉強の仕方を知らずに、テスト前になって闇雲に机に向かう学生が多いという現状は、いつの時代も変わりません。

成績アップを目標に、ただ机に向かったところで、簡単に成績はアップしません。そこで今回、試験前にお勧めの、成績アップにつながる賢い勉強法を伝授いたします。期末試験を控えて、急に焦りは感じているものの、どうやって勉強すればいいかわからない!という方は、以下の勉強の仕方を実践してみましょう。

普段遊んでいても、勉強の仕方さえしっかりとしていれば、いい成績を残せて親も本人も安心です。実際に、がり勉でなくともいい成績を残す要領のいい子も、学校にちらほらと見かけることでしょう。彼らのマル秘勉強法を盗み、あなたも勝ち組を目指してください。



 

勉強の仕方を伝授!!
期末試験で成績が上がる6つの方法

 

毎日、新聞を読もう


国語力は「読解力」によって高まります。毎日新聞を読む子と、そうでない子の文章の読解力には歴然とした差がつくと言われています。これは大人でも同じことが言えますよね。

毎日新聞を読み、日々のニュースを頭に入れることで、国語の読解力だけでなく、現代社会の勉強にも役立ちます。新聞は一石二鳥の勉強法なのです。しかも、「期末テスト」や「高校・大学受験」という短いスパンの目標を通り越して、人生すべてに役立つ情報が詰め込まれているのが新聞です。

毎日新聞を読んでいると、自然に社会情勢に敏感になります。簡単で今すぐにでも始められる勉強の仕方として、新聞購読をお勧めします。

 

英語は長文をまるまる記憶する


試験前の英語の勉強の仕方は、一番の悩みどころです。多くの学生は単語を詰め込もうと、単語帳の暗記に必死になります。しかし闇雲に英単語を詰め込む勉強法はお勧めできません。英単語をたくさん覚えたいのであれば、文章の中に単語をちりばめて、まとめて覚える方がずっと頭に残るからです。

長文一つをまるまる覚えるのです。暗記できるくらい何度も同じ長文を読み、意味も覚えるのです。そうすれば、その中に含まれている単語も熟語も、その文章を使う状況もわかるからです。試験のためにも役立つ上に、旅行先の実践でも役に立つ英語の勉強の仕方です。

 

数学はひたすら数をこなす


期末テストの勉強の仕方がわからないと悩む人の多くは、数学が苦手と推測できます。数学や化学、物理が得意な人であれば試験勉強に悩むことも少ないからです。そもそも数学や物理が難しすぎて勉強嫌いになるが多いのです。試験勉強の一番の難関が、数学や物理だと言っても過言ではありません。

そんな数学の勉強の仕方はいたってシンプルです。「ひたすら数をこなす」ということに限ります。数をこなして数学の問題に慣れていくのです。解き方のコツが、ふとわかる瞬間が来るまで、あらゆる問題集をこなして問題に慣れてください。

 

睡眠をしっかりと取る


試験のための勉強の仕方を模索し、頑張っている人にありがちなのが「睡眠不足」です。睡眠時間を削ってまで勉強しようという心意気は買います。しかし「睡眠」は、覚えた勉強内容を頭の中に定着させるために必要なステップです。睡眠不足だと、覚えたはずの英単語も脳内に定着せずに忘れてしまうのです。

頑張って勉強して色々と覚えたならば、「睡眠」行為によってしっかりと記憶することが大切です。試験でいい点を取りたいと願うのならば、勉強後の睡眠はしっかりと取るべきなのです。徹夜で勉強するという間違った方法をとらないように気を付けてくださいね。

 

教科書の見直しをしっかりとする


中間試験も期末試験も、学校で行われる試験ならば必ず教科書の範囲内で出題されますよね。一番いい勉強の仕方は、しっかりと教科書の内容を頭に入れることです。順序正しく試験範囲を洗いなおせば、試験に必要な情報が頭に入るはずです。

本屋に行って高い参考書を買い、高額な塾に通ったところで教科書の内容を知らなければいい点数は取れません。また、試験範囲が発表される前からでも、教科書の予習復習をしっかりとしておけば、どの箇所が出題されても試験直前に慌てることはありません。新たな参考書を買うよりも、教科書の見直しをする方がよほど有意義な勉強の仕方なのです。

 

間違えた問題を繰り返し解く


試験の勉強の仕方がわからない人にありがちなのですが、間違えた問題を理解せずにわからないままにしておくのです。それではいつまでたっても苦手問題の理解ができません。わからない問題を放置せずに、繰り返し解くことを、理解できるまで続けるべきです。

 

さて、期末試験で成績を上げるための勉強の仕方を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。勉強の仕方の好みは個人差があり、自分に合う勉強方法を個々で模索していく必要はあります。しかしどんな人でも上記に紹介した6つの勉強法さえおさえておけば、今までのように試験前になって急に慌てることなく、いつもよりも平均点が上がるのです。

新聞を読むことや、質のいい睡眠をとることや、試験前でなくとも教科書をしっかりと読み込むことなどは、続けていくことで大幅な点数アップにつながります。それどころか、目先の試験だけでなく、その先の大学や就職さえも視野に入れた長い目での勉強法としても、これらはとても有益なのです。

試験前に慌てることが二度となくなるよう、上に紹介した6つの勉強を是非お試しください。

 

まとめ

期末試験で成績が上がる6つの方法とは?

・毎日、新聞を読もう
・英語は長文をまるまる記憶して、中に含まれている単語も熟語も一気に覚える
・数学はひたすら数をこなして問題に慣れる
・睡眠をしっかりと取り、覚えた内容を脳内に定着させる
・普段から教科書の見直しをしっかりとする
・間違えた問題を放置せずに、わかるようになるまで繰り返し解く