魅力的な話し方をマスターして超モテる為の7つのステップ

魅力的な話し方をマスターして超モテる為の7つのステップ
「モテたい!」これはいつの時代も共通してある人間の素直な欲求です。女の子をころっといかせるような接し方ができたらな~なんて考えている男性諸君も多いのでは。モテるためには色々な要素が必要です。洋服だったり、髪型などの外見的要素から、性格などの内面的要素が備わっている事が大切です。すべてが備わるのはむつかしいもの。

そこで今回は「話し方」に注目します。「話し方」一つで相手に与える印象は本当に変わってくるものです。魅力的な話し方ってどうしたらできるのか?今から同性にも仕事にも活かせる話し方のテクニックをお伝えします。




魅力的な話し方をマスターして
超モテる為の7つのステップ

 


魅力的な話し方をしてる人とは誰かを考える

 

そもそも、魅力的な話し方とはどんな話し方をいうのでしょうか。あなたがぱっと想像したときにどんな人の話し方に魅力を感じますか。

良く言われるのは福山雅治さん。その男らしい低い声と落ち着いた話し方が魅力的だと答える女性は多いようです。それぞれのタイプはありますが、まず周りで話し方がとても魅力的だなぁと感じる人をイメージできると良いでしょう。

 


唇の力を抜かないで話す

 

魅力的な話し方をする人におそらく共通することとして「滑舌がいい」ということがあげられます。良い声だけど、何を言っているかよく聞き取れない、なんて人がいたら魅力的に感じることはないでしょう。

言葉一つ一つがしっかり届くような話し方をすることが魅力的な話し方をする一歩目かもしれません。そしてそれを実現するためには、話しをするときに、すこし唇に力をいれて話すのがポイントです。唇に力がはいると自然とくちが少し大きく開き、滑舌よく話すことが出来ます。

 


ゆっくりすぎるくらい、ゆっくり話す

 

魅力的な話し方をしている人の特徴として、話すのがとてもゆっくりで落ち着いて感じるということがあります。せかせかして早口な話し方を見て、「まぁステキ!」とならないのは少し想像してもらえたらわかると思います。

滑舌良く、焦らずにゆっくり話すことを心がけます。このときにちょっとおおげさじゃない?と思うくらいゆ~っくりと話すくらいでもちょうどいいです。相手の様子を見ながら落ち着いた雰囲気を出せるように話をしましょう。

 


間を意識する

 

ゆっくりと言ったって、つい話が早くなってしまう人…という人には間を意識することをオススメします。一つ一つの話に間をとりましょう。ばぁーっと話をしてしまったとしても、ふっと間を作ってあげることで相手は話を整理することが出来ますし、何か話したいことがあるときにその合間に入り込むことができます。

これが矢継ぎ早に次から次へと話題が続くと、相手もインプットばかりで疲れてしまいます。話し終わったあとに「あ~疲れた」なんてコト言われたら、ショックですよね。魅力的な話し方になるように間をうまく使って話ができるようになりましょう。

 


多くを話しすぎない

 

魅力的な話し方ってなんだろう、という話しの中で逆説的なのですがあんまり多くのことを話しすぎないということも大切です。

「沈黙は金」というくらいですから、やはり言葉少ない人は昔から魅力的であるという認識はどうやらあるようです。そもそも、人は誰もが自分の話を聞いてもらいたい、と思っているものです。

なので一方的にずっと話をされるよりも、たまに話を降ってくれたり、聞いてくれたりすると安心感があって楽しいコミュニケーションが実現するわけです。魅力的な話し方をしよう!と意気込んで相手の反応を見ないでひたすら話し続けていてもあなたの印象がよくなることはあまりないでしょう。

 


女の子と話すときは、横並びで自分が左側になるように座る

 

これは裏技でもあるのですが、デートなどでカウンター席に横並びで座るとき、女性の右側に座るとよいとされています。人間の顔は右側と左側でそれぞれ左右の脳の影響をうけているそう。

左側の顔のほうが右脳の影響を受けて表情豊かで感情が出やすいと言われています。心理学的にも右側の人に頼りたいという気持ちになることが多いそう。もし思い出したらぜひ試してみて下さい。

 


にこやかに話す

 

人間は相手の印象の7割を視覚情報から得ると言われています。つまりあなたがいくらゆっくりと間をあけて落ち着いて話しをしていても、目が泳いでいたり、しかめ面をしていたりしたらそれはもう台無しです。

相手が心地よいと感じられるように笑顔を絶やさず、表情豊かに相手と話をするこはとても大切なことです。笑顔を見るとついつられて笑顔になってしまうというような経験をみなさんもしたことがあると思いますが、にこやかにコミュニケーションをとっている人を悪く思う方な人はいません。

 


以上、魅力的な話し方をする人をまとめてみました。細かい方法はたくさんありますが、大切なのは一緒に過ごす相手に「心地良い時間を過ごしてほしい」と心から思えることではないでしょうか。

そこに意識が向いていれば自ずとあなたの話し方にも変化があるはずです。「この人と話しているとなんだか心地よいなぁ~」という感想をもらうために出来ることを考えて、実践してみましょう。

 


まとめ

魅力的な話し方をマスターして超モテる為の7つの考え方

・魅力的な話し方とは何かを考える
・唇の力を抜かないで話す
・女の子と話すときは、横並びで自分が左側になるように座る
・ゆっくりすぎるくらい、ゆっくり話す
・多くを話しすぎない
・間を意識する
・にこやかに話す