うつ症状の家族に対する接し方、言葉のかけ方

うつ症状の家族に対する接し方、言葉のかけ方
うつの症状というのは、意欲が著しく減衰して何をするにも憂うつな気分になる精神的症状を言います。この精神的な症状が発展すると頭痛やめまい、吐き気などの症状がでてきたり、自殺願望に発展することもあります。うつ症状というのは、真面目な人や責任感が強い人に多く現れる傾向があります。

と言うのも、うつ症状は、理性をつかさどる脳と意欲をコントロールする心のパワーバランスが崩れてしまうことが要因になっているためです。頭ではこうしなくてはいけないと強く思う一方で心がそれに追いつかず、人間が生きる上で必要な意欲が機能しなくなってしまうのです。

家族がうつ症状になったら、接し方や言葉のかけ方に十分注意する必要がありますよね。そこで、うつ症状の家族に対する最適な接し方について6つのポイントをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ストレスで病気になりそうな時に必要な7つの対処策

ストレスで病気になりそうな時に必要な7つの対処策
仕事でのストレス、人間関係でのストレスなど、現代では、あらゆるストレスが体調を悪化させ、病気になってしまっているとう事実が認識されつつあります。

それでも、ストレスというものがどのように溜まって、どのように病気になってしまうかは、目に見えないため判断が難しいところです。とは言え、ストレスが溜まりすぎると病気になってしまうことは確実。体調が悪くなるだけでなく、精神面にも影響して日常生活に戻れなくなってしまうこともあります。

そこで、ストレスで病気になりそうだと気付いた時に、すぐに試しておきたい7つの対処策をお伝えします。ストレスが原因で何かあったとき、周囲は本人の大変さも知らずに、「弱い人」扱いしてしまうことだってあるでしょう。そんなことにならない為に、自身でしっかり確実な予防策を練っておきましょう。

[ →続きを読む… ]

ストレスで病気になる前に、自分でできる5つの対策

ストレスで病気になる前に、自分でできる5つの対策
なにかとストレスの多い現代社会では「ストレスの溜めすぎで病気になった」という人が少なくありません。「ストレスの溜めすぎで病気になるってどういうこと?」と不思議に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ストレスを溜めることで鬱などの心の病気になったり、自律神経が乱れて体調を崩したりと様々な弊害があります。

また、そのような病気になってしまうと、ただストレスを解消すればいいという単純な話ではなくなってきます。社会復帰するまでに多くの時間と労力が必要となるのです。そのため、ストレスを溜めて病気にならないようにすることがとても重要となってきます。

今回はストレスで病気にならない、自分でできる対策を5つお伝えいたします。

[ →続きを読む… ]

精神病診断テスト☆自分でできる6つのチェック項目

精神病診断テスト☆自分でできる6つのチェック項目
精神病という言葉を聞くことも、今ではさほど珍しくなくなりました。また、昔ほど偏見も少なくなったでしょう。それほど、今は精神病と診断される人が多くなりました。人は誰だって自分は健康だ、健康でありたいと願うものです。少なくとも病気になりたいと願う人はそういないでしょう。しかし、健康でいたいと願っても様々なストレスにより、精神病と診断されてしまう人がいます。

精神病は昔よりは偏見がなくなったとはいえ、やはり気にする方が多いことも事実です。また、精神科やカウンセリングに行かなくてはいけないということを重く受け止め、なかなか足を運べない人もいるでしょう。簡単でもいいので、自分が精神病かどうか診断できればいいのにと考える人も少なくありません。

そこで、今回は精神病の診断ができる6つのチェック項目を解説します。簡単ではありますが、ぜひチェックしてください。

[ →続きを読む… ]

うつの人に効果的な6つのストレス発散術!!

うつの人に効果的な6つのストレス発散術!!
心にモヤモヤを頻繁に感じたらそれはうつかもしれません。突然感情が抑えられなくなったりして自分が変だと感じたらどうかすぐに周りの人に相談してください。人に言うことは難しいかもしれませんが、それこそがあなたの心に無理をかけているのです。

そして心療内科などで見てもらいましょう。もしうつの診断をされたら人はみな戸惑うものです。しかし早めの発見で治療もできるし回復もできるのがうつです。一人で悩む必要はないのです。しかし治療をしていても心は不安になりがち。そんなときにできるうつに効くストレスを発散できる方法があります。

ここにお伝えするものは、毎日少しの心がけで楽になるものばかりです。うつに限らずストレスを発散することは大切ですので、今日からぜひ試してください。

[ →続きを読む… ]