老後を楽しく過ごすために、今からやっておくべきこと

老後を楽しく過ごすために、今からやっておくべきこと
老後といえども定年後の60代は、まだまだ元気です。健康に関しても小さい心配事があれど、日頃のケアや体力維持などをすれば、何をするにも十分な集中力が発揮される年齢。最近では年金の受給年齢も上がってしまったため、定年した後も嘱託やアルバイトなどで日数を減らしながらも少しずつ仕事をしているという方も増えているのではないでしょうか。

つい先日までバリバリと働いていたのだから、急に定年だからと言って、今まで仕事に費やしてきた時間が全て自分のものになるには違和感を感じてしまいますよね。体力的にも若い頃のようにはいかないわけですから、集中力も続かなくなってしまうかも。

そこで、老後は負担の少ないアルバイトなどをしつつ、どのように楽しく、無理なく過ごせるかをじっくり考えて準備しておきましょう。

[ 続きを読む… ]

老後難民にならないために、今からできる7つのこと

老後難民にならないために、今からできる7つのこと
老後難民という言葉が日常的に聞かれるようになったのは、ここ数年の事です。というのも、老後難民の増加が社会問題になるほどの深刻さを増したためでしょう。

老後難民とは、老後に十分な資金がなく、生活を支えられなくなり困窮する高齢者を指します。中には家や土地を売らざるを得なくなり、苦しい末路をたどる人も。苦労して時代を築き上げてきても、年金は足らず医療費の自己負担も増える一方。働く術を持たない老人に対しても、国は容赦なく取るものを取ります。

現在老後難民は増える一方どころか、50代60代の現状を鑑みても、今後老後難民は急増するのではないかとの懸念がされています。政策をあてにするには政治家に対する不信感が募る今の時代、老後難民にならないためには自分自身で予防策を打ち出すしかありません。

以下に老後難民にならないために出来ることを挙げてみたので、参考にして下さい。

[ 続きを読む… ]

独身なので老後が不安、そんなあなたへ6つの対応策

独身なので老後が不安、そんなあなたへ6つの対応策
独身になる理由はいろいろありますが、どんなケースであれ心配になるのが老後の人生設計。年老いてからもしっかり暮らしていけるのか、最期は誰が看取ってくれるのかなど疑問を挙げていったらきりがありません。考えているだけで不安で、うつうつとした気分になってしまう人もいるでしょう。

でも、ただ不安に思うだけでなく、独身であっても老後を快適に過ごすための計画を立て始めなければなりません。考えるのさえいやかもしれませんが、いつまでも目をそむけているわけにもいきませんよね。いつかはきちんと向き合い、自分のために動き出さなければならないのです。

全ては自分が年老いてからも楽しくいきいきと暮らすため。そう考えれば人生に目的ができ、ハリを持って生活できますよね。考えようによっては準備そのものも特に大変ではないので、自分色の人生設計と合わせて楽しく向き合っていきましょう。では、老後のための対応策を6つお伝えします。

[ 続きを読む… ]

将来の不安がなくなる6つの生活術とは?

将来の不安がなくなる6つの生活術とは?
現代人は経済の不安定な中、将来への不安を抱えている人が多いと言われています。それもそのはず。アベノミクスと謳ってみたものの、景気は一向に上向きにならず、私たちの税金は政府の投資で数兆円が闇に消えているのです。

信用できない政治家に、私たちの未来の命運は握られている。それが現代人を不安にさせる一番の原因です。しかし政治の改革は容易ではありません。永田町の闇は深く、私たちが生きている間に膿が一掃されるかどうかもわかりません。

そこで将来を不安に感じないために、一番大切なものは「お金」となってしまうのです。スウェーデンのように、老人が社会保障の上で幸せに暮らせる環境にない日本では、年金不足の貧困生活の上の孤独死が容易に予想できます。それを回避するためにはどうすればいいか、以下にお伝えしていくので、参考にしてください。

[ 続きを読む… ]