ダイエットの目標設定の定め方によって痩せやすくなる理由

ダイエットの目標設定の定め方によって痩せやすくなる理由

ダイエット本番の季節がやってきました!冬の間に蓄えてしまった脂肪を、夏が始まるまえに何とかしたいあなた、正しいダイエット法を知っていますか?

ダイエット=痩せると言う考えはリバウンドのもと。ダイエットには正しい目標設定が必要です。やみくもにモデルの誰かと同じ体重になりたい!と目指すのはNG。自分が綺麗に見える、健康的な生活を送るのに最適な体重を目指しましょう。自分で納得出来る目標設定を定めた方が、ダイエットは成功しやすくなるのです。

今回は、ダイエットの目標設定の定め方によって痩せやすくなる理由についてご紹介しましょう。



 


ダイエットの目標設定の定め方によって
痩せやすくなる理由

 


まずはいつまでに目標を達成するか期間を決めよう


痩せたい!あと〜キロ痩せたい!と思っているのなら、その夢を現実にすべく、達成期間を設定しましょう。ただ痩せたい!とやみくもに食事制限をしたり、激しい運動を繰り返していると、ある日突然ブレーキが壊れます。

我慢ができなくなってリバウンドするようなダイエットは時間の無駄です。ダイエットする場合、きちんと「○月○日までに5キロ痩せる」というような目標を設定しましょう。

ゴールがあるから、辛い減量も我慢できるのです。あと何日、と思うから頑張れるのです。ダイエットは目の前に人参をぶら下げながら行って下さい。

 


無理しないで体重を落とそう


1週間でマイナス7キロ♡なんていう広告記事に踊らされてはいけません。1週間で7キロ痩せた後、10日で10キロ太りました、というオチがあるかもしれないのです。

目標設定を決め、ダイエットは無理無く行うのがポイントです。いきなりドカッと体重が落ちると、女性は眩暈や立ちくらみなど、身体に負担が強いられます。

よくダイエットしていたら生理が来なくなった…。という話を聞きませんか?ダイエットは自分が思っているよりも危険な行為です。身体のエネルギーが遮断され、今まで入って来た栄養素が減少すると、身体は一番重要な心臓機能を優先します。その結果筋肉や血液を活発に生産する事を止めてしまうのです。

ダイエットする時は、無理は禁物。計画をたててゆっくりと体重を落としていきましょう。

 


生活習慣を見直そう


そもそも太った原因は分かっていますか?深夜すぎての飲食、コンビニについ寄ってしまう生活習慣、食後の別腹のデザート…。ダイエット中は我慢しても、生活習慣が乱れているとまた元の体重に戻りやすくなります。

痩せた身体を維持したいなら、生活習慣を見直しましょう。会社帰りにコンビ二に寄る習慣は、余計な買い物をしがちです。友達からのお誘いを断れない優柔不断な性格は、深夜までの飲み会を断れずにリバウンドしやすくなるでしょう。

ダイエットは脂肪を断つだけではありません。あらゆる自分を駄目にする事柄と、きっぱり決別する行為です。

駄目な自分とさようなら。美しくて他人の意見に流されない自分に生まれ変わりましょう。

 


ライバルを設定しよう


あなたの周りに必ずいるはずです。あなたとそんなに容姿は代わらないのに、なぜか女子力が高くてモテモテの女子…。

ダイエットの目的は痩せる事、でも痩せる=綺麗になる=モテたい!ではありませんか?体重ばかりに目がくらんで、最終目標を忘れてはいけません。

ダイエット成功の秘訣は目標設定にありますが、ついでにライバルも設定して、それよりも魅力的な女性になる!と心に誓うと、モチベーションも上がります。メラメラとやる気も燃焼するハズ。その勢いで脂肪も燃やし、スレンダーな美女を目指して下さい。

 


具体的な目標を立てよう


期日を設定してダイエットをするのも効果がありますが、「今度の同窓会までにあと3キロ」とか、「5キロ痩せたらプラダのワンピースを買う!」といった具体的な目標を持つとやる気がでます。

人間は本来怠けモノ。苦労や苦しい事をするのは苦手です。でもあえてそれに挑戦するのはとっておきのご褒美が待っているから。痩せて綺麗になったねと言われたい、素敵なワンピースを買ってデートに行きたい、そんな目標があればこそ、その一口を諦めて箸をおけるのです。

なるべくワクワクドキドキするような目標を設定して頑張りましょう!

 


完璧を目指さないようにしよう


どんなに痩せてダイエットに成功しても、テレビに出てくるタレントさんの様にはなれません。ダイエットは完璧を目指すのは危険です。もっと、もっと綺麗になりたい、痩せたいと思っていると、若い女性は特に拒食症になりやすくなってしまいます。

日本の女性に栄養失調が多いのをご存知ですか?国連のある調査機関によると、日本の若い女性が1日に食べるカロリー量は、アフリカの飢餓に悩む人たちとほぼ同じ位だとか。食べたくてもたべられない人と同じカロリーしかあえて取らないなんて、ちょっと考えさせられますよね。

ダイエットは適正体重を設定し、それを維持させるのが正しいやり方です。タレントやモデルのような体型を目指して無理をするのは止めた方がいいでしょう。

 


リバウンドを想定しておこう


ダイエットは必ず少しはリバウンドしてしまうと想定しておきましょう。真面目にやっていても、ダイエット停滞期は訪れます。食べてなくても、ある時期、体重が増えてしまう事もあるのです。

人間の身体はとても複雑です。自分の意志とは関係なく心臓も内臓も動いています。多分自分がどんなに痩せたいと努力したとしても、身体がそれを拒否する事もあるのかもしれません。

ダイエットは計画通りにいくと考えるのはやめましょう。ある程度リバウンドを想定しておくと、落ち着いてダイエットを続ける事ができます。

 

いかがですか。業界の方いわく、ダイエットと薄毛治療の分野は景気不景気関係なく儲かるといいます。

そういえば、次から次へとダイエット情報やサプリメントが宣伝されていますよね。そんな広告に踊らされて、間違ったダイエットをしないように気をつけて下さい。ダイエットはきちんと目標を設定し、無理なく行えば痩せる事はできます。まずは今夜の夕食から、まずはお替わりは禁止、という目標を立てて、頑張りましょう!

 


まとめ


ダイエットの目標設定の定め方によって痩せやすくなる理由

.まずはいつまでに目標を達成するか期間を決めよう
.無理しないで体重を落とそう
.生活習慣を見直そう
.ライバルを設定しよう
.具体的な目標を立てよう
.完璧を目指さないようにしよう
.リバウンドを想定しておこう