自分を変える方法!目標をイメージングする5つのコツ

自分を変える方法!目標をイメージングする5つのコツ
今回は、自分を変える方法についてお届けします。やってみたいこと、叶えたいことは色々あるけれど、いざ実行してみようとすると、何をどうしたらいいのか、どのように自分を変える努力をしていけばいいのか、わからなくなってしまい、数ヶ月もすると元の自分に戻ってしまうこと、よくあるのではないでしょうか?

勉強やダイエット、仕事上での達成目標など、身近で小さな目標から、何十年後の将来の大きな目標のために、まずは自分を変える努力をして、あなたの目標を実現可能なものへと変えてしまいましょう。

自分を変えるには、具体的に目標をイメージし、日常的に努力を積み重ねる工夫が必要です。そのイメージが具体的で、計画的な程、上手くいくもの。ここでは、自分を変えるために、目標をイメージングする5つのコツをお伝えします。



 

自分を変える方法!
目標をイメージングする5つのコツ

 

目標設定は、まずゴールを決めて、逆算して計画を立てること


目標=ゴールなので、ゴールを決めるのはとても簡単。

では、なぜ簡単に決められたゴールに近づけないのか?それは、ゴール設定が大雑把で、段階的に認識できないから。目標を叶えたいのなら、細かい計画が必要です。そこで大切なのが、逆算。いつまでに何を達成するかを明確に決めておくことで、締め切り感も得られるため、より目標に向かって努力しやすい環境になります。

自分を変える第一歩は、逆算して目標を決めることから始めましょう

 

細かい目標などは、手帳に書きとめてマメに目に入るようにしましょう


自分を変えるためのステップとして、逆算して決めた目標に近づくために、毎月のノルマを手帳などに記入して、常に意識できるようにしておきましょう。もし、急な都合により 延びてしまっても、手帳に書いておけば、翌月に繰り越すことができます。

クリアできた目標は横線を引いて一つずつ消していけば、毎月達成感を感じることもでき、ノルマをこなすことも楽しくなってきます。一つポイントとしたいのが、月ごとの目標はギッシリ詰めない事。何かを成し遂げるにはある程度時間を書けることも必要。すぐに叶えられるような力があれば、目標設定なんて不要です。

少しの積み重ねで着実に目標に近づけるために、継続しやすい6割程度の予定を書き込んでおきましょう。

 

お手本になる人を身近において、その存在から励まされましょう


目標にむかって自分を変える努力をしている時間と言うのは、とても孤独なもの。壁にぶつかってしまったり、エネルギー切れしてしまったときなども、自分ひとりで立ち直らなければいけません。

そんな時のために、自分にとってお手本となる存在を身近に置きましょう。お手本を観察しつつ、辛い時や孤独な時に、どんな様子で耐えているかをしっかり学び、自分の力にかえましょう。

人は辛い感情などは隠して生きるものですが、人間だれしもいいときばかりではありません。注意深くみていれば、我慢している姿や困難に立ち向かっている姿に気がつくことができます。人から学ぶ事は何でも学んで、しっかり目標に近づきましょう。

 

客観的な見方を身につけ、自分と目標を見つめなおしましょう


目標を決めた時というのは、気持ちが高揚して、エネルギーに溢れているもの。しかし、それは冷静な判断だったのでしょうか?

自分を変える目標のイメージや、それに対した計画を立てるには、客観的な判断が必要。客観的になれなければ、その努力が目標に対して正しいものなのかどうか、わかりません。気分だけでイメージしたものは、自分の意識に対する根拠も無いため、本当に必要な目標ではない可能性もあります。

客観性を身につけるために、物事を多面的に考えたり、整理するクセをつけるようにしましょう。

 

今の自分を大切にして、目標をイメージしましょう


目標というものは、常に大きく考えすぎてしまうもの。自分を変えるんだ!と、夢を見るのもいいですが、自分の身の丈に合ったものが大切。

まずは、今の自分でも実現可能な目標を設定して、少しずつ大きな目標に近づけていきましょう。自分の性格や好みと全く違うものを想像しても、努力が空回りしてしまいがち。自分の良いところ、人より抜きに出ている部分を改めて実感するところから目標イメージングを始めると良いかもしれません。

自分の強みを生かして、その部分を広げることで、いろいろな可能性も広がります。キラキラしている人というのは、自分らしさを失わない人。個性を磨くことも自分を変えるエッセンスになります。

 

いかがでしたでしょうか。自分を変えることは、実はとても難しいこと。自分を変えよう変えようとがむしゃらに努力を積み重ねていくのですが、その努力が上手くいくと、逆に自分らしさに磨きをかけ、輝きを増すことになります。

そんな目標イメージングには、念密な計画や、冷静な状況判断が必要です。小さな努力も決してないがしろにせず、自分を推し進めてくれる一つ一つのステップとして捉えましょう。また、頑張っている人には必ず応援してくれる人が現れるもの。最初は孤独かもしれませんが、努力を続けていく中で、頑張れる環境に感謝し日々を過ごしましょう。

途中でどんな壁にぶつかっても、目標設定や計画がしっかり練られていればちょっとした失敗にも対応できたり、方向修正も可能です。努力した得たものは決して無駄にはなりません。今日からでも自分を変えるための目標について、考えてみましょう。

 

まとめ

自分を変える方法!目標をイメージングする5つのコツ

・目標設定は、まずゴールを決めて、逆算して計画を立てること
・細かい目標などは、手帳に書きとめてマメに目に入るようにしましょう
・お手本になる人を身近において、その存在から励まされましょう
・客観的な見方を身につけ、自分と目標を見つめなおしましょう
・今の自分を大切にして、目標をイメージしましょう