失恋が辛い時に陥りやすいストレス過食を避けるコツ

失恋が辛い時に陥りやすいストレス過食を避けるコツ

恋人同士は、ハッピーな時間を共有します。そして、その関係が破綻してしまうと、心は大きなストレスに晒されます。ストレスを過剰に溜めるのは体によくありません。その心の痛みから逃避しょうとします。

その無意識な行為は過食となっていきます。しかし、失恋する全ての人に過食は見られません。そこには何かしらの抑止力が働きます。抑止する方法を知れば、あなたは過食に陥らないことになります。

この項では、失恋で被るストレスを上手に発散することなどを述べてみたいと思います。さて、これ以降、失恋が辛い時に陥りやすいストレス過食を避けるコツを、あなたとご一緒に見て参りましょう。



 


失恋が辛い時に陥りやすい
ストレス過食を避けるコツ

 


声に出して泣きじゃくってみよう


失恋はとても辛いものです。別れのショックは耐え難いものです。あなたの全身の活力は、一瞬にスパークしてストップします。あなたの呼吸する音さえも耳にできる放心状態です。さて、どうしょうか。

あなたの麻痺した頭脳は、そのことにさえも考えつきません。そこで、あなたに出来ることは一つしかありません。とにかく泣くことです。その場で泣くか、カラオケボックスの中で誰はばからずに大泣きしてみましょう。

そしてまた、休暇をとって傷心旅行に出かけてみます。そして、失恋のショックが癒えるまでの間は、一人になって徹底して泣きじゃくります。そうすることで、ストレスは軽減されて過食に向かうことはありません。

 


太陽の光を浴びてみよう


失恋の痛手は体を消耗させます。しかし、そのエネルギーはきちんとした食事から補えます。辛い傷ついた心は、歳月をかけて修復されていきます。自然界の全エネルギーの源は、太陽がもたらしてくれます。

光を浴びて、わたしたちの体は維持されます。失恋のショックは、眼前の風景を暗転させて、脳細胞も麻痺させました。そこで、あなたの脳中枢にカウンターショック様の強烈エネルギーを照射すべきです。

それは現実的ではありません。麻痺した脳細胞をリセットする方法は、太陽の光を毎日きちんと浴びることで、自律神経は正しいリズムを刻みます。そうすることであなたの身も心も平静さを維持していけます。

 


思い出の品を片づけてみよう


好きだった人との別れは辛いものです。まして失恋に繋がる品物は、目にするたびに楽しかったことばかりが蘇ります。今はその思い出を忘れることにします。思い出の一部は、目に付かない場所に収納しました。

それ以外の品物は思い切って廃棄処分しました。そうすることで、辛い恋への決別の意志表示をしてみます。そして、それに合わせていくように、自分自身の気持ちや容姿などをイメージチェンジしていきます。

髪を短くしたり染めたり、アクセサリーやネイルやメイクにも、シルバー調の風水を取り入れようと計画を練っていきます。その結果、気が紛れていて無意識に食べ過ぎてしまうこともありません。

 


軽い運動や呼吸を整えてみよう


失恋を癒やすのは時を必要とします。別れた人のことは何かと思い出されます。そういうときは身体を動かします。そして、いらぬ気を使う心を別のところに導きます。心の動きは体にも反映されます。

失恋で辛いショックを受けた心は、痛手を被っています。運動することで、心と体を健全な状態にリセットさせます。けれども無理は禁物です。体を温めて清い汗を発散させることが目的です。

体の調子を整えるために、深呼吸を取り入れた腹式呼吸をすることもよいことです。息を吐き出していくことに重点を置きます。すると、身も心も落ち着きます。体調も改善して過食に走ることもなくなります。

 


本来の自分を見直してみよう


楽しい恋愛時代は少しほろ苦かったかな、という程度になりました。失恋して自分の恋愛気質を知りました。真面目で評判はよい方でした。恋人との口喧嘩の際に、我知らずに辛辣な言葉を発していました。

恋人は相当にショックを受けていました。わたしは喉の奥につかえていたものが取り除かれて、スッキリしたのです。そして、その恋はお仕舞になってしまいました。あまり楽しい思い出は無いように思います。

しかし、やけ食いは意地でもしませんでした。むしろ気持ちはサバサバして、ストレッチをしたりスイミングスクールに通ったりして、思う存分汗をかきました。今は自分の本来の気質を知ってよかったと思っています。

 


新しいことを始めてみよう


恋人との別れは大きな痛手です。失恋の傷が癒えてくると、心と体は活力に自然と満ちてきます。あなたは失恋によって成長しました。失恋したことで、その経験値を身に付けたからです。

その反面、恋人を失いその思い出も失って、心の中に隙間ができました。そこで、新たな行動を起こすことで隙間を埋めていきます。英会話や料理教室に通ったりして、新しい出会いを始めて埋めていきます。

人は誰しも多様な辛い経験を乗り越えてきています。そして、一段と心も鍛えられていきます。あなたは、この失恋から多くを学びました。もう昔のあなたではありません。自信を持って前に進んでいきましょう。

 


「ありがとう」と言って接してみよう


過ぎた辛い思い出は、忘れたいものです。それには時が解決してくれます。そして、自分の気持ちは無意識にでもポジテイブな方向へ誘導していきます。そうすることで心は平静さを取り戻していきます。

辛いときに、無理をしてまでも、微笑みや笑顔を見せて、「ありがとう」と言ってみます。それを反復することで、心はそのような状態なのだと認識していきます。失恋には理由があります。相手が悪い。

こちらに非があった。しかし、暴飲暴食は思い留まります。楽しかったあの瞬間は戻りません。忘れましょう。そして、「ありがとう」と言って笑顔を見せて前に進んでいきましょう。

 

いかがでしたか。失恋をいつまでも悔やんでいては、貴重な青春時代を無駄にしてしまいます。失恋は忘れることです。早ければ、新しい出会いの機会も早まります。あなたは、過食を避ける術を理解しました。

多くの人は辛い失恋を繰り返しながら成長します。やがて、あなたにも相応しいお相手が現れます。そこではもはや、高望みなどのない無心の愛を育てましょう。恋の兆しは一瞬で訪れるものです。

恋のキューピットは気まぐれです。恋人候補は誰でもなりうるものです。さて、失恋が辛い時に陥りやすいストレス過食を避けるコツを、ご一緒に見て参りました。このページがあなたのお役に立つことを願っています。

 


まとめ


失恋が辛い時に陥りやすいストレス過食を避けるコツ

・声に出して泣きじゃくってみよう
・太陽の光を浴びてみよう
・思い出の品を片づけてみよう
・軽い運動や呼吸を整えてみよう
・本来の自分を見直してみよう
・新しいことを始めてみよう
・「ありがとう」と言って接してみよう