恋愛心理学で分かる、視線から読み解く相手の気持ち!

恋愛心理学で分かる、視線から読み解く相手の気持ち!
恋愛心理学では、相手の話し方や行動、さらには視線の動き方からでさえも相手への気持ちがわかります。視線の動きというものは、一見気づかないほど小さな動きのようですが、実は感情や気持ちが表れやすい部分なのです。

人は気になる異性の気持ちを恋愛心理学の観点から読み解こうとする時、まず最初に最もわかりやすい言動に注目する傾向があります。相手からかけられた言葉や自分に対する態度の変化というものは最もわかりやすいですよね。しかし、言葉や態度は意識すればコントロールしやすい部分でもあります。

その点、視線というものは、恋愛心理学的にはコントロールしずらく、無意識のうちに深層心理や本心が表れやすいものなのです。そこで、視線から読み解く相手の気持ちについて6つのポイントをお伝えします。



 

恋愛心理学で分かる、
視線から読み解く相手の気持ち!

 

目が合う


よく目が合う異性がいた場合、その異性は自分に気がある可能性が高いと言えます。恋愛心理学的に、人は気になる相手を目で追う習性があります。女性は気になる男性を見つめていたいという気持ちから、男性は動物的な狩猟本能で獲物を目で追っているのです。

遠くから視線を感じてその方向を見たときに異性と目が合ったら、相手は自分のことを多かれ少なかれ気にしていると考えて間違いありません。

 

まばたきが多い


まばたきが多いのは、恋愛心理学的には緊張している証拠です。会話をしている相手が自分を見ている時に異様にまばたきが多くなると感じたら、相手は緊張している状態だと言えます。

しかし、緊張にも恐怖からの緊張と好意からの緊張があります。まばたきが多い時に感じている緊張の種類は、好意からの緊張です。自分の好意的な気持ちを相手に悟られたくない、隠したいという気持ちから、相手の目を直視することができずにまばたきが多くなってしまうのです

 

視線が散る


会話をしている時、相手が心ここにあらずと感じたらさすがに「自分に興味がないのだな」と気づきますよね。この法則と同様に、会話をしている時に相手の目線がまったく関係のないところを見つめていたり、相槌を打ちながら自分の後ろや周囲にいる人をちらちらと見ていたら、今話している相手に興味がないということです。

恋愛心理学としては、目の前にいる異性と話している時に周囲を見回す行為は、次の獲物を狙っている証拠です。特に男性は常に獲物を探すハンターとしての本能がありますから、片時も時間を無駄にせずに常に次の獲物、つまり異性を探しているということなのです。

 

目が泳ぐ


恋愛心理学では、相手の目を見て話すのは相手に好意がある証拠、相手を見ないのは興味がない証拠と大きく分けることができます。しかし、例外的にこの法則に当てはまらない場合があります。それが、視線が泳いでしまうというケースです。

相手との会話に興味がないような感じはしないのだけれど、目を見て話せない人という人がまさにその例です。本当は相手を見たいものの、直視できずに結果的に視線が泳いでしまうのです。このような人は、異性に慣れていない、人と接することが得意でない可能性がありますので、自分に興味がないというわけではありません。

親しくなっていくなかで、徐々に視線が泳がなくなっていきますから、中長期的に相手の気持ちを判断していきましょう。

 

じっと目を見つめる


人間は、3秒以上人と目を合わせるのは精神的に負担がかかり、そらしてしまう傾向にあります。じーっと何十秒も誰かと目を合わせるのは、実際に挑戦すると難しいと実感できます。

しかし、恋愛心理学的には、相手の目をじっと見ながら話を聞くという行為は、相手に興味を持っている、もしくは相手の話に興味を持っている証拠だと言われています。相手の話に引き込まれていたり、相手の気持ちをもっと知りたい、本心を確かめたいという気持ちから相手の目をじっと見つめてしまうのです。

 

瞳孔が開く


相手と会話をしている時に、相手の視線がどこを向いているか、自分の目を見ているかなどの目の動きはぱっと見れば誰でもわかることですから、恋愛心理学で相手の気持ちを読み解く方法としては比較的入門編です。

さらに上級の恋愛心理学で相手の気持ちを読み解く方法が瞳孔の動きをみることです。瞳孔というのはいわゆる黒目のさらに中心の部分です。この黒目の中の瞳孔は興味がある対象物をよく見ようとすると開き、大きく広がります。

そのため、会話をしている相手の瞳孔が開いていたら、自分の容姿や話に強い興味があると考えましょう。

 

如何でしたでしょうか。

恋愛心理学では、視線の動き1つとっても人の気持ちや心理状態がわかります。自分の気になる相手の気持ちがわからなくて悩んでいるという人は多いと思いますが、そのような人はまず相手の視線の動きに注目しましょう。

恋愛においては、意識的にボディタッチをしたり、相手が喜ぶような言葉をかけるという、いわゆる恋愛テクニックというものがたくさんあります。しかし、視線を意識的にコントロールしているという人はほとんどいませんので、恋愛心理学で相手の本心を読み解くには最適で有効な方法なのです。

今回解説した恋愛心理学で相手の気持ちを読み解く方法は、特別な仕掛けや心理テストなどを試みなくても、日常生活において簡単にチェックできるものばかりです。早速、気になる異性の気持ちを探りましょう。

 

まとめ

視線でわかる恋愛心理学における人の気持ちとは

・最近よく目が合うと感じたら自分に気がある証拠
・好意で緊張していると会話をしている時にまばたきが多くなる
・話している時に相手の視線が違う方を見るのは希望薄
・会話中に目が泳いだら異性慣れしてない可能性あり
・じっと見つめるのは自分に興味を持っているということ
・瞳孔が開くのは見ているものに興味があるということ