子会社に出向になった時の人間関係における心構え

子会社に出向になった時の人間関係における心構え
親会社から子会社に出向となることも今は珍しくないですよね。しかし、珍しくないものの、子会社に出向と言われると「左遷された」「出世コースから外れた」と考える方も決して少なくありません。

しかし、親会社から子会社の出向が左遷かどうかは会社によります。子会社で経験を積ませてから親会社に戻し、ある程度のポストを与えられることもあれば、左遷で戻ってこられないということもあります。一概には言えませんし、どちらにしろ、子会社に出向したからには子会社で働くことになる、、、それは変わらぬ事実です。

では、そこで気になることは出向先での人間関係ですよね。仕事内容云々より、ここで躓いてしまう方が多い事もまた事実。出向先で馴染めず別の子会社へ移動になったり、会社を辞めてしまうことも少なくありません。そこで今回は、子会社に出向になった際の人間関係における心構えについてお伝えします。ではご覧ください。

[ 続きを読む… ]

在籍出向と転籍出向、労働者派遣、契約上の違いとは?

在籍出向と転籍出向、労働者派遣、契約上の違いとは?
会社に入ると、実はその会社の正社員だけでなく出向してきた社員や派遣契約の社員など、意外と様々な立場の人が働いていることに気づきます。求人などを見てみても、出向に関して記載のある募集要項を目にすることがあるかもしれません。

そのなかには、「在籍出向」と「転籍出向」と呼ばれているものがあり、似ているようでこの二つは契約上も違う部分が沢山あります。また、労働者派遣というのもこれらに似ている働き方の一つですが、これもまた契約上は大きな違いがあることには変わりありません。

在籍出向、転籍出向の違いを理解するとともに、労働者派遣についても触れながらそれぞれの違いについて知っておき、自分が急に当事者になった場合でも、あわてることなく職務にあった働き方を心得ておきましょう。では、在籍出向と転籍出向、労働者派遣、契約上の違いをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

退職理由の伝え方!会社を円満に辞める7つのコツ

退職理由の伝え方!会社を円満に辞める7つのコツ
退職をする時には、もうその会社を去るのだから多少いい加減に振る舞っても問題無いだろうと思っている人がいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

退職というのは会社にとっても人材の損失という点で大きなマイナスになりますが、退職をする人間にとっても円満に退職できないと、同じ業界や業種で転職をする場合などには、悪評が出まわったり、後々また取引があるかもしれない人からの信用を失う可能性があります。

そこで、円満に会社を辞めるために必要な退職理由を伝える段取りやその時に注意しなくてはいけないことなどを具体的なポイントに分けて7つお伝えします。立つ鳥跡を濁さずということわざがあるように、退職時には円満退社をしましょう。

[ 続きを読む… ]

退職を会社に伝えるまでの準備と挨拶の仕方

退職を会社に伝えるまでの準備と挨拶の仕方
退職を決めたのであれば、一刻も早く気持ちを楽にするため周囲とのかかわりを次々に処理していきたいところですね。ですが、辞めるからとって、雑なやり方で今の人間関係や仕事の状況を壊してしまうと、次のステップの自分にも悪影響になってしまいます。

退職する当日までは、今の職場の人間として上手くやっていくことをオススメします。そのために、退職を決意してから会社に伝えるまでの準備や、退職の挨拶について、多少面倒であっても、計画的にすすめるようにしましょう。

もちろん、次の仕事への自分の準備も忘れてはいけませんが、今の職場での経験が次に繋がっているからこそ、退職が決意できたのではないでしょうか。一つ一つの経験を大切にして将来の自分に役立てる為には、少しの努力の積み重ねが大切。前向きになるためにもしっかりとした手順で気持ちよく退職できるようにしましょう。ここでは、退職を会社に伝えるまでの準備と挨拶の仕方をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

会社でクビを宣告されやすい人の特徴、6つのタイプ

会社でクビを宣告されやすい人の特徴、6つのタイプ
不況が続く中、多くの企業がリストラや早期退職の募集に乗り出しています。事業の効率化や人件費削減が叫ばれている今、会社にとっては不要な人材をいつまでも置いておけるほどの余裕はありません。経営状況によってはクビを言い渡されてしまうケースも。

しかし、日常的に頑張って仕事をしている人からすれば、急にクビにされるなんて理不尽な話です。かと言って、クビを異常に怖がって無理をしすぎるのも考えもの。

そこで、会社でクビを宣告されやすいタイプについて、6つの特徴を調べてみました。一社員の立場から考えても、やはり会社目線で自分の仕事を見つめなおしてしないことには、わからないものです。

順調に仕事をするには、スムーズにさせるためのポイントがあります。これからお伝えする6タイプの傾向を参考に、今まで以上に職場で活躍して、周囲との差をつけておきましょう。

[ 続きを読む… ]