彼女がほしいという人は知っておくべき女性心理の裏表

彼女がほしいという人は知っておくべき女性心理の裏表

彼女がほしいと思いながら、なかなか関係が進展しない、思うようにできないと悩んでおられる方は多いでしょう。深刻に悩まれている方も多いかもしれませんが、あまり深く悩み過ぎてもいけません。

思い通りにいかないからこそ楽しいですし、恋愛は強く人を惹き付けるのです。ゆえに、難しく捉えすぎる必要はありません。しかし、そうは言っても彼女を強く求めている方にとっては何かしらのアドバイスが欲しいとも思っておられるでしょう。

そこで、今回は女性心理の裏表を交えつつ、彼女がほしいと思っておられる方に向けてポイントをまとめました。ポイントを7つに絞ってまとめましたので、ぜひご参考になさってください。



 


彼女がほしいという人は
知っておくべき女性心理の裏表

 


イベント前はチャンスだと知ろう


まず、大きなイベント前はチャンスだと知りましょう。女性は心理的にイベントを一人で過ごすのを嫌います。同調意識が男性以上につよいですので、友人たちが彼氏と過ごしている日に一人で過ごしている自分を嫌悪するのですね。

ゆえに、クリスマスやバレンタインなどのイベント前は大きなチャンスでもあります。彼氏に求める条件のハードルが大きく下がるのですね。ゆえに、彼女がほしいと思っているならば、どんどんアピールされると良いでしょう。

 


季節を意識しよう


イベント同様、季節も意識しておくとさらにチャンスが増えて彼女ができる可能性が高くなります。冬にはクリスマスや正月、バレンタインがありますが、夏には海がありますね。他にもウィンタースポーツやマリンスポーツなど、その季節限定でしかできないものは案外多いです。

こういった季節性は意識しておくと良いでしょう。特に女性は「前、彼氏と海に行ったんだ」と言った友人の言葉に弱いです。「私も行きたい」「私も行かなきゃ」と思うのが女性の心理です。クリスマス同様、ハードルが大きく下がっている時期と言えるでしょう。

 


誕生日前は最大のチャンスだと知ろう


イベントの中でも特別大きなイベントが誕生日です。一年に一回しかないイベントですし、さらに本人だけのイベントですので大きいのも当然ですね。目当ての女性の誕生日が近いならばこれ以上のチャンスはありません。

彼女がほしいと思っている男性はこのチャンスを逃してはいけません。女性は自分の誕生日を一人で過ごすなど最悪のことを考えていますからね。積極的にアピールしていきましょう。よほどあなたがタイプでない限り、OKとなるでしょう。

 


告白を待つのはやめよう


最近は草食系男子なるものの出現で、告白を自ら行わない男性が増えています。時代の流れですし、現代は男女同権の時代でもありますから、一様に否定する気もありません。しかし、これは逆に捉えてチャンスと捉えましょう。

いくら時代の流れと言えど人間の心は簡単には変わりません。いくら男女同権を唱えている女性でも、深層心理の深い部分では男性からの告白を待っているものです。そこに、他の男性陣が草食化したわけです。

これをチャンスと言わずに何と言うのでしょう。競争相手も少なく、女性が求めていることでもあるわけですから、彼女がほしいと思うあなたは積極的に告白すべきでしょう。間違いなく良い結果を得られることができることでしょう。

 


「今は無理」は脈ありだと覚えておこう


告白し断られた場合の判断ですが、「今は無理」と言われた場合は脈があると捉えて良いでしょう。「無理」ならば完全にアウトな場合が多いですが、「今は」がついているわけですから可能性はあるわけです。

と言うのは女性は男性が思う以上に世間体を気にします。前の彼氏と別れたばかりの時に、良い男性が現れたからとホイホイ付き合っていては尻軽女だと思われます。それを心理的に嫌がるわけです。

その結果が「今は無理」なわけです。この辺りは知らないと対応できないことでもありますので、女性心理の裏表を知り的確に対応することが求められるわけですね。

 


「男はもういい」は欲しいの意味だと理解しよう


「男はもういい」と嘯(うそぶ)く女性は多いですが、これは額面通りに受け取ってはいけません。彼氏と別れたばかりの女性は、このような言葉を吐く女性が多いですが、本心は大抵反対です。

別れたばかりの傷心した心を癒してほしいと思っているものです。しかし、これも先述した通り、すぐに他の男性を探していては尻軽な女性だとの印象を与えます。ゆえに、こういった言葉で本心を隠すのです。

彼女がほしいと思うならば、こういった女性心理の裏表はしっかりと理解しておきましょう。

 


「出会いが無い」はあなたへのアピールだと捉えよう


「出会いが無い」と事あるごとにあなたの前で言う女性はあなたへのアピールを行っています。これも積極的に攻めたいけど、ガツガツしている女性だと思われたくない女性心理が働くわけです。

ゆえに、こういった間接的な方法をとるわけです。そもそも、関心がない男の前で恋愛の話など女性はしません。これはあなたへのアピールだと捉えて問題ありません。ゆえに、彼女がほしいと思っているならば、このアピールは逃してはいけません。

 

いかがでしたか。女性心理の裏表についてはご理解頂けましたでしょうか。正直、「少し、面倒だな」と感じられた方もいるかもしれませんね。しかし、女性とはそういうものなのです。また、恋愛とは手間がかかるからこそ楽しいのです。

小さな駆け引き、押したり引いたりがあるからこそ、二人の関係はより進むのです。ゆえに、これを面倒と捉えるのではなく、「恋愛」と捉えることで一気に楽しいやりとりとなるでしょう。

結果、あなたの彼女がほしいと言った思いも叶うことになるのです。まずは、上記で上げた7つのポイントを押さえて行動に移されると良いでしょう。きっと、あなたの望む結果を得られることでしょう。

 


まとめ


彼女がほしいという人は知っておくべき女性心理の裏表

・イベント前はチャンスだと知ろう
・季節を意識しよう
・誕生日前は最大のチャンスだと知ろう
・告白を待つのはやめよう
・「今は無理」は脈ありだと覚えておこう
・「男はもういい」は欲しいの意味だと理解しよう
・「出会いが無い」はあなたへのアピールだと捉えよう