同性からも異性からも好かれる人になる5つの方法

同性からも異性からも好かれる人になる5つの方法
異性から好かれるのも一苦労だけれども、異性に好かれる人間が、必ずしも同性に好かれるわけでもなく、良縁などはむしろ同性の友達が運んでくるもの。異性からしかモテない友人なんて、同性からしたら鼻につくだけで面白くもなんともありません。

恋愛でも仕事でも、人間関係を制する人間が成功します。その大切な要素として必要なのが、同性からも好かれることです。男性として、女性として、魅力的なのはおおいに結構ですが、精神的な充実感というものは同性同士の人間関係でしか味わえないもの。同性からも異性からも、両方から好かれるような人間になれることが成功への第一歩とも言えるでしょう。

では、一体どんな人間が同性からも異性からも好かれるのでしょうか?ここで少し掘り下げて解説します。



 

同性からも異性からも
好かれる人になる5つの方法

 

異性であることを武器にしないこと


外見的なことでも、内面的なことでも、同性から好かれるタイプはどんな場合でも男らしさや女らしさを過剰にアピールしません。もちろん、同性同士の場でも、男性特有のたくましさや強さ、女性特有の気遣いや料理上手なことも。それがたとえ、自分の長所だとしても、あまり表には出さず、ニュートラルな態度でいられることが、その人の魅力をアップさせる秘訣なのです。

人は、男性的な面、女性的な面と、実は両方のよさを持っているのです。逞しく元気な女性も魅力的ですし、キメ細やかな対応ができる男性は、人間として尊敬できることでもあります。男性的、女性的であることは、一見、魅力がありそうにも見えますが、周りからするとワザとらしさを感じたり、その人の良さを薄めてしまう効果もあるのです。

 

すぐに優劣をつけずに、他人をポジティブな目でみるように


劣等感とどう付き合うか、というのは、同性も異性も巻き込み、大きな課題となって人生に圧し掛かって来ます。この劣等感を上手にコントロールできている人は、同性からも異性からも、とても好意的な目でみられます。人は、ついつい他人と自分を比べ、優劣をつけてしまう傾向があります。

同性からも異性からも好かれる人々は、相手の劣っていることに目を向けるのではなく、優れているところ、尊敬したいところにフォーカスを当ててポジティブに付き合っています。なにか相手にネガティブな気持ちを抱いた時は、逆にチャンスと捉え、相手の良いところを評価するように心がけましょう。

 

他人の価値観は尊重して、興味を持って聞き役になりましょう


同性でも異性でも、人間関係は多種多様な価値観の人々との関わりから生まれるものですが、そこで皆から好かれる存在というのは自分の価値観だけにこだわらず、他人の趣味嗜好も広い心で受け入れられる人です。

食べ物の好みや、人との付き合い方、仕事の傾向や好きなドラマなど、「くだらない。」「つまらない。」と一蹴せずに、その人にはその人の見方があり、自分と違う感受性があるということに興味をもって話を聞いてあげましょう。また、自分から発信する自慢話も「価値観の押しつけ」になるもの。嬉しいことがあっても、自慢になりそうなら程々に。

 

どんな状況でも誠実な態度で人から信頼されましょう


好かれる人というのは、人々から信頼される人です。では、どんな態度の人なら、信頼感がおけるでしょうか?

まず、態度に裏表のある人というのは、信用できないですね。目上の人や、異性、同じ立場の相手でも、言葉遣いから声のトーンまで変わってしまう人もいます。

ほかにも、時間や伝言などでも、小さな約束事を守らない人というのも信頼がおけません。自分にとって小さな事だからとないがしろにせずに、誠実な対応をしていなくては異性からも同性からも信頼されないでしょう。

 

問題解決能力を身につけて、自立した頼れる人になりましょう


仕事のことでも人間関係でも、小さな不満が多く、自分で解決できずに八つ当たりしたり、愚痴が多い人というのは、異性からも同性からも嫌われてしまいます。その点、精神的に自立した人というのは、周りから頼りにされ、自然と好かれるもの

なにか困難なことや心配事があっても、不安や不満に飲み込まれて感情的にならず、問題可決能力を身につけましょう。まずは自分の出来ることと出来ないことを冷静に整理して、物事にこだわらずに身近な心配事から解決していきましょう。

 

いかがでしたでしょうか?人間的な魅力というのは、性別に関係なく、人間力がどれだけあるか、と言うことが大きく関わってきます。人を蔑んだり、妬んだりしているようでは、周りから好かれるワケもなく、また、自分の凝り固まった価値観に縛られる一方です。

まずは、広い心をもつ余裕を自分に作ってあげることが第一歩となります。他人から好かれるほどの人間になんて、そんなに急にはなれません。自分なりの少しずつの歩みで良いので、努力する姿勢が大切。その努力がいつの間にか習慣になり、少しずつ努力の貯金ができれば、色々なことが楽にこなせる日がいつのまにか近づいてきます。

能動的に動くのが怖いのなら、受身や、自分の心にある感情の整理から始めていくと良いでしょう。

 

まとめ

同性からも異性からも好かれる人になる5つの方法

・異性であることを武器にしないこと
・すぐに優劣をつけずに、他人をポジティブな目でみるように
・他人の価値観は尊重して、興味を持って聞き役になりましょう
・どんな状況でも誠実な態度で人から信頼されましょう
・問題解決能力を身につけて、自立した頼れる人になりましょう