職場の人間関係に悩んでいる人必見!仕事で使える会話術

職場の人間関係に悩んでいる人必見!仕事で使える会話術
仕事をしていると、どうしても誰かと会話をしなければいけません。会話もそんなに上手でなければ、うっかり余計なことを話してしまい、人間関係を悪くしかねない結果になります。しかし、どういう風に話をすればよいのか、考えれば考えるほど、態度もたどたどしくなったり、焦ってしまうので、会話どころか少しのコメントでさえも上手に話せなくなるというループに巻き込まれてしまうでしょう。

会話が上手な人というのは、ほんのちょっと、相手の気分を良くさせるような会話のコツを知っているのです。普段の会話は流しつつ、話の合間にそれらの要素を少しずつ挟むようにして、円滑にコミュニケーションをはかっています。

それでは、ここでそれらの会話術を具体的にお伝えします。コツを少しずつマスターして、職場での人間関係の悩みも吹き飛ばしてしまいましょう。



 

職場の人間関係に悩んでいる人必見!
仕事で使える会話術

 

同じような結論やエピソードがでてきたら、話題を変えるチャンス


会話上手の人は、すなわち聞き上手です。上手に相手の話を聞いてあげることができたら、もう人間関係に悩む事は無くなるでしょう。まずは相手の気が済むところまで、話したいことを聞いてあげることが大切です。

ですが、相手によって、こちらが黙っていると時間がある限りダラダラと話してしまう人もいます。そういう相手との会話をどこで切ったらよいかという目安は、一度話した事と同じような結論やエピソードが再び出てきた頃。それが一通り話し終えたサインです。すかさず話を先に進めるか、話題を変えましょう。

 

質問は要点をかいつまんで、繰り返して時間稼ぎをしましょう


気の利いたセリフを言おう言おうとしていても、会話というのは流れているもの。とっさに良い返しができることなど、落語家でもない限り難しいのは当たり前です。普通の人でも上手に返事をするコツは、時間稼ぎです。

話をしてから、「ああ、こう言えばよかったな〜。」と、後から良い表現が思いついて後悔すること、ありませんか?どんな人でも落ちついて考えれば、少しずつ良い返し方ができます。自分の気持ちを落ち着かせるためにも、焦らずに、まずは相手の質問などを繰り返したり、要点をかいつまんで言いながら、気持ちを静めることができれば、会話上手になれるでしょう。

 

否定と肯定のバランスを上手にとって、相手の良い部分を伝えましょう


人間関係とは難しいもので、相手を肯定さえすれば上手くいくというものではありません。どんな自分でもポジティブに受け止められすぎると、疑う気持ちが出てくるのが人間というものです。人間関係の構築が上手な人は、否定と肯定のバランス感覚の良い人と言えます。相手の気持ちが傷つかない程度に否定をし、場がほぐれたところで相手を肯定して、良い気分にさせてあげます

例えば、否定から入るなら一般的な事柄からはじめ、相手のことはピンポイントで「でも○○さんは、こういうところが違いますね。」と、ネガティブな中にも存在している、ポジティブな部分を伝えてあげるようにします。

 

相手が苦戦しているようなら、途中でも要点をまとめてみましょう


様々な人間関係で、相手がいつも会話の上手な人とは限らないものです。中には言いたいことを上手く表現できない人も多いでしょう。表現が遠まわしになったり、話している本人がモヤモヤしている様子を見たら、自分が感じた中からでよいので、他の表現で言い換えをしたり、要点をまとめるように心がけましょう。「つまり〜ということですね。」と、こちらもしっかりと理解をしている事を伝えることができますし、説明している相手にとっても助け舟となります。

話を遮ってしまうようで申し訳ない気持ちも出てくるところですが、モヤモヤしたままで最後まで話をさせるより、会話を上手く丸めることができればお互いが良い気持ちで終えられるでしょう。

 

相手のタイプに合わせて話し方を変えてみましょう


男性に多いのが、理屈や根拠を大切に会話を進めるタイプ。具体的な内容や、理屈が通っているかを重要視して会話をすることが円滑なコミュニケーションにつながるため、そんな相手には数字で示したり、具体例を交えて話をしましょう

その逆が、女性に多くいる共感型のタイプです。この人たちは、問題の真意や解決の方向性などは特に重要ではなく、どんな気持ちでその問題に直面しているか、という所を共感しあうとスッキリして前へ進めるため、クールダウンするような気持ちで気分的な問題をまず整理することに付き合ってあげると良いでしょう

 

「天丼」の方法を取り入れて、相手の気持ちをくすぐりましょう


お笑い用語で「天丼」という言葉があります。これは、一度笑いがとれた部分を、時間をおいて繰り返すことです。そのように、人間は楽しいことを思い出すという行為に喜びを感じます。「あは、思い出した。」のような気持ちで、笑うと同時に嬉しくなってしまう効果があるのでしょう。

これを会話に取り入れて、相手が言ったジョークなど、後になって再び生かしてみましょう。また、相手の関心事など、一度会話に出た部分を、後日でもよいので会話に交えたり、質問してあげたりしましょう。人間関係において、人は、自分ことを少しでも覚えていてくれる人に好感を持つものです。

 

一口に会話と言っても、やはり相手によって内容やとるべき態度が大きく違うことは変わりありません。ここで紹介した会話術の全てが通用するわけではないでしょう。ですが、自分なりに相手を研究して、ご紹介した中で一つでも実践してみましょう。特に日頃よく言葉を交わす人間関係から始めることで、相手のことも少しずつ見えてくるはずです。

普段、苦手意識を持っている相手には、上手に話せないことをいっそ認めてしまって、ある程度の時間をかけるとよいでしょう。会話上手になる為には、職場だけではなく、とにかく色々な人間関係で話をして、反省点はしっかり振り返り、次に生かすことです。

落ち着いて会話することが出来るようになれば、人間関係での悩み事も自分自身の力で解決することができ、そんな自信が仕事のモチベーションに繋がることでしょう。

 

まとめ

職場の人間関係に悩んでいる人必見!仕事で使える会話術

・同じような結論やエピソードがでてきたら、話題を変えるチャンス
・質問は要点をかいつまんで、繰り返して時間稼ぎをしましょう
・否定と肯定のバランスを上手にとって、相手の良い部分を伝えましょう
・相手が苦戦しているようなら、途中でも要点をまとめてみましょう
・相手のタイプに合わせて話し方を変えてみましょう
・「天丼」の方法を取り入れて、相手の気持ちをくすぐりましょう