半生を見直し、自分にとって本当に大事なことを探る方法

半生を見直し、自分にとって本当に大事なことを探る方法

就職、結婚、出産、退職……、と、人生とは常に目まぐるしく何らかの節目が訪れ、そのたびに自分の生活は一変していくもの。自分の人生の変わり目には、その変化が起こった理由やその後の生活の変化などを考え、それまでの自分の半生を振り返ってみるのも大切なことです。

半生を振り返り、人生の中で自分が歩んできた道を探ることは新しい人生に挑む自分への道標になるだけではなく、今まで気付かなかった自分の一面や、自分にとって本当に大切なことを見つけていけるとてもいい方法であり、大切なことです。

この記事では新しい人生に挑むみなさまや今までの自分の人生をもっとくわしく考えてみたい方に向けて、自分の半生を振り返る簡単な方法を紹介し、みなさまの人生の一助とさせていただきたいと思います。この記事で紹介する方法をぜひ参考にして、みなさまの人生を充実させていってください!



 

半生を見直し、
自分にとって本当に大事なことを探る方法

 

自分の半生を振り返るのはいつ頃が最適?


まず、自分の半生を振り返る方法を紹介する前に、自分の半生を振り返るのはどれくらいの年齢が最適かということを考えていきたいと思います。一言で言ってしまうと、自分の半生を振り返るのに一番最適な時期は30〜40代の時期かと思われます。それより若い年齢では人生経験が少ないため振り返りがややしづらく、それ以上の年齢では新しい人生に挑む余裕がなくなっていきます。

 

それぞれの年齢に応じた振り返りの方法がある


上に書いた通り、自分の半生を振り返るのは人生の終盤に差し掛かった30代後半〜40代前半辺りがベストなのですが、もちろんそれ以外の年代の方にも半生を振り返る意義は十分にあります。

年齢が若ければ若いほど、半生の振り返りで得たものは自分のこれからの人生の強い道標となっていくはずですし、お年を召した方であればあるほど、自分の人生にとって大切なこととは何かを知ることの出来る良いきっかけとなるはずです。

 

半生を振り返るには、年表形式がオススメ


では具体的な半生を振り返る方法ですが、自分の頭で振り返るだけではなく、ぜひ年表にそれまでの人生を書き出してみてください。と言うのも、自分の頭で考えるだけではイマイチどのようなことがあったのか思い出しにくく、客観視もしづらくなってしまうからです。

自分の人生にとっての大切なこと、大きな出来事、印象深い出来事などを思いつく限り時系列順に書き出していってみてください。こうすることで、自分の人生の具体的な内容が目に見えて浮かんできてくれます。

 

出来上がった年表の特徴を見つける


年表が完成したら、次はその年表をじっくり観察して、書かれている内容の特徴を掴んでみてください。例えば、そこに書かれている内容が習い事を始めたことや資格の取得、仕事の成功などで埋められていたら、あなたは自分の社会的な活動をとても大切にしてきた人間ということになりますし、逆に家族や恋人の思い出で埋められていたら、あなたは周囲の人との関係を大切にしてきた人間ということになります。

そういった自分自身の知らない一面を一つ一つ再発見していくことが、半生を振り返る重要な意義の一つなのです。

 

若い人が行うときのポイント


若い人が半生の振り返りを行うときは、やはりその振り返りを今後の人生にどう生かしていくかを考えてみてください。入学、就職、結婚など、新しい場所に入っていく機会がかなり多い若い人は、年表から自分の無意識のクセや好みを理解して、今後の生活にどう活かしていくかを意識していけば、上手く年表を使っていけるはずです。

 

中年の方が行うときのポイント


人生経験も蓄積され、仕事などの社会活動でも中核を担っていくようになる一番重要な時期の中年の方は、ぜひ力を込めて一度年表を作ってみてください。あっという間の時間を過ごしてきたと思っていても、実際には気が遠くなるほどの出来事の積み重ねの上に自分の今が成り立っていることが実感できるはずです。

そのうえで、ぜひ、自分はこれからの人生をどう過ごしたいのか、過ごすべきなのかをじっくりと考えてみてください。年表で自分がやってきたこととその意味をじっくりと考察すれば、この先の人生についてもぼんやり見えてくるものがあるはずです。

 

お年寄りの方が行うときのポイント


仕事も定年退職され、いよいよ人生の終わりを考える時期に差し掛かってきたお年寄りの方は、どんな細かいことも丁寧に記載していくような年表作成を心がけてみてください。それは今までの自分の人生を形に残す自分史であると同時に、残された時間でやり残したことや未練を解消していくための大切な相棒となってくれるはずです。

 

ここまでで半生を振り返る方法とその意味、ちょっとしたポイントなどを大まかに解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。半生を振り返ることは、若い人にとってはこれからの新しい人生の道標に、お年寄りの方にとっては自分の残された人生を有意義に過ごすための重要なアイテムになってくれるはずです。

人生の節目に、ぽっかり開いた暇な時間に、自分の人生に迷い始めた時期に、ぜひ一度半生の振り返りを行ってみてください。きっと自分の人生について見えてくるものがあるはずです!

 

まとめ

半生を見直し、自分にとって本当に大事なことを探る方法

・自分の半生を振り返るのはいつ頃が最適?
・それぞれの年齢に応じた振り返りの方法がある
・半生を振り返るには、年表形式がオススメ
・出来上がった年表の特徴を見つける
・若い人が行うときのポイント
・中年の方が行うときのポイント
・お年寄りの方が行うときのポイント