因果応報の意味と、日常で活かす5つの実践方法

因果応報の意味と、日常で活かす5つの実践方法
「因果応報」という言葉を知っていても、正しい意味を知っている人は多くありません。因果応報は、古くから仏教徒の教えとして人々に伝わってきました。

仏教が日本に普及した西暦500年代から、日本人の多くは仏教の教えに従って生きてきました。仏教の教えが広く人々に浸透した理由には、日本の風土や文化に適していたからと考えられています。現代では人口の約6割が仏教徒であるという日本社会では、「因果応報」や「自業自得」などの仏教伝来の意味をもつ言葉が広く浸透しています。

仏教徒でなくとも、因果応報などの精神を学ぶことは、生きていくうえで大きな助けとなるはずです。それでは、仏教徒の教えをもとに、因果応報の意味を解説するとともに、その精神を日常に役立てる方法をお伝えします。



 

因果応報の意味と、
日常で活かす5つの実践方法

 

因果応報の意味


まず、因果応報の意味について説明します。因果応報とは「良い行いをすれば良いことが返って来、悪い行いをすれば悪いことが返ってくる」という意味です。悪いことが起きたときに「運が悪かった!」とか「世の中不公平だ!」と嘆くことは間違っているのです。すべては元に、「自分の行い」が関係しているのです。

因果応報の意味を知ることが重要なのは、出来事のすべてが自分に起因していることを知ることで、日ごろから自分の行いを正そうと努力するようになるからです。

そして「良いことをすれば自分にも良いことが起きる!」と善行を重ねることで、人生を実りある豊かなものにできるのです。

 

悪いことが起きたときの原因


人生で幾度か、不幸に見舞われることがあります。不幸な出来事が起きたときに、人は「なぜ私にだけこんなことが…」と世の中すべてを恨む気持ちになります。

しかし因果応報の意味を考えてください。悪い出来事があなたに降りかかった原因は、過去にあなたが犯した悪行だとしたらどう思いますか?あなたに降りかかるすべての不幸は、あなたの過去の行動が原因なのです

因果応報の意味を知ることで、人は「悪いことはしちゃいけない」と固く心に誓うことになります。未来の自身の不幸を回避するためにも、日ごろから悪行をしないように気を引き締めるのです。

 

悪いことが起きたときにとるべき行動


では実際、思いもよらないような不幸に見舞われたとき、どのように行動するべきなのかを紹介します。

悪いことが起きたときに、「あいつのせいだ。」などと、原因を自分の外に置こうとする人は、その悪循環から逃れられません。一度悪いことが起きても、その後悪の輪廻から抜け出して、良いことが起きる人生へと転換するためには、原因を常に自分の中に探してください

「あの時の自分の行動が原因で、今こうして悪いことが起きたんだ。」と自己の行動を反省し、繰り返さないように戒めることで、次なる「悪い出来事」を回避できるのです。

因果応報は人間の一生の短い期間にはとどまらず、「前世で悪いことをしたから、現世で不幸な人生になる。」などの長いスパンで言われることもあります。それならばなおさら、「来世のために徳を積もう」と善行を成してください。善行を重ねれば、短いあなたの現世の中でも、きっと「良い出来事」として帰ってきます。

 

良いことが起きたとき


良いことが起きたときに、たいていの人は「わーい!ラッキー!」と単純に喜ぶものです。しかしその「良い出来事」は、「ラッキー」なのではなく、過去のあなたの行動によるものだと考えてください。「あの時いいことをしたから、今の幸福がある。」と考えるのです。それによって今後も善行を、自信をもって行うことができます。

 

因果応報の精神を周囲に伝える


仏教の教えである「因果応報」という言葉ですが、正確な意味を知らない人も多いのです。また、因果応報の意味を知っていても、生活に生かす方法を知らないこともあります。「良い行いも悪い行いも、そのまま自分にかえってくるんだよ。」と、因果応報の意味をひも解いて教えていきましょう。

因果応報を生かした生き方をしたからといって、「仏教徒になった!」というわけではありません。人として正しい精神をもって善行を行っていくために、支えになる教えを広めることが重要なのです。

宗教に関係なく、因果応報の意味を広く知ってもらい、実践してもらうことは世界平和に通じるのです

周囲の人に説得力のある教えを広めるためにも、まずはあなたが第一の実践者となり、因果応報をいかした生活を心がけてください。因果応報の意味と教えを広めることもまた、「善行」の一つとして、あなたの未来に大きな幸せを運んでくれることになるのです。

 

さて、因果応報の意味を解説し、因果応報の精神を日常でどのように考え、生かしていくのかを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

仏教徒という宗教にこだわることなく、「因果応報」や「自業自得」、そして「輪廻転生」の精神を、「生命の歩んできた歴史」として知ることに意味があるのです。仏教の教えは日本に古くから浸透していたため、なじみ深く受け入れやすいものが多いと言えるでしょう。

中でも「因果応報」の意味は、「善行の後押しをする」教えとして、仏教という垣根を超えて広く民衆に知れ渡りました。仏教徒ではなく日本人として、因果応報の教えを実践していくことは、祖先に対する供養でもあるのです。そして因果応報の意味と実践方法を、自分だけでなく周囲に伝えていくことで、輪廻は紡がれていくのです。

 

まとめ

因果応報の意味と、日常で活かす5つの実践方法とは?

・因果応報の意味を知ろう
・悪いことが起きたときの原因を自分の中に探ろう
・悪いことが起きたときに、次なる不幸を避けるために行いを改めよう
・良いことが起きたときは、善行をしてきた過去の自分に感謝しよう
・因果応報の精神を周囲に伝えよう