支配欲が強い男性との上手な付き合い方!

支配欲が強い男性との上手な付き合い方!
支配欲が強い男性と上手に付き合うのは難しいと思いますよね。それでも、好きになった男性が支配欲が強かった場合、2人の仲がこじれないように関係性を上手に構築していく必要があります。支配欲が強い男性なんて嫌だと思っている人でも実際に好きな人と付き合ったら相手がそうだったというケースはありうるのです。

支配欲が強い男性が彼氏の場合、相手を怒らせないためには自分が我慢ばかりしなくてはいけいないのではないかと思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。相手が喜ぶことを自分が苦痛なく振る舞えればお互いにウィンウィンなのです。この相手が喜ぶことを自分が実践するということがミソです。

そこで、支配欲が強い男性を好きになって場合や彼氏にそうである場合に使える、上手な付き合い方のポイントを6つお伝えします。



 

支配欲が強い男性との
上手な付き合い方!

 

異性の話をしない


支配欲の強い男性が最も嫌がることは、彼女を自分以外の男性に奪われることです。女性からすると、異性の友達や同僚と会話をしたり、一緒にランチや飲み会に同席することはその男性のモノになるわけではないのだから平気だと思うかもしれませんがこの理屈は通用しないのです。

そこで、気を付けるべきことが支配欲の強い彼氏の前では、どんな些細な内容でも他の異性の話をしないことです。自分が知らないところで彼女が異性と関わりを持っているということをむやみに知らせない方がいいのです。

 

共通の趣味を持つ


支配欲が強い男性は、感情的にも物理的にも彼女を独占したいのです。この物理的というのは、自分のそばに彼女がいる時間をなるべく長く持ちたいということです。しかし、相手に拘束されている、束縛されていると感じるのは嫌ですよね。

しかし、この問題を解決するのは、発想を転換すれば簡単です。2人で没頭できる趣味を見つければいいのです。音楽や映画鑑賞、読書など2人で同じ趣味を持てば、苦痛なくたくさんの時間を一緒に過ごすことができます。

 

手作りのものをあげる


支配欲が強い男性は、相手の女性が自分のことをどれだけ思っているか思いの強さを感じて満足感を得ます。そのため、自分に無関心だと感じさせないことが重要です。そこでおすすめなのが、手料理を作ることです。こちらが相手のことをどれだけ思っていてもそれは言葉や態度に示さないと伝わりません。

自分の愛情を彼氏にストレートに伝えることができるのが手料理や手作りのモノなのです。彼女が自分のことを思って作ってくれたことで自分のことだけを考えてくれていると感じることができるのです。

 

自己犠牲を口にする


人にとって優しさの定義はさまざまです。押しつけがましい優しさではなく、さり気ない優しさこそが嬉しいという人もいますが、支配欲が強い男性の場合は、わかりやすい優しさの方が相手に伝わりやすいものです。例えば、彼氏と会うために会社の残業を早めに切り上げてきた場合、それを言うべきです。

「○○と夕飯食べるために残業切り上げて走ってきたんだよ」と言葉にすることで、相手は自分のために自己犠牲を払ってくれているんだということがわかり、満足感を得やすいのです。

 

特別扱いするフレーズを使う


支配欲が強い男性は自分が彼女にとってオンリーワンでありたいと思っています。女性からすれば、彼氏が唯一の存在で大切な人だということは当たり前なのですが、支配欲が強い男性の場合はそれをことあるごとに実感したいと感じます。

そこで有効なのが、日頃の会話の中に「○○君だけ」というフレーズを使うよう心がけることです。「こんな料理作ったの○○君が初めて」とか「○○君だけには話すね」という風に特別扱いをしているということを相手に言葉に出して伝えるのです。

 

彼氏の好みに合わせる


支配欲が強い男性の特徴としてありがちなのが、彼女に自分の理想通りの姿でいてほしいと願うケースです。例えば、髪型や服装などで自分の好みの雰囲気と真逆のことをされると、自分に反抗している、自分と距離を置こうとしていると感じてしまいます。

そのため、洋服を選ぶ時や髪型を決める時は、彼氏に一度好みを聞いておくことが重要です。自分が嫌々することではありませんが、彼氏の意見を聞くという行為をするだけで、男性は、自分に好かれたいと思ってくれていると感じることができます。

 

如何でしたでしょうか。

支配欲が強い男性と上手に付き合う方法は、一見すると難しそう、自分には到底無理だと思われるかもしれませんが、今回解説した通り、ちょっとしたコツさえ押さえておけば難しいものではありません。むしろ、あまり感情を出さない男性や意思表示をしない男性は何を考えているかわからず扱いにくいですが支配欲の強い男性の方がわかりやすくて付き合いやすい場合もあります。

また、支配欲が強い男性は自我も強いですが、彼女に注ぐ愛情も人一倍強い場合が多いため、「愛されたい」と思う女性にはピッタリの相手とも言えます。とはいえ、支配欲が強いとちょっとした些細なことで不満を感じるのも事実です。

そんな時は、自分が苦痛を感じるのではなく、相手に満足してもらいたいという前向きな気持ちで今回解説した支配欲が強い男性と上手に付き合うコツを実践してみましょう。

 

まとめ

支配欲が強い男性の気持ちの満たし方とは

・彼氏の前で男友達や同僚など異性の話をしない
・2人で没頭できる趣味を見つけて一緒の時間を長く持つ
・買ったものより手作りしたものをプレゼントする
・彼氏のために頑張ったことを口に出して言う
・「○○だけ」という言葉を使って特別扱いする
・彼氏の好みの服装や髪型を聞いて合わせる