ストレスからの病気『メニエール病』の症状と治療法

ストレスからの病気『メニエール病』の症状と治療法
ストレスは精神的な病気と言っていいでしょう。ストレスをため込むことによって、精神だけでなく体も蝕まれることは有名です。ストレスから来る病気に悩まされる現代人が急増したせいで、ストレス性の病気に対する関心も高まっています。そんなストレス性の病気の中の一つであるメニエール病に着目してみました。

メニエール病を患う患者の急増もさることながら、原因を特定しにくいこと、他の病気と誤診しやすいことなどから、その症状の軽さにも関わらず重要視されている病気だからです。

ほんの10年も前にはメニエール病などという言葉を聞くことはほとんどありませんでした。しかしここ数年でメニエール病の羅漢者数は急増し、その言葉も耳に慣れたものになったのは、やはり現代人のストレスと関係があるのかもしれません。そんなメニエール病について、以下に詳細をまとめましたので、参考にしてください。

[ →続きを読む… ]

ストレスで病気になりそうな時に必要な7つの対処策

ストレスで病気になりそうな時に必要な7つの対処策
仕事でのストレス、人間関係でのストレスなど、現代では、あらゆるストレスが体調を悪化させ、病気になってしまっているとう事実が認識されつつあります。

それでも、ストレスというものがどのように溜まって、どのように病気になってしまうかは、目に見えないため判断が難しいところです。とは言え、ストレスが溜まりすぎると病気になってしまうことは確実。体調が悪くなるだけでなく、精神面にも影響して日常生活に戻れなくなってしまうこともあります。

そこで、ストレスで病気になりそうだと気付いた時に、すぐに試しておきたい7つの対処策をお伝えします。ストレスが原因で何かあったとき、周囲は本人の大変さも知らずに、「弱い人」扱いしてしまうことだってあるでしょう。そんなことにならない為に、自身でしっかり確実な予防策を練っておきましょう。

[ →続きを読む… ]

ストレスで病気になる前に、自分でできる5つの対策

ストレスで病気になる前に、自分でできる5つの対策
なにかとストレスの多い現代社会では「ストレスの溜めすぎで病気になった」という人が少なくありません。「ストレスの溜めすぎで病気になるってどういうこと?」と不思議に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ストレスを溜めることで鬱などの心の病気になったり、自律神経が乱れて体調を崩したりと様々な弊害があります。

また、そのような病気になってしまうと、ただストレスを解消すればいいという単純な話ではなくなってきます。社会復帰するまでに多くの時間と労力が必要となるのです。そのため、ストレスを溜めて病気にならないようにすることがとても重要となってきます。

今回はストレスで病気にならない、自分でできる対策を5つお伝えいたします。

[ →続きを読む… ]

睡眠時無呼吸症候群になったら、自分でできる7つの対策

睡眠時無呼吸症候群になったら、自分でできる7つの対策
無呼吸症候群は睡眠時に正常なリズムで呼吸ができなくなり、無呼吸状態が起こる事を言い、心不全や脳卒中などの病気の原因になる可能性がある恐ろしい症状です。自分に限っては無呼吸症候群ではないだろうと思っている人は多いのではないでしょうか。

しかし、無呼吸症候群は睡眠時に見られる症状のため、自覚症状がある人は少ないのです。いびきがひどいと言われたり、睡眠時間をしっかりとっているのに疲れが抜けないと感じる人は、無呼吸症候群の可能性があるので、一度家族や友人に睡眠時の様子を見てもらい、無呼吸状態になっていたら、まずは自分で改善をしましょう。

そこで、病院に行く前に自分でできる無呼吸症候群の改善策を7つお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ストレスが引き起こす病気の名前とその症状

ストレスが引き起こす病気の名前とその症状
ストレスと病気には密接な関係があります。小さなストレスの積み重ねや過度のストレスがかかれば、私たちはたちまち身体と精神のバランスが崩れて様々なストレスからの病気を発症させてしまいます。

ストレスからくる病気の主な原因は、自律神経のバランスを崩しホルモンの分泌作用を狂わせ正常な心身の状態をさまたげるためです。この状態を放置してしまうと大きな病気に発展することが考えられるので注意が必要。

そうなってからでは遅く、そうなる前になにかしら手を施さなければ仕事や家庭での今まで培ってきた生活スタイルがくずれてしまうこともあります。ストレスと上手に向き合ってストレスの発散を心がけてください。ここではストレスから発症する身体と心の病気の名前と症状をお伝えします。

[ →続きを読む… ]