虚言癖を治したいあなたへ、7つの正直者への道

虚言癖を治したいあなたへ、7つの正直者への道

皆さん嘘ってつきますか?誰しも自分を大きく見せたいものですよね?失敗を隠す為や嘘をついているとつらくなってきたりしませんか?

そうゆうの虚言癖という癖かも知れません。ほうっておくとひょっとしたら病気にだってなってしまうかも知れません。そんな虚言癖を持っているあなたへ7つの解決方法を教えます。

これを知ったあなたはきっと虚言癖を見直し自分で直していく道を模索するはずです。原因は皆さん自身が持っている闇にだって潜んでいるかも知れません。その闇の全貌に迫っていきます。

「正直者は馬鹿を見る」と言いますがそれの迷信について述べていきます。それではご覧ください。



 


虚言癖を治したいあなたへ、
7つの正直者への道

 


ミスを隠す嘘はやめよう。


誰しもミスをすると自分をかばいたくなります。ミスをしない人間は基本いないので皆さんもミスをして嘘をつかれたご経験一度や二度は最低あるでしょうか?そんな時ふと顔を出すのが虚言癖です。

ミスをした自分を肯定したくない気持ちと自分とミスをしたことを報告したくない自分とが相俟ってついつい嘘をついてしまいます。まぁ人間であれば当たり前の事ですよね?虚言癖を治したいのであればミスは堂々と報告することです。

それは恥ずかしい事ではありません。人間誰しもミスをします。当たり前の事なのだとご理解ください。

 


正直者は馬鹿をみない事を理解しよう。


よくこう言います。「正直者は馬鹿をみる。」とでは現実はどうでしょうか?例えば仕事でミスをした時それを隠そうと嘘をついて報告したのと正直にミスを報告したのではどちらが会社に与えるダメージが大きいでしょうか?

当然嘘をついて報告した方が会社に与えるダメージは小さいです。正直に報告した方はその場怒られるかも知れませんが上司がリカバーしてくれる可能性が増えます。ここで言いたい事は「正直者は馬鹿を見ない」と言う事です。

正直者は損をしないと言う事をよく理解すれば、虚言癖の自分を戒める事となります。正直者は馬鹿を見ないと言う事を理解しましょう。

 


自分をじっくり見よう。


ここからは正直者になりたくなったあなたへどうすれば正直者になれるのか?これを教えます。まずは現在のご自分をよーく観察してください。

例えば日常のどんな時に嘘をついていますか?誰に対して嘘をついていますか?自分を誇大に偽っていませんか?

そんなところを見ていくことから始めてみてはいかがでしょうか?虚言癖は偽りの自分との戦いでもある訳です。まずはご自分をよく分析してそれを正していくことが大事になります。

ご自分をよく観察しましょう。正直になれれば怖いものなどないです。ありのままの姿をさらすのです。

 


嘘は嘘を呼ぶことを自覚しよう。


よく1つの小さな嘘がやがて大きな嘘へと変わってしまうと言うケースをよく聞きます。何気なく嘘ついていませんか?その情報は巡り巡ってやがて自分の元に来た時には手が付けられなくなっていたなんて話もよく聞きます。

小さな嘘はさらに嘘を呼び大きな嘘となることを自覚しましょう。嘘を嘘で塗り固めてしまう人もいますが窮屈で仕方がありません。虚言癖を治したいのなら普段からついている何気ない嘘をやめる事です。

それがあなたの人生を豊かにすることを自覚することです。嘘を1つついたら800の嘘をつかなくてはいけないと言う話も聞いたことあります。嘘が嘘を呼ぶ事を自覚しましょう。

 


嘘はバレる事を自覚しよう。


嘘がバレて大変な思いや謝罪をするなんて話も往々にしてあるものです。嘘が永遠につきとおせるのならついても支障はないかもしれません。でも本当にこれでいいのでしょうか?

嘘はいずれバレます。何故ならば嘘は嘘で塗り固めてある為そこのどこかに綻びが生じるとガタガタと音を立てて崩れていきます。虚言癖の方は嘘がバレることを自覚しましょう。

ついてもいい嘘もあったりしますが正直な事は悪い事ではありません。少なくても癖として持っているのは悪い事ですので直しましょう。その方があなたの為になるのです。

 


友達に相談してみよう。


虚言癖をカミングアウトするのは勇気がいります。それにはご友人の力を借りるのが一番いいでしょう。きっと親身になって相談に乗ってくれるはずです。

そうゆう友人からあなたのありのままの姿を見せるのです。カミングアウトしても影響が少ない友人から徐々にあなたの嘘をばらしてあげてください。この場合はなるべく遠い友人の方がいいです。

「実はこんな話があるんだけど・・・」と話をしましょう。ご友人からきっとアドバイスがもらえるはずです。そのアドバイスをよく聞き自分の更正に役立てましょう。

 


カウンセリングを受けよう。


これは虚言癖が病気になっている状態の方へのメッセージです。あるいは嘘が日常生活に大きな支障をきたしてしまう方向けのメッセージです。現在は虚言癖も精神疾患としてあります。

嘘が日常生活に支障をきたしている場合は専門の外来を受診しましょう。恥ずかしい事ではありません。これまで直そうと努力することが大事ですと述べてきましたが治そうでもいいのです。

結果あなたの生活に支障をきたさなければそれでいいのです。カウンセリングを受けてください。きっと心が救われたような気分になることでしょう。

 

いかがでしょうか。「ありのままの姿みせるのよありのままの自分になるの」昨年流行ったフレーズですよね。それだけ共感出来る方が多かったと言う事です。

今まで嘘をついていた方が嘘を告白することは大変勇気がいります。虚言癖が直らないのはこの壁が非常に高いと言う事です。それは嘘をついていくたび高くなり乗り越えるのは困難になるでしょう。

しかしどこかで正さないと生きていく事がつらくなります。その嘘にあなたの人生が締め付けられます。以上挙げてみた事をよく踏まえた上行動に移してください。

それはあなたの人生を軽やかに生きていく力になるはずです。あなたの人生が正直者として誰からも愛される存在になれることを祈ります。

 


まとめ


虚言癖を治したいあなたへ、7つの正直者への道

・ミスを隠す嘘はやめよう。
・正直者は馬鹿をみない事を理解しよう。
・自分をじっくり見よう。
・嘘は嘘を呼ぶことを自覚しよう。
・嘘はバレる事を自覚しよう。
・友達に相談してみよう。
・カウンセリングを受けよう。