心理テスト☆好きな色で分かるあなたの深層心理!

心理テスト☆好きな色で分かるあなたの深層心理!
子どもの頃、心理テストで好きな色を答えるというのを経験したことありますよね。心理療法でも、心理テストとして色に関する質問をする場面があります。なぜなら、色彩というのは心理と密接に関連しており、その人の心理状態を把握する方法として有効だからです。

色彩は心理学の分野でも長く研究されてきました。今では経済活動や生活にも取り入れられています。その一例として、ファミリーレストランでは店舗の内装に「赤」を多く使っています。これは、赤には時間を短く感じさせる効果があり、普通より長い時間を過ごしたと感じ、お客さんの回転率が上がるからです。

このように、色彩は私達の生活や心理状態と深く結びついています。心理テストとして好きな色を知ることは、今の自分の心理状態を把握することにも繋がります。そこで、心理テストで答える色が、どんな深層心理を表しているのかをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

【心理テスト】7つの色からイメージする人物とその関係

【心理テスト】7つの色からイメージする人物とその関係
心理テストで、各色を周囲の人物に当てはめて、人物関係を探るものがあります。心理テストとは不思議なもので、結果をみて「あぁ…当たってる」と納得することが多いですよね。

今回は色をテーマにした心理テストで、周囲の人物のイメージを色に当てはめていくものです。「赤、黄色、緑、青、紫、黒、茶色」の7色に、それぞれ周囲の人物を当てはめて行ってくださいね。忘れそうな場合は紙に書いて、自分のイメージを確認しましょう。

その上で、以下の結果を見ていくと、「おぉ!当たっている!」と感動できるかもしれませんよ。自分と周囲の人物との関係や、自分がどのように感じているのかを、確認するためには最適の心理テストかもしれません。では、7つの色からイメージする心理テストをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

色彩心理学から学ぼう!7つの色が表す意味とは?

色彩心理学から学ぼう!7つの色が表す意味とは?
色彩心理学をもとに、色の持つ意味や効果について解説していきます。人は無意識のうちに服装や絵に、自分の好きな色を選択します。「なぜその色を選んだのか?」という意味を探るためにも、色彩心理学は有効です。

保育園や幼稚園で子どもの描く絵を見てください。「好きな色で描いていいよ!」と言っているのにも関わらず、黒一色で画面を暗くする子や、赤をふんだんに使って描き殴る子。また、緑の中にカラフルな色をたくさんちりばめる子もいます。

一枚の絵をみて「攻撃的で凶暴な子だ!」「暗くて陰湿な子だ!」と判断することはできません。次の日、気持ちが変化して再び絵を描いたときには、明るく温かい絵を描くこともあるのです。しかし、「その日」「その時」の気持ちは正確に表れます。

現在の心理状況を見るためにも、色彩心理学を知っておくと便利です。今日は、7つの色についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

【色彩心理学】効果的な服装選びのコツをシーン別に伝授!

【色彩心理学】効果的な服装選びのコツをシーン別に伝授!
あなたは「色彩心理学」という言葉を聞いたことがありますか?自然界にある全てのものは、様々な色があり、そして少なからず色は人間心理に影響を与えると言われています。

例えば、青色は集中力を高めたり、食欲を減退させる効果があったりするという風に。その為、勉強する際やダイエットの際に青色を取り入れるほうが良いというのが色彩心理学の考え方です。

そんな色彩心理学を、服装選びにも取り入れてみませんか?というのが今回の内容です。時と場合、そしてどのようなあなたを相手に見せたいのか、どのように感じてもらいたいのか、また、自分に対してどのような自己暗示をかけたいのか等、そのシーン別に、服の色を選ぶことはとても大切なこと。

ここでは、色彩心理学に基づいたシーン別の服装の選び方をお伝えします。ぜひ参考にしてください。

[ 続きを読む… ]