英会話の例文を読み解くスキルをわかりやすくご説明

英会話の例文を読み解くスキルをわかりやすくご説明

英会話は苦手…、という日本人は本当に多いですよね。英語の秒今日や文法は得意だけれども、英会話になるとちょっと・・という方も少なくありません。私も何度も挑戦し、その都度挫折を味わっています。普段英語を使う環境にいないのも原因の一つかもしれません。また日本人は恥ずかしがり屋ですから、会話をするという事自体が難しいのかもしれませんね。

日本ではなかなか英語の勉強の成果を発揮出来る場所が少ないのです。特に英会話は使わないとどんどん忘れてしまいます。使いそうな英会話の例文を丸暗記したのに、途中で忘れてしまった、という事もよくありますよね。

英会話を覚えるのは、例文を理解すれば簡単です。今回は、今年こそ海外に行く!そのための英会話の例文を読み解くスキルをわかりやすくご説明します。



 


英会話の例文を読み解くスキルを
わかりやすくご説明

 


5W1Hの使い方をチェックしよう


5W1Hとは、When(いつ)、Where(どこで)、Who(誰が)、What(何を)、Why(なぜ)、How(どのように)の問いかけのことです。英会話の例文で、この5W1Hは基礎となる例文ですから、ぜひ暗記して下さい。

Who(誰が)
会話では主語をつかむことが重要。英語で主語を明確にするのはとても大切です。

When(いつ)
人と合うとき、電車の発車時刻など、時期をはっきりさせたいときに使います。

Where(どこで)
待ち合わせの場所をはっきりさせるときや、道を聞くときなど、旅行の際は必須です。

What(何を)
話の内容をはっきりさせる場合や、不明点をはっきりさせます。What’s wrongなど重要フレーズを覚えておくと会話に便利です。

Why(なぜ)
原因や根拠をはっきりさせるなど、相手の話をより深く理解するために使います。

How(どのように)
英会話に上手く取り入れ、ぜひ幅広く使いたいです。「どのように○○したらよいか」など、聞き方を意識的に工夫することで、適切で具体的なアドバイスを受けることもできます。

 


要領よく暗記しよう


英会話を身につけるために英語を勉強する、そのときに知っておきたいことがあります。それは、「人は覚えたとしても自然と忘れる。」という事です。この当たり前のことを意識しておかないと、「何で私は頑張っても暗記できないんだろう…」と自虐的な気分になり、ますます英会話が苦手になります。

英会話のために英語を勉強していく上で、一番大切なのは、1回の勉強で完璧に知識を覚えようとしないことです。むしろ、「忘れても当然!」というくらい、軽い気持ちで学習にのぞみましょう。大切なのは「丸暗記ではなく理解する」ということです。会話のコツを理解するのです。

前述の5W1Hの使い方を理解出来ていれば、いざ英語を喋る時に英会話の例文を頭の中で組み立てる事ができます。

 


単語は英会話の例文で覚えよう


単語は1つ1つ暗記しようとすると大変です。grassとglassのように紛らわしい単語の場合、単語だけ暗記しようとすると意味を勘違いする可能性があります。そしてとても面倒くさいですよね。

おすすめの方法は英会話の例文とセットで暗記してしまう事です。「英会話の例文も覚えるの?もっと大変じゃない?」と思われたかもしれませんが、単語だけで暗記するよりも、覚えやすいのです。こうすると英会話の例文は忘れたとしても、単語の意味と使い方、品詞は暗記出来ているはずです。

人間は自分の頭で納得したことというのは、結構忘れにくいものです。その代わり、単語など、それだけで理解の伴わないものを暗記するのはとても大変です。単語は必ず短い英会話の例文と組み合わせて覚えていきましょう。

 


具体的なイメージを持とう


英語の定型文や例文を暗記する上で、一番効果が大きい方法は、実際の英会話をイメージして暗記する方法です。「この場面ではこの英語を話そう!」というワクワクした気持ちで暗記しましょう。生きた英語は必ず役に立ちます。

例えば旅行先の税関や入国審査で聞かれる英会話の例文(必ずWhat’s the purpose of your visit ? と聞かれます)、ショッピング、駅の切符売り場、レストラン、ホテルなどで使うであろう英会話の例文があります。これらは何度も復習して丸暗記してしまいましょう。

人は理由のない行動を続けることを苦痛に感じる生き物ですから、絶対に使う!というモチベーションも大切です。英会話を勉強するなら、ぜひ海外旅行も計画しましょう。

たとえ「英会話の例文を暗記することは大切だ」と頭で分かっていても、「なぜその英文を覚えるのか?」について、自分なりの理由がないと、学習の効率が上がることはありません。「来月はハワイだ!」と思えば俄然やる気も出ますよね。頑張って勉強した分、ぜひ現地で沢山会話してみて下さい。

 


中学レベルの例文を使いこなそう


英会話は「生きて帰るための手段」です。難しい英会話の例文を頑張って暗記しなくても、普通の人なら日常会話が出来れば充分でしょう。それなら中学レベルの英会話の例文を暗記して使いこなしましょう。恥ずかしがっている場合ではありませんね。どんどん折角勉強した英会話を使っていきましょう。

中学英語の文法の場合、シンプルな表現が中心です。初心者でも勉強しやすいので、これらを1つ1つ覚えていけば、会話に必要な表現を効率よく身に付けることができます。

中学で習った動詞や助動詞の使い方を理解できれば、基本的な会話表現はマスターできます。can、may、will、5W1Hなど、よく使う表現をパターン学習で覚えていけば、自分のしたいことを英語で表現することができるでしょう。シンプルな例文を暗記し、それをアレンジして使いこなしてみて下さい。

 

いかがですか。英会話の例文を読み解くには基本の例文を覚える事です。そして必ず使いましょう。いつか海外に行くから、と思って勉強すると必ず挫折します。机の前に旅行のパンフレットとパスポートを置き、「来月はオーストラリア!」と大きく目標を書いて貼って下さい。

モチベーションが下がらない様に、定期的に英会話カフェなどに行くのもアリです。暗記しても忘れてしまうのは当然です。英会話は諦めずに、コツコツ勉強していきましょう!

まとめ


英会話の例文を読み解くスキルをわかりやすくご説明

・5W1Hの使い方をチェックしよう
・要領よく暗記しよう
・単語は例文で覚えよう
・具体的なイメージを持とう
・中学レベルの例文を使いこなそう