朝礼スピーチで、モチベーションを上げる5つのネタ

朝礼スピーチで、モチベーションを上げる5つのネタ
朝礼のスピーチは、会社によって上司の立場にある人がしたり、持ち回りで一般社員がしたりと様々な決まりがありますが、自分がするとなると面倒くさいな、とネガティブに感じている人はいませんか。

たくさんの人の前で話す事が苦手な人にとっては、スピーチすること自体が精神的ストレスになりますし、一体何を話せばいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。冗長的で内容が薄いスピーチは、周囲からの自分の評価を下げかねません。

しかし、朝礼のスピーチは、話すネタの内容さえしっかりしていれば、聞く側にとってはとても有意義なものになります。朝一番、皆のモチベーションを上げるのに効果的な朝礼のネタを具体的に5つお伝えします。自分の職場の環境によって最適なネタを選びましょう。



 

朝礼スピーチで、
モチベーションを上げる5つのネタ

 

松下幸之助の名言の引用


朝礼のスピーチとして外れがないネタが、パナソニックの創業者で実業家の松下幸之助の名言です。松下幸之助は、ビジネスパーソンにとって紛れも無い成功者ですので、説得力があります。

例えば、中堅社員やベテラン社員のモチベーションを上げるのに効果的な名言として、「自分を人と比較して劣っていても恥じる必要はない、しかし、去年の自分と比較して今年の自分が劣っていたら、それこそ恥じるべきだ」という言葉あります。

この言葉を紹介するだけで、自分自信を振り返るきっかけになりすし、余計な解説は不要なので、スピーチが苦手な人にもおすすめです。

 

競合他社の優れた事例


業界や業種にかぎらず、ビジネスパーソンのモチベーションを上げるのに効果的なのは、競合他社の動向です。朝礼でスピーチする日には、事前に競合他社の最新事例などをリサーチしておきましょう。

自社と同じ取り組みで他社の方が優れている点や、自社の売上高が好調であっても他社の伸び率の方がさらに良いなどの内容を紹介すると、社員の間ににわかに広がっている自惚れやおごりの意識を一掃することができ、気が引き締まります。

 

マドンナの骨折事故


会社員たるもの、その仕事に対してはプロ意識を持って臨むべきです。しかし、体がだるいとか気分が乗らないなどの理由で会社を遅刻したり、サボる人もいるかもしれません。そのような社員見受けられたら、プロ意識の高いアーティストやアスリートのエピソードを朝礼で話すことをおすすめします

例えば、マドンナはプライベートで乗馬を楽しんでいる時に落馬して骨折をする重症を負いましたが、病院で手当を受けると入院せずに翌日には仕事復帰したと言います。

このように自分の代えがきかない立場で仕事をしている人は体調管理も仕事の一端です。マドンナの例は少々極端ですが、このエピソードを聞くとプロ意識が高まります。

 

エジソンの集中力


職場の人間同士が仲が良いというのはいいことです。しかし、仕事中に雑談をしたり、職場全体が怠けた雰囲気になってしまうのは問題です。そのような環境に陥っている場合に効果的な朝礼のエピソードには、発明の天才・エジソンのネタがおすすめです。

エジソンは、小さな頃から何かに没頭すると類まれな集中力を発揮したといいます。ある日、研究に没頭している時に妻に話しかけられ「君は誰だ?」と返したといいます。

それくらい集中力を高める事は一般人にはできませんが、集中することによって、質のいい仕事ができるということを説明してモチベーションを上げましょう

 

練習が結果に繋がるアスリートの言葉


スポーツ選手は、毎日の努力の積み重ねが結果につながります。人間ですから、サボりたい日もあるでしょうが、そこでモチベーションを保てるかどうかが結果を左右するのです。

例えば、野球選手の松坂大輔投手は「目標がその日その日を支配する」と言っていますし、マラソン選手の野口みずきさんは「走った距離は裏切らない」と言っています。

今は地道な努力であっても、それを積み重ねることが良い結果につながるし、逆に努力を怠ると良い結果は生まれないということです。これを朝礼の時に話せば、社員のモチベーションは上がります。

 

いかがでしたか。朝礼のスピーチでは、自分と重ねて共感できることや自分の弱点をつかれるようなことを言われると聞いている側は、思わずドキッとしますから印象に残ります。

人間ですから完璧な人間はいません。体調や気分の浮き沈みは誰しもあるはずです。その沈んでいる部分を朝礼スピーチの内容で刺激してあげることによって人のモチベーションは上がるのです。

モチベーションが下がってしまう悪い例は、説教や愚痴など、ネガティブな内容ばかりを話してしまう事です。朝から下を向いてしまうような事をスピーチされると職場の雰囲気は悪くなる一方です。朝礼はその日の始まりですから、ポジティブで前向きな事を話して社員のモチベーションを上げましょう。

 

まとめ

モチベーションを上げる効果的な朝礼スピーチ具体例

・松下幸之助の格言で自分自身を振り返るきっかけを作る
・競合他社の最新事例を紹介して危機感を煽る
・大物芸能人やアスリートの健康管理の仕方を紹介してプロ意識を高める
・大きな事を成し遂げる人の類まれな集中力の高さを紹介する
・1日1日の積み重ねの大切さを周知して地道な努力の大切さを説く