気力が湧かない人が劇的に変わる朝を迎える7つの方法

気力が湧かない人が劇的に変わる朝を迎える7つの方法

なんだか最近、気力が沸かなくて憂鬱な朝を迎えているなと感じていたらそれは体と心からのSOSです。

SOSを発しているのに気づかないふりをしていてはますます憂鬱な朝を迎えることになってしまいます。見て見ぬふりではなくしっかりと自分に向き合ってあげましょう。体調が悪くて気力が沸かないのか、何かストレスがあって気力が沸かないのかそれぞれですが、原因がはっきりとしていないのであればせめて気持ちのいい朝を迎えたいですね。

気力が沸かない人がすっきりと気持ちよく目覚める為にはどうすればいいのか、劇的に変わる朝を迎える方法をまとめてみました。睡眠は人間にとって絶対に必要な行為です。睡眠はとっているはずなのに憂鬱な人に、すっきりとした朝を迎えるコツをお伝えします。



 


気力が湧かない人が劇的に変わる
朝を迎える7つの方法

 


枕元にペットボトルを用意しましょう


睡眠中は暑さや寒さに関係なく一晩でおおよそ500ml分の水分を汗として失っています。ペットボトル1本分の水分量です。目覚めた時にどんよりと重い体を目覚めさせる為に、枕元に水を用意してみてください。起きたらすぐにまず一口、口に含みましょう。喉が潤うのがよくわかりますよ。

すっと体に水分が浸透するとすっきりと目が覚めてきます。カテキンが含まれている緑茶でも目が覚めますよ。

 


布団の中で軽く運動しましょう


目が覚めたら両腕を頭の上に伸ばして眠っている体を起こしてあげましょう。力を入れて急な動きをしてはいけません。ゆっくりでかまいません。次に足首を寝転がったままで、左右に軽く振るように動かしたらゆっくりとクルクル回してみましょう。血の巡りを助け、体が目を覚ましてくれます。大きな口でアクビをするのも体を目覚めさせてくれますよ。深呼吸をして気力が湧いてくるイメージを持ってみてくださいね。

 


タイマーを活用しましょう


目覚まし時計は勿論、テレビやラジオも活用してみましょう。タイマー機能を活用して目覚める5分ほど前にセットしておくと徐々に目が覚めます。できればセットする音源は毎日、同じものをお薦めします。その音を聞いたら起きるタイミングだということを体に染み込ませてあげましょう。せっかくの機能を使わないのは勿体無いですね。文明の利器を利用しましょう。

 


寝る前のスマホをやめましょう


眠る前のブルーライトは脳を刺激して安眠の妨げになってしまいます。パソコンもそうですが、ついつい眠れない夜に見てしまうスマホも同じです。眠れないからとスマホで寝落ちするまで時間を潰すのは一見、眠れるまでの暇つぶしができたようでも脳が休まっていないので逆効果です。枕元に置くのは雑誌や小説などに切り替えて、眠れない夜を有効に活用するよう切り替えてみましょう。

 


日光を浴びましょう


しっかりと眠りたいがために、部屋のカーテンをぴっちりと締め切ったままで眠るのは朝の目覚めの妨げになってしまいます。カーテンを全部開けて眠るのに抵抗があったり、環境的に難しければ少しでもいいのでカーテンを開けてから眠るようにしてみましょう。朝日が差し込むようにすると日光が体を目覚めさせてくれる手助けをしてくれますよ。

 


休日も変わらない生活をしましょう


平日にすっきりと朝を迎えられず、気力が沸かないからと行って休日にいつまでも布団の中で目を閉じていませんか。残念ながら寝だめはできません。休日に布団にしがみついても月曜日の朝の気力を養えるわけではありません。同じ時間に起きる習慣をつける方が体がリズムを覚えて起きる気力につながります。せっかくの休日を寝坊したいのはわかりますが、充実した休日を過ごすことが重要です。

 


自己暗示をかけましょう


眠る前に自分に暗示をかけてみましょう。何時何分に起きたいと時計をイメージしてから眠る癖をつけると不思議とそれに近い時間に目が覚めます。

実際に、何時何分に起きるぞとつぶやいてみるのも効果があります。目が覚めたら時計を確認して起きる時間を確認しましょう。まだ眠い布団の中で今日は思っていた時間との差は何分だったなとか、今日は何曜日だろうとかわざと何かを考えるようにすると頭から先に目覚めてくれますよ。

 

いかがでしたでしょうか。眠れているはずなのに朝はすっきりしていないなんて、本当はおかしいですね。気力が湧いてくれば、1日がパワフルに過ごせます。生活の中で少し工夫するだけで、明日から朝が必ず変わってきます。ご紹介した7つの方法はどれも簡単なことばかりです。欲張って7つの方法を一気に試してみるくらいの思い切りを持って明日は気力が沸かないあなたも劇的に変わる朝を迎えましょう。

それくらいのバイタリティを発揮して自分を元気づけてあげてください。すっきり目覚めた自分に驚いたらまた翌日も気力に満ちた朝を迎えられるはずですよ。明日の朝もどうせすっきりしないだろうとネガティブにならずに、朝日を浴びて気持ちのいい朝を迎えましょう。

 


まとめ


気力が湧かない人が劇的に変わる朝を迎える7つの方法

・枕元にペットボトルを用意しましょう
・布団の中で軽く運動しましょう
・タイマーを活用しましょう
・寝る前のスマホをやめましょう
・日光を浴びましょう
・休日も変わらない生活をしましょう
・自己暗示をかけましょう