朝活を取り入れて、効率よく仕事をこなすコツ!

朝活を取り入れて、効率よく仕事をこなすコツ!
朝活という言葉が、今若者の間で頻繁に飛び交っていますよね。朝活という言葉になじみのない人にとっても、朝活という文字からして何を指すのかは大体想像がつくことでしょう。

朝活は特に、忙しいサラリーマンの間で大人気の自分アップ方法なのです。自分を高めることに積極的になる人にとって、朝活は強い味方。朝活を生活に取り入れたことによって、仕事の効率化や自分の能力アップを実感することが出来るのです。多くの人に実績を残している朝活を、今回はテーマとして取り上げます。

ここでは、朝活の解説から、朝活の取り入れ方、そして自分に合った朝活の見つけ方などを順にお伝えします。朝活に興味のある方もない方も、単純に日々の生活をより効率化する方法として、目を通していただければ幸いです。



 

朝活を取り入れて、
効率よく仕事をこなすコツ!

 

朝活とは?


朝活とは文字通り「朝に行う活動」を指します。朝に行う活動と言われても、朝食やトイレや新聞などを想像してしまいますよね。それもそれで「朝活」と呼べなくもないのですが、もっと積極的に体を起こして日中の集中力や仕事の能力をアップさせる活動を選んで行う事こそが「朝活」なのです。

朝は一日のうちで一番自由に過ごすことのできる時間です。しかも寝て起きたばかりで自分のコンディションも心身ともに最高の時間帯。朝活を行うことで、その日一日が決まると言っても過言ではないほどに、朝活の効果は大きいのです。朝の時間をもっと実のあるものにしたいとお考えの方は、是非とも朝活を取り入れてみましょう。

 

朝活スケジュールを立てよう


まず、朝活のスケジュールを立てる必要があります。出勤時間や起床時間は人それぞれですが、朝活にどのくらいの時間を割けるのかによって、朝活の内容は変わります。

朝活と言っても一つの何かを行うのではなく、出来る範囲でいくつも行っていいのです。自分の起床時間に無理のない範囲で、少しずつ生活に取り入れてみましょう。

 

早朝の運動が効果的


朝に行う運動は人生そのものを好転させるほどの力を持っています。「朝活」が何のことかわからなくても、朝に行う何らかの運動の事だろうと考える人も少なくないはず。

朝は体が起きていなくてだるいという人もいるのですが、朝活に運動を取り入れることで、ぱきっと目覚められる健康な体へと変化します。特に早朝は活動している人も少なく、道も好いていてジョギングやウォーキングには最適です。一日の内で一番空気が澄んでいる時間でもあるため、日中に行う運動とは違った爽快感を得ることが出来ます。

有名人にも朝活でジョギングを取り入れている人は多数。朝活を考えている人は是非、朝の運動の効果を実感してくださいね。

 

早朝に太陽の光を浴びること


ジョギングまでいかなくとも、朝活で庭に出て水やりをするだけでも効果があります。早朝に太陽の光を体いっぱいに浴びることで、前向き思考に必要な幸せホルモンが脳内にいっぱい分泌されるからです

ネットが発達してから、夜型の人が増えましたが、それとともにうつ病などの精神疾患も増えています。朝活で太陽の光を体いっぱいに浴びることで、そうした精神的な疾患も遠ざけることが出来るようになります。

 

自分の体が求める朝食


朝起きたら、体が起きないうちから規則的に物を口に入れる人もいますよね。朝の限られた時間で朝食をとり身支度を整えて会社に行かなくてはならない忙しい現代人では仕方がないかもしれません。

しかしその朝食、ちょっと待ってください。本当に体が「お腹すいた!」と求めている以外のときに、口に物を入れるべきではないのです。飽食の現代人が抱える現代病のうちに、こうした「一日3食を食べなくてはいけない。」とか「朝食は必ず食べよう。」という厚生労働省押しつけとも言われている習慣が起因していることも多々あるのです。

朝、胃腸がまだ起きていない時は、無理して朝食を食べずに、軽いスープや果物だけでもいいのです

 

自分の好きなことをやる


「朝活をして生活を改善しよう!」と意気込むのはいいのですが、無理があるとやはり続きません。運動も朝食も「合わない」などの無理を感じたら、やめてもいのですよ。

代わりに読書や体操、ヨガなどを取り入れてもいいのです。また料理や家事などに精を出しても気持ちがすっきりしますよね。自分の好きなことをやっているだけで脳内のホルモン分泌状況が変わって、前向きな考え方に変わります。

人生に満足が行くからでしょうか。朝早起きして、ひたすら趣味の紙工作をするのでもいいのです。とにかく自分のやりたいことだけをやることで、ストレス発散にもつながります。

 

さて、朝活を生活に取り入れることで、心身ともに健やかになり、日中も前向きに活動的に過ごすことが出来る方法をお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

夜型の人からすると、朝の5~6時に起床するなんて信じられないと思うかもしれませんね。しかしこれが意外と体に合っていると気が付くのに、それほど時間はかかりません。人間社会が始まってから、本当にここ数十年のうちに夜型生活の人間が一気に増えました。それ以前は、人類は太陽とともに生活する生き物だったのです。

早朝に起きる習慣をつけることで、それが体にとって無理がないばかりか「自然なこと」として受け入れられることに気が付くはず。早朝に目覚め朝活を取り入れて一日のスタートを切ることで、日中の意欲や集中力も確実にアップするでしょう。

 

まとめ

朝活の取り入れ方は

・朝活とは朝起きてから出勤までの時間に行う活動
・朝活スケジュールを立てよう
・早朝の運動が効果的
・早朝に太陽の光を浴びること
・自分の体が求める朝食
・自分の好きなことをやる