コミュニケーション能力診断、あなたに向いてる9つの職業

コミュニケーション能力診断、あなたに向いてる9つの職業

今日はコミュニケーション能力診断であなたに向いている職業をお伝えします。家族や友達、恋人との会話を楽しむのに、コミュニケーション能力は必須です。コミュニケーションスキルは人と人との関わり合いを適切に保つためには非常に大切であり、現代世界で生きていくためには必要不可欠な能力です。

そして、家族や知人などとコミュニケーションの場だけではなく、仕事をする上でも非常に重視されるスキルです。例えば、人と接することの多い職場に勤めるのにはコミュニケーションが上手でなければなりませんし、そうでないとストレスや失敗の多い日々を送ることになります。

逆に、コミュニケーション能力の高い人が人と接することの少ない職場に配属されても違和感を覚えるでしょう。コミュニケーション能力の高低は職業の適正にも関係してくるのです。

そこで、コミュニケーション能力別の職業診断を解説いたします。これから就職活動に踏み切る方には特に重要な内容ですので、ぜひチェックしてみて下さい。



 

コミュニケーション能力診断、
あなたに向いてる9つの職業

 

コミュニケーション能力が特に高い人の職業診断:営業職・社長


営業という部署で働く人々には特に高いコミュニケーション能力が求められます。なぜなら、営業職の職員は様々な取引先と駆け引きを行い、自分の会社にとって少しでも有利な条件を勝ち取ってこなくてはならないからです。

これには相手と円満に、しかしスマートに交渉を進めていく能力が必要なため、コミュニケーション能力の低い人には向いていません。勤めている会社の業績を直接支えるという責任もあります。

また、人脈を広く持つことが重要視される社長にも高いコミュニケーションスキルが必要となります。起業するうえで投資を頼むにしても信頼関係が肝心になってくるからです。

 

コミュニケーション能力が高い人の職業診断1:接客業


接客業の舞台はいろいろあります。お店の販売員だったり、レストランのウェイターやウェイトレスだったりするイメージがありますが、お店やレストランにも様々な種類があります。

ただいずれの舞台であっても、高度なコミュニケーション能力が求められることは確かです。人と話すことが好きでトラブルなどをてきぱきと解決できる人には向いているという診断です。

 

コミュニケーション能力が高い人の職業診断2:教員・保育士


教師」というと黒板に向かって勉強を教えているという印象が強いですが、実は日々数十人の教え子と向かい合わなければならないため、務めるには高いコミュニケーションスキルが必要になります。

個性豊かな生徒たち一人一人と信頼関係を築き、トラブルが発生したら解決し、そして生徒の保護者とも接しなければなりません。「教える」という仕事がある以上専門性も必須ですが、コミュニケーション能力のそこそこの人に教師をすすめる職業診断は少ないです。

また、教師と同じように子供と毎日接し、保護者の対応も行う保育士も同様です。

 

コミュニケーション能力がそこそこの人の職業診断:事務職


コミュニケーションが特別に上手ではないが下手でもないという人には、事務職が向いているという職業判断がよく出ます。

特に資料作成や備品の整理などを行うことの多い一般事務のお仕事には素晴らしく高いコミュニケーション能力は必要ありませんが、逆に周りとの会話が全くできない人には厳しくなります。周囲と連携しながらも自分のペースを守りつつ仕事をしていくことが求められます。

 

コミュニケーション能力が低い人の職業診断1:研究職


大学教授や企業の研究室など研究に多くの時間を費やすことの多い職業では、人と接することはあまりありません。

一定の専門性を追求することさえできれば自分の得意範囲に没頭することができるので、人づきあいが苦手な人には安心のある職種と言えます。ただ、教授になる場合には授業を受け持ったり生徒の相談に乗ったりすることがあります。

 

コミュニケーション能力が低い人の職業診断2:翻訳家


語学が得意で読み書きに秀でているけれど会話は苦手というなら、翻訳家を目指してみましょう。

翻訳の世界では最近自宅で翻訳作業を行い、メールなどで納品をするスタイルが一般化しつつあるので、外で人と接するのに億劫さを感じる人にはおすすめです。専門性が高く、またいろいろなジャンルがあります。

 

以上が、コミュニケーション能力別の職業診断9種です。

自分のコミュニケーション能力を正しく知ることは、将来にストレスなくいきいきと仕事をするうえで非常に大切です。どんな職場で働くにしても、そこで求められるコミュニケーション能力と自身の持つスキルとの間に大きな隔たりがあってはならないのです。

そのため、交渉事が上手で仲間と和気藹々と仕事をするのが得意なら営業職や社長がおすすめですし、逆にコミュニケーションが苦手なら研究職や在宅翻訳が適しています。

もちろん、自分自身が望むのならばコミュニケーション能力を改善させることも不可能ではありません。何があってもやりたい仕事があるのなら、「自分のコミュニケーション能力診断はこうだから」と甘んじず、努力する姿勢も必要です。

 

まとめ

コミュニケーション能力別、おすすめの職業9種

・交渉上手なら営業・経営者が向いています
・様々な接客業でコミュニケーションスキルを花咲かせよう
・生徒や保護者と対面する教師・保育士にも高いコミュニケーション能力が必要
・会話能力がそこそこなら安定した事務職が安心
・コミュニケーションが苦手・研究が好きなら教授・研究職を考えてみよう
・在宅化が進む翻訳の世界に注目