話し方を改善して、会話上手になる5つのコツ!

話し方を改善して、会話上手になる5つのコツ!
話し方一つで、相手はあなたの印象を瞬時で判断します。上手に話せる人は、それだけ好感度が上がり相手も真剣に話を聞いてくれるでしょう。逆に相手の聞く気持ちを半減される話し方ならば、あなたの話を聞いてくれなくなります。残念なことにそれは、本人は一番わからないことなのです。

では、どんな話し方をすれば相手は好感を持ってくれるのでしょう。相手から信頼を得られる話し方をマスターすれば、人間関係も広がります。そして、コミュニケーションがスムーズなり仕事もうまくいく確立があがるでしょう。

あなたの印象をガラッと変える話し方があります。ここでは、ほんの少し意識するだけで誰でも会話が上手になる話し方のポイントをお伝えします。



 

話し方を改善して、
会話上手になる5つのコツ!

 

聞き上手は話し上手になる早道


話し方が下手な人は、人の話をあまり聞いていない傾向にあります。話の上手な人がいたらその人の話している内容もですが、態度などの様子も観察しましょう。

好感を持たれる話し方は、聞いてて安心感があります。それは聞く側が相手を安心させているのです。その一番の理由は相槌にあります。相槌が心地よいと、人は話していて安心感を得るのです

時々「それで?」と相手の話を引き出しましょう。促すことが必要です。しかし、あまり頻繁にしては逆効果なので注意しましょう。

 

話の腰を折らない、オチは言わない


気持ちよく話しているときに、話の腰を折られるとたちまち話す気持ちがうせてしまいます。相手が話し終わるまでは、相槌程度で口を挟んではいけません。特に仕事の話などは、仕事自体がうまくいかなくなって上司から叱られるなんてことにもなりかねません。

会話はキャッチボールと言うくらいですから、人は話が気持ちよく出来るとこちらの話も聞いてくれます。そこから話がどんどん広がっていくのです。人の話の腰を折るということは、その人の話を盗んでしまうことでもあります。

相手の話が、一段楽するまでは聞き役に徹しましょう。特にオチを言ってしまうなんてことは絶対に避けてください

 

言いたいことがまとまらない話は聞く気を失くす


長々と話している割には、結局何を言いたいのかがわからない人がいます。一向に話は終わらないし、どんどん違う話に変わってしまうなんて状態は人の聞く気をなくさせるだけです。そのうち聞き手はイライラしだすでしょう。

話し方が下手だとそのような結果しか生みません。ではそんな状況におちいったらどうしたらいいのでしょう。速やかに話を結論に向けて行くしかありません。また、たとえ話が好きな人がいますが、たとえ話が的を得てないと共感ができないので効果がありません。たとえ話を使う場合は、的確に当てはめるようにしましょう。

 

余計な言葉を挟むよりもその分笑顔をふりまく


言葉の端々に余計な言葉を挟む人がいます。「あっ・・・」「えっと、・・・」などです。たまになら気になりませんが、あまりに頻繁だとそこに気がいってしまって内容が入ってこなくなったり、単純に聞きづらく上手な話し方とはいえません。

「あ」や「えっと」などを言うならその分笑顔をふりまきましょう。これは癖になっていることが多いので、最初は言わないように意識しなければなりませんが毎日意識しているうちにいつの間にか言わなくなっているでしょう。

面倒くさがらずにやってみてください。ちょっとしたことですが、案外それだけでもあなたの印象はかなり変わります。

 

沈黙はベタな質問で乗り切る


話してる途中に沈黙が訪れることがあります。そんなとき、話し方の上手な人と下手な人との差が大きく開きます。話し方が上手な人は沈黙をチャンスだと思うのです。それは、自分の話題に持ち込めるからです。

そのきっかけにベタな質問をして、話の糸口をつかみます。天気の話や景気の話など当たり障りがなく、誰にでも通用する話をして沈黙を破ります。その後に自分の話したい話を始めることで話したいことが話せるのです。

沈黙は誰でも気まずく感じてしまう時間です。そのときにこの空気を変えるために言葉を発せられる人は、やはりコミュニケーション能力が高い人。好感度が上がるか下がるかがこんなところでも出てしまうのです。

しかし、話し方がまた上手になっていないうちはその流れにのって感じの良い聞き役になりましょう。あなたのなにげない連携プレーで場が和みあなたの好感度も上がります。

 

いかがでしたか、話し方で好印象を獲得するにはちょっとしたことを意識するだけです。話し方が上手な人は聞き上手でもあります。人の話をよく聞くことで、自分の良くない部分が見えてくることもあります。

そんな毎日の小さな積み重ねが、あなたの印象を徐々に変えていくでしょう。自分でも変わり始めたと感じられたら意識することが苦痛にはならなくなります。何事もすぐにはうまくいかないかもしれませんが、最初のぎこちない時を過ぎれば人は必ず慣れるもの。

また、それに伴い自然な振る舞いも出来るようになることでしょう。上手な話し方を手に入れれば、プライベートで恋愛がうまくいったり、仕事だって良い方向に進むでしょう。人生が変わるといっても過言ではありません。

 

まとめ

話し方を改善して、会話上手になる5つのコツ!

・聞き上手は話し上手になる早道
・話の腰を折らない、オチは言わない
・言いたいことがまとまらない話は聞く気を失くす
・余計な言葉を挟むよりもその分笑顔をふりまく
・沈黙はベタな質問で乗り切る