デートをドタキャンした彼の心理と、その後の対応策

デートをドタキャンした彼の心理と、その後の対応策
ドタキャンをする心理は、ドタキャンをしたことがない人には想像もつかないのではないでしょうか。人との約束を直前になって破るということは、その約束の準備のために費やした労力や結果的に相手のスケジュールを拘束していたという事になるため、特別な理由が発生する以外に、ドタキャンをする心理は理解できないものです。

そのようなドタキャンをする心理が理解できない人は、ドタキャンをされると怒り心頭になるでしょう。しかし、そもそも、ドタキャンをするような人に怒りの丈をぶつけても、かえって関係性が悪化する可能性があります。恋人同士という近しい関係であればなおさらです。

ドタキャンをされた上に、彼との関係性が悪くのは避けたいですよね。そこで、彼にドタキャンをされた時の彼の心理とその後の正しい対応策をお伝えします。



 

デートをドタキャンした彼の心理と、
その後の対応策

 

ドタキャンの理由の大半は面倒


ドタキャンの連絡を入れる時には当然その理由も告げられるものですが、この理由は必ずしも真実とは限りません。大抵は体調不良とか、急な仕事が入ったという理由が一般的ですが、それが真実か嘘かはある程度察することができるのではないでしょうか。

ドタキャンをする心理は、その大半が「面倒になったから」です。特別な理由はないものの、当日になって面倒になったという自分勝手な理由なのです。

 

約束の優先度が低い


ドタキャンの理由として「面倒になったから」の他に多いのが「他の予定が入ったから」というものです。久しぶりに地元の友達が上京したとか、先輩に誘われて断れないなど、あらゆる言い訳をつけて説明をされるかもしれません。

しかし、このように他の予定を優先させてドタキャンをする彼の心理は、彼女との約束は優先度が低いと判断していることです。この優先度はこの先ほとんど変わることはないと考えましょう。

 

本当に体調不良


前述のようにドタキャンをする心理が「面倒だから」や「他の約束の優先度が高いから」ということではなく、本当に体調不良の場合もあります。ドタキャンをされた時に明らかに彼の体調が悪かった場合には、ドタキャンをされたことを責めずに、彼をケアしてあげましょう

普段ドタキャンをしたことがない彼ほど、体調不良による予定のキャンセルは心苦しいと感じているはずです。優しい言葉をかけてほっとさせてあげることが重要です。

 

彼都合のドタキャンの対応


これまでドタキャンをする彼の心理について大きく3つの理由をご説明しました。面倒だから、約束の優先度が低いという自分勝手な理由と体調不良など本当にやむを得ない理由です。

もし、彼のドタキャンの理由が前者の自分勝手なものであった場合は、必要以上に怒らないことが大切です。約束をドタキャンする時点で彼女に会いたいという気持ちは弱くなっていますから、しつこく責めると嫌がられる可能性があるのです。

 

マイペースな彼のドタキャンの対応


「面倒だな」というドタキャンの心理を持つ彼には悪気がない場合もあります。ドタキャンをしたことに後ろめたさが全く感じられない場合には、元々なんとなく自分の気分で行動を変えてしまうマイペースな人だと理解しましょう

そんなマイペースな彼には注意をしようが説教をしようが無駄に終わる可能性が高いため、こちらも余計な労力をかけずに気楽でいることが大切です。前もって約束をせずに会いたい時に会うというゆるい関係性を心がけましょう。

 

ドタキャンのリカバリー


ドタキャンをする彼の心理は、悪意があろうがなかろうが、いずれにしても結論は彼女との約束が最優先ではなかったということです。この事実は冷静に受け止めましょう。しつこく理由を問い正したり、リスケやリカバリーをもとめてはいけません。

本当に悪いと思っている彼ならば彼からすぐにリカバリーをしてきますし、そうでない場合には、言えば言うほど相手から煙たがられてしまいます。忍耐が必要ですが、リスケの強要は我慢しましょう

 

如何でしたでしょうか。

ドタキャンをする心理は、彼の人間性や性格によって異なります。普段から几帳面でしっかりしている彼がドタキャンをしたら、その心理は心底申し訳ないと思っている可能性が高いですし、逆にドタキャンを日常的に平気でしてくる彼の心理は悪気を一切感じていないものです。

ドタキャンをする彼の心理がもし自分勝手なものの場合、確かに被害者は彼女の側です。怒って相手を責めて当然です。しかし、ドタキャンをした彼を追求したり、彼に対して怒りをぶつけても、関係性は良くなりません。

彼にドタキャンをされたら、まずは本当の理由を自分なりに探りましょう。その上で、自分との約束が面倒だとか優先度が低いと判断されたのだと感じたら、しつこく追求せずに冷静な対応をすることが重要です。平気でドタキャンをする心理の彼の事はあまり重く考えすぎず、こちらもライトに付き合うスタンスで行きましょう。

 

まとめ

正しく理解しよう!ドタキャンする心理とその対処法とは

・ドタキャンの理由の大半は面倒になったから
・他の予定を優先するのは軽視されている証拠
・ドタキャンの理由が体調不良の場合にはケアをしよう
・彼都合のドタキャンには必要以上に怒らない
・マイペースな彼の場合には自分も気を楽に持とう
・リスケを強要せずに相手が誘ってくるのを待とう