結婚前に同棲してみることのメリット・デメリット

結婚前に同棲してみることのメリット・デメリット
最近の若者は結婚前に同棲をするケースが多いと言います。同棲とは、未婚のカップルが一緒に生活をすることです。

昔の日本では、結婚式を挙げてから、始めて生活を共にすることが一般的でした。今でもその考えは根強く、同棲に対しての偏見の原因となっています。「同棲している」というと、世代が上の人ほど眉をひそめるでしょう。

しかし同棲とは、眉をひそめられるほどいかがわしい行為ではありません。「同棲するくらいなら結婚すれば?」という人に対して、同棲する意味をしっかりと教えてあげてください。以下に同棲をするメリットデメリットをお伝えするので、これから同棲を考えている人、同棲に対して周りの理解が得られない人は参考にしてください。



 

結婚前に同棲してみることの
メリット・デメリット

 

だらしのない部分を目にしてしまう


まず、同棲をするということは生活すべてを見せるということ。付き合っているときの、デートの時だけ頑張っていればいい時とは違います。24時間作った自分を見せ続けることは不可能。自分のだらしない一面や、見られたくなかった一面を相手にさらけ出すこともあります。

もちろん一つ屋根の下で暮らしていたとしても、相手に配慮して一線を置くべきところはあります。それでも、あなたの何気ない生活習慣が、相手を幻滅させる恐れがあることをあらかじめ心に留めておきましょう。逆もまた然り、ですよ。

 

ラブラブが続かなくなる


生活を共にすると急にラブラブ感がなくなるという意見が多いです。同棲を始めると、付き合っていたころのようにドキドキしなくなると言います。生活をともにして、トイレやお風呂や毛の処理やいびきなど、見なくていいところまで見てしまうところで、恋人同士の時のような新鮮さがなくなるのです。

その代り芽生える情愛もあるので、相手に慣れることはメリットでもデメリットでもありますね。

 

すっぴんを見られてしまう


女性にとってはひた隠しにしてきたすっぴんを見られてしまうというデメリットがあります。一緒に夜を共にするときに見せていればOKですが、それでも寝化粧などで素の自分を隠してきた女性にとっては、同棲は大きな決断となります。

すっぴんも見せてしまえば大したことはないけれど、「彼に美しく見られたい」という気持ちとのせめぎあいですよね。

 

結婚への勢いがなくなる


同棲をしてしまうと、「この人は自分のパートナー」という半端な自信が持ててしまいます。「同棲までしているのだから、浮気などしないだろう」と。そして、何が何でも相手を「自分のもの」にしたいという欲求が落ち着いてしまいます。

恋愛の途中で冷静になれる点は同棲のメリットですが、結婚への意欲や勢いがなくなってしまうのも事実。同棲を挟まずに、一気に結婚してしまった方が良い場合もあるのでご注意ください。

 

金銭面での相手の考えがわかる


生活を共にすることで、相手の金銭感覚がよくわかります。相手をよく知るという点においては、同棲はうってつけです。特に結婚してしまうと、相手がたとえ財布の紐のゆるゆるな浪費家だと判明しても、諦めてそんなパートナーと生活を築いていかなくてはなりません。

しかし同棲ならそこで矯正できます。結婚を視野に入れての同棲ならば、相手の金銭感覚をつかめることは大きなメリットと言えます。

 

結婚前に相手の生活がわかることで、結婚すべきかを判断できる


上述した金銭感覚も然り。相手の日常の行動を見ることができることも然り。同棲の最大のメリットは、結婚前に相手の「長所」「短所」を知り、本当に結婚してもやっていけるかどうかを熟考出来る点です。同棲は現代ならではの「疑似結婚」なのです。

昔は相手のことを何も知らないままに嫁がされ、結婚してから泣くはめになっていたことを思えば、同棲という名の疑似結婚は特に女性側にありがたい行為です。数か月、数年同棲をしてみて、「この人とはやっていけない」と判断したら、そこで引き返せばいいのですから。

 

同棲中はお互い節約できるため、結婚式の資金が貯まる


確実にその相手と結婚する!という意思を固めているカップルにとって、同棲はいいことだらけです。相手の生活を見ることができ、夫婦としてやっていく情愛が育ち、更に二人で暮らすことによって貯金ができるのです。

結婚式のための資金を貯めるために同棲をするカップルも多く、これこそが同棲の最大のメリットと言えるかもしれません。同棲は、あくまでも結婚の第一歩という考え方をする上では、同棲はメリットの多い行為なのです。

 

さて、結婚前に同棲することのメリットとデメリットを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

同棲は結婚を確実にすると思える相手とならば、たいていの場合上手くいきます。そして結婚を前提とした同棲は、メリットが多いと言えるでしょう。また、同棲が上手くいかない場合でも、そこから「結婚をやめる」「結婚の時期を遅らせる」という判断もできるのです。

結婚するかどうか、いつ結婚をするのかという決断は、人生において大きな意味を持ちます。そんな大きな決断をする判断材料になるという点で、同棲はどのカップルも経験するべき体験と言えるかもしれませんね。

もちろん結婚に対して勢いやタイミングを重視する人にはお勧めはできません。けれども同棲は、年配者が言うような「ふしだらなイメージ」とは程遠い、地に足の着いた現実的な行為だとわかっていただければ幸いです。

 

まとめ

結婚前に同棲してみることのメリット・デメリット

・相手のだらしのない部分を目にしてしまう
・ラブラブが続かなくなり、相手に慣れる
・今まで隠してきたすっぴんを見られてしまう
・結婚への勢いがなくなる
・金銭面での相手の考えがわかる
・結婚前に相手の生活がわかることで、結婚すべきかを判断できる
・同棲中はお互い節約できるため、結婚式の資金が貯まる