元気が出る!思わず笑顔になれる5つの熱すぎる名言集

元気が出る!思わず笑顔になれる5つの熱すぎる名言集
なんだか落ち込んでしまう、悲しい気持ちで胸がいっぱい。何もする気になれない。今、そんな心境になっているあなたにこそ、知って欲しい「元気が出る言葉」があります。元気が出る言葉とひとことで言っても、その言葉を述べた人の環境は様々。だからこそ、あなたの心に響く言葉もきっとあるでしょう。

そして、その元気が出る言葉を知ることで、今や偉人と呼ばれているような人も、試行錯誤を繰り返し、時に落ち込んだり悲しんだりしたのだと気付くきっかけにもなるはず。

元気がなくなってしまった時は、一度とことん落ち込んで気が済むまで泣くのもひとつの方法です。そして、めいっぱい落ち込んだ後にまた、元気を出せばいいだけ。そのときに、ぜひ今回ご紹介する元気が出る名言集を参考にしてください。



 

元気が出る!
思わず笑顔になれる5つの熱すぎる名言集

 

視野が狭くなっているときに


幕末の世を生きた、坂本龍馬も元気が出る名言を残しています。それが「人の世には道は一つということはない。道は百も千もある」というもの。目の前の困難にぶつかったときに、この世の終わりかと思うほど落ち込んでしまうことは、誰にでも一度や二度あるのではないでしょうか。でも、そんな時こそ、坂本龍馬の元気が出る名言の意味を考えてみてください。

例えば、大好きな人に失恋したとしても、その人以上に素敵な人は世の中にたくさんいます。1つの会社・学校の試験に落ちたからといって、全ての道が閉ざされたわけではありません。目の前の出来事がたとえ失敗だったからといって、あなたのこの先の未来が全て否定されたわけではないのです。

ほんの少し肩の力を抜いて、周りをよく見渡してください。きっとそこには、次の可能性が隠されているはずです。

 

自分の考えに自信が持てないときに


エジプト生まれの女性哲学者、アイリーン・キャディは次のような言葉を残しています。「常に自分の中に答えを求めなさい。まわりの人やまわりの意見やまわりの言葉にまどわされてはいけません。」と。自分の考えに自信が持てないとき、いつもまわりの意見に流されてしまう自分に落ち込んでいるときには、勇気を与えてくれる言葉、そして元気が出る言葉となるはず。

もちろん、まわりの意見を取り入れることが大切なときもありますが、自分の人生においての決断は自分でしなければいけないもの。最終的に自分で決めたということが何よりの力になるのです。自分で決めるということは、誰のせいにもできません。責任転嫁も言い訳もできない状況だからこそ、あなた自身の力が発揮されるのです。

 

新しいことを始めるのが不安なときに


元気が出るときとは、どんなときか、少し考えてみてください。始めようかやめようか悩んでいたものを「やってみよう!」と決めたとき、その瞬間は何より元気が出る瞬間ではないでしょうか。

アイリーン・キャディは、その決意を後押ししてくれるような名言も残しています。それが「未知の世界へ踏み出す事を怖れてはいけません。私がいつも一緒にいるからには、どんな危害も自分にはふりかからないと知ってください。怖れずに、ただ踏み出しなさい。すべてはうまくゆきます。百パーセント信頼し、自信を持って行きなさい。」というもの。

勿論、いつも一緒にいるというのは比喩ですし、アイリーン・キャディが実際何かをやってくれるというわけではありません。けれど、ここまで言い切られたら、なんだか「やってやろう!」と思えるようになるのも人間心理。あと一歩、誰かに背中を押してほしいときは、この名言を自分に言い聞かせてみましょう。

 

完璧主義なあなたに


100点満点は、素晴らしいこと。でも、いつしか100点でなければ意味がない、99点じゃだめだ!1つのミスも命取り!と、そんな考えにとらわれてしまったとしたら…それは、なんだかとても息苦しいことのような気がしませんか。

インド哲学者ハリダス・チャウドリが残した言葉に「完璧になろうとしゃかりきになればなるほど、完璧からどんどん遠ざかってしまう。」というものがあります。

完璧を目指せば目指すほど、なぜか遠ざかってしまう。必死になりすぎて、大事なものを見落としてしまっている…。この名言を読み、確かにそうだと笑うことができれば、あなたはもう大丈夫。こんなに頑張っているのに!と頑なだった心もほどけて、元気が出るでしょう。

 

悲観的な考えしかできないあなたに


元気を出したいなら、日本一熱い男と言われている松岡修造さんの名言を抜きには語れません。何か悪いことがあったとき、ずっと引きずってしまう、いいことがあってもすぐに悪いことが起きるのではないかと思ってしまう…そんなあなたにおすすめの名言。

それは「眉間に皺を寄せていたところで怪我が早く治るわけでもない。 むしろ、明るく危機を受け止める姿勢にこそ早く治るきっかけがある。」というもの。

落ち込んだからといって早く治るわけではない怪我。それは気持ちも同じこと。失敗を悔やんだとしても、その失敗自体がなくなるわけでもリセットされるわけでもありません。スポーツ選手として怪我とも向き合い戦ってきた松岡修造さんだからこその説得力のある言葉は、あなたにとってもきっと元気の出る言葉になるはず。松岡修造さんの熱い姿を思い出すことで、更に元気が出ること間違いなしです。

 

いかがでしたか。元気が出る名言を読むだけで、少し元気が出たような気がするという方もいるのではないでしょうか。人間というものは、言葉の影響を大きく受けるもの。ネガティブな言葉ばかり見ていると、ネガティブな方向に引きずられてしまいますが、こういう風に元気が出るような言葉を見るだけでも、心はポジティブな方向へ動き出すもの。

人の心は、想像以上に単純です。ですから、「自分には無理」と決め付けてしまうことは、よくありません。実際に「この言葉を言うと元気が出る!」と口に出して言うだけでも、効果があるものです。ぜひ、今回ご紹介した言葉を、一度口に出してみてください。5つ言い終わったら、きっとあなたは笑顔になっているでしょう。

 

まとめ

元気が出る!思わず笑顔になれる熱すぎる名言集

・視野が狭くなっているときは坂本龍馬の名言「人の世には道は一つということはない」
・自分の考えに自信が持てないときに役立つ名言「常に自分の中に答えを求めなさい」
・新しいことを始めるのが不安なときに役立つ名言「怖れずに、ただ踏み出しなさい」
・完璧主義なあなたに贈る元気が出る名言「完璧になろうとしゃかりきになればなるほど、完璧からどんどん遠ざかってしまう」
・悲観的な考えしかできないあなたに贈る名言「明るく危機を受け止める姿勢にこそ早く治るきっかけがある」
・元気を出すには、きっと元気が出る!そう信じることも大切