寂しい気持ちをほっこりさせてくれる名言集

寂しい気持ちをほっこりさせてくれる名言集

今回は、寂しいときに心を癒してくれる名言集を集めました。

名言集は過去の偉人によるものが多いのですが、中には役者さんや有名人も含まれています。名言を生み出すのは、作家や詩人ばかりではなく、政治家や一般人も多いのです。偉人であっても有名であっても、一般人のあなたと考えることは同じなのです。孤独を感じて寂しくなり、人生をむなしく思うのです。

しかし「孤独」は人間の性であるとの真理にたどり着いて、世界中の孤独に苛まれている人々のために、言葉によって力を与えてくれています。

これからお伝えする6つの名言を読んで孤独を嘆くことをやめ、自分自身の人生を肯定して前向きに生きてください。あなたという尊い人間を認め、自分自身を好きになりましょう。



 

寂しい気持ちを
ほっこりさせてくれる名言集

 

「泣くときは一人きりだが、笑うと世界が一緒に笑う」


アメリカの作家エラ・ウィーラー・ウィルコックスによる名言です。寂しいときが続くと、人は無口で無表情になります。そして自分はなんて孤独なんだと悲しい気持ちになります。そんなときは、この名言を思い出してください。

下を向いて泣いているときにこそ、人は孤独を感じるのです。顔をあげて笑ってください。そうすれば、周囲の人も一緒に笑顔を見せてくれるようになります。笑顔に包まれれば、孤独など忘れますよ。最初の笑顔は自分から始めるのです。

 

「自分のことを、他の誰とも比べてはいけない」


かの有名なビルゲイツの名言です。自分という人間は広い世界にあなた一人だけであり、あなたという存在はそれゆえに尊いのです。他人と比べて自分の欠点を思うなど、愚の骨頂。鳥と比べて「空を飛べない・・・。」と落ち込むようなものなのです。

あなたはあなた。賑やかに仲間に囲まれて高らかに笑う人生が「成功した人生」というわけではありません。自分自身を認め、自分を好きでいさえすれば、あなたは立派な人間なのです。寂しいときは、ご自分が地に足付けて頑張って生きているのだと、ご自分の生き方に自信を見出してください。

 

「志をもって突出しようとしたら、孤独である」


俳優の奥田英二さんによる名言です。俳優という特殊な職種も関係しているかもしれませんが、人が何か大きな志をもって目標を達成しようとすればするほど、いばらの道は長く険しく、安全で危険のない道に比べて孤独を感じるものなのです。

しかしその寂しさは、志に向かって真摯に進んでいるゆえの心の痛みでもあるのです。寂しくていいのです。孤独を感じていいのです。あなたが目標を遂げた後には、自分自身に対する自信と誇りを手にしているはずです。孤独と引き換えに、大いなるものを手にしているのです。

そして、少数ではあっても、あなたと同じようにいばらの道を進んだ素晴らしい仲間にも、自然と恵まれるからです。

 

「自分を守ろうとしないで、愛情に身をまかせて」


我が日本の誇る偉人、美輪明宏によるこの名言。「孤独な人ほど愛情が苦手。自分を守ろうとしないで、包み込むような愛情に身を任せてみては。」とあります。「孤独な人ほど愛情が苦手」ときいて、寂しい人はどきりとしますよね。「確かに・・・」と感じるはずです。

人に裏切られた過去を持つ場合や、親からの健康的な愛情を受けられない人は特に、愛情が苦手であるはずです。そして「愛情とは何か」をわからずに、他人を心から信用できずにうわべだけの関係に終始するのです。そして孤独を感じます。

急には難しいかもしれませんが、あなたのことを気にかけてくれる人の愛情を信じて、寄り添うように生きてみてください。人との信頼関係を作ることができれば、寂しいと感じることもなくなりますから。

 

「孤独を友とした仕事と向き合った時間は、決して自分を裏切らない」


何をもって「孤独」というのか明確ではありませんが、孤高に仕事に打ち込んで、一日中誰とも話さずに過ごしたとき、ふと寂しいと感じますよね。思考をうちに向けて、ひたすら仕事に没頭することは悪いことではありません。むしろ、外への社交を遮断して仕事に向き合うと、その分帰ってくる「結果」は大きいのです。

男の人は一生のほとんどの時間を、仕事をして生きていきます。働いて糧を得て家族を守ることが、男の役割だからです。寂しいと感じても、真剣に向き合った仕事の成果は、将来のあなたの大きな経歴になると信じて、孤独を恐れずに頑張ってください。

 

「孤独な木は、仮に育つとすれば丈夫に育つ」


イギリスのウィンストン・チャーチルの名言です。孤独で寂しいと感じるときに、この言葉を思い出すと気持ちがほっこりとします。

突き詰めれば、人は皆孤独です。だからこそ集団に追従して生きる楽な生き方を選ぶ人が多いのです。しかし、集団で群生している植物は、小さく目立たないものが多いですよね。平野にたった一本立っている木こそが、太く大きく立派なものなのです。

幼稚園の頃「絵を描いてください」と言われると、多くの子どもが平地に大きな木を描いて、空や川を描きます。自分の人生というキャンバスの中では常に真ん中に位置する自分という存在を、子どもは大きく印象的に描くのです。

大人になって寂しいと感じるときは、「人は誰も、子どもが描く絵の中の木のように孤独な存在であるが、だからこそ立派にそびえたつことができるのだ。」と思い出してください。

 

さて、孤独で寂しい気持ちをほっこりと温めてくれる名言集を集めて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

孤独を感じて気持ちが不安になることは、誰にでもあります。しかし人は皆、一人で生まれてきて一人で死んでいくものです。孤独は人間の常なのです。寂しいと感じるのは、自分の境遇を他人と比べているからなのです。

多くの先人・偉人たちが「孤独」にまつわる名言を伝えてくれるのは、彼らもかつて「孤独」と闘い、悩んだ時期があったからこそ、なのです。

しかし思い悩まずに、先人たちの名言を胸に、寂しい気持ちを乗り越えて「孤独」を受け入れてください。これからの長い人生、孤独を感じることは多々あるでしょうが、それが人として当たり前なのですから。孤独だからと言って「寂しい」と嘆くことはないのです。

 

まとめ

寂しい気持ちをほっこりさせてくれる名言集

・「泣くときは一人きりだが、笑うと世界が一緒に笑う」
・「自分のことを、他の誰とも比べてはいけない」
・「志をもって突出しようとしたら、孤独である」
・「自分を守ろうとしないで、愛情に身をまかせて」
・「孤独を友とした仕事と向き合った時間は、決して自分を裏切らない」
・「孤独な木は、仮に育つとすれば丈夫に育つ」