寂しい気持ちを切り替える5つのステップ

寂しい気持ちを切り替える5つのステップ
人間、誰しも持っている「寂しい」という感情。でも、頭ではわかっていても寂しいモードに襲われたときは、こんなに寂しい思いをしているのは自分だけではないのだろうか、と考えてしまったり、寂しさから孤独を募らせてしまったりとそこから立ち直るきっかけを上手く見つけることができずに、深みにはまってしまうことも多いもの。

でも本当は、寂しい気持ちには切り替え方というものが存在します。寂しい気持ちは一度にゼロにはなりませんが、ステップを踏むことで少しずつ改善されていくもの。ここでは、寂しい気持ちを切り替える5つのステップについてお伝えします。ぜひ参考にして、あなたが抱えている寂しい気持ちを切り替えるために役立ててください。



 

寂しい気持ちを切り替える
5つのステップ

 

日光を浴びましょう


寂しい気持ちを切り替えるためには、まずは環境を整えることが大切です。太陽の光には、人間の精神を活発にさせる働きがあると言われていますので、気持ちが落ち込んだとき、寂しいという感情が募ってきたときには、天気の良い日に外に出ましょう。

特に、冬は太陽の光も弱くなり、日が短くなるため感傷的な気分になりがちです。寂しいという気持ちが募るには、あなただけではありません。そんなときは意識的に晴れた日に外に出るようにしましょう。太陽の光を浴びたからと、一度に寂しさが消えるわけではありませんが、意識的に太陽の光を浴びるだけでも、長期的に見ると効果があるはずです。

 

睡眠と栄養をしっかりとりましょう


寂しい気持ちで頭がいっぱいになってしまっているあなた。睡眠は充分にとることができていますか。栄養はとっていますか。このふたつの質問がNOの場合は、まずそのふたつを満たすことから始めてください。

食欲と睡眠欲が満たされると、寂しさが和らぐ場合もあります。そのふたつのバランスが崩れていると、些細なことでもひどく寂しいと感じてしまったり、自分の感情と上手く向き合えないこともあるからです。

ただ、人間の欲望としては大切である性欲は安易に満たさないようにしましょう。寂しさからの性欲解消は、結果的に更なる寂しさを生む可能性があります。

 

掃除をしましょう


あなたの部屋は片付いていますか。もし、あなたの部屋が今散らかっている状態であれば、まずは掃除に取り掛かってください。掃除は、単に部屋を美しくするためのものではありません。部屋を掃除することで、自分の内面も掃除でき、寂しい気持ちや、鬱々とした気持ちもごみと一緒に捨てることができるのです。

これは本当に必要なものかどうか、ひとつずつ確認する作業は、時間もかかり、手間もいることですが、とても大切なこと。部屋がすっきりと片付く頃には、あなたの中にある寂しいという気持ちも随分と整理されているはずです。

 

人と話をしましょう


今までの3ステップは、自分の中での気持ちの処理や、生活環境を整えるという意味での改善でした。次は、自分以外の人と関わることによって寂しい気持ちを切り替えていく方法をご説明します。基本的に、寂しいという感情の元にあるものは、大体の場合人間関係から来ているもの。

誰かと一緒にいる、大好きな人と心が通じ合っている最中に寂しいと感じることはあまりないでしょうし、ひとりでの時間を本当に満喫しているときにも寂しいと感じることはないはず。つまり、何かが足りない、誰かと触れ合いたいという感情から寂しさが生まれている場合は、人と接することが何よりの方法といえるでしょう。

気の置けない友人と会いましょう。会うのが難しいのであれば、電話でもOKです。出会った後、話をした後はまたひとりになって寂しいと感じてしまう場合は、その友人が自分のために時間を割いてくれたことに感謝しましょう。相手の気持ちを考えられるようになれば、寂しい気持ちを切り替えるステップもゴール間近です。

 

寂しい気持ちを切り替えるのは、自分の行動のみ


寂しい気持ちを切り替えるステップについてご説明してきましたが、そのゴールは「自分の行動」です。寂しさというものは、人がなんとかしてくれるものではありません。この人がいてくれれば寂しくない、これがあれば寂しくない、という考えは一見安心できることかもしれませんが、裏を返せば、その人がいなくなれば寂しい、それがなくなれば寂しいというもの。

つまり、とても不安定な状況の上に成り立っているものです。最後に大切なことは、自分の寂しさを切り替えることができるのは自分だけである、と腹をくくること。

でも、ここまで実践したあなたはもう大丈夫。寂しいと感じたときに、身体を動かしたり、人と話をしたりすることで、既にあなたは寂しさの切り替え方を学んでいるのです。寂しさに効く特効薬はありません。でも、寂しいと感じることが悪いことでもありません。自分の寂しいという気持ちと上手く寄り添って、前に進んでください。

 

いかがでしたか。今回ご説明した寂しい気持ちを切り替える5ステップは、とてもシンプルなことばかりでしたが、まず環境や気持ちを整えることで、自分ひとりで寂しさを克服しようという気持ちに向かっていけるはず。

また、自分で自分の寂しさをなんとかするということは、人に頼ることが悪いという意味ではありません。人と話したり、相談したり。そういう時間を踏まえて、立ち直りながら、それでも最後、自分をなんとかするのは自分だけ、と強い意志を持つこと。

それさえ理解できれば、寂しいという気持ちともきっと上手くつきあっていけるはずです。長い人生の間には、色々な出来事が起きるもの。でも、寂しさに襲われ苦しくなったときには、またこのステップを思い出し、ぜひ実践してください。

 

まとめ

寂しい気持ちを切り替える5つのステップ

・日光を浴びましょう
・睡眠と栄養をしっかりとりましょう
・掃除をしましょう
・人と話をしましょう
・寂しい気持ちを切り替えるのは、自分の行動のみと考えましょう